寒さが厳しくて、屋外のビオトープでは、ホテイ草が越冬できないかもしれません。

睡蓮鉢のホテイ草がほとんど枯れています。

0129
睡蓮鉢のビオトープのホテイ草は、寒い日が続いて。ほとんど枯れてしまいました。完全に枯れたものは廃棄します。緑が残っているものは、春に復活する可能性がありますが、今年の冬はとても寒いので全滅するかもしれません。ヒノキの小さな苗は霜焼けして赤茶けています。暖かくなると緑色に戻ります。

睡蓮鉢 ホテイ草
睡蓮鉢ホテイ草は、これまで屋外で越冬できてましたが、寒さが厳しくて完全に枯れているものが多くあります。

ホテイ草5度以下になると枯れてきて、水が凍ると越冬は難しいようですが、今までは越冬できていました。

寒さが厳しくて、水面が凍っている期間が長かったことが原因かもしれません。寒さ対策をしようと思います。

メダカ 稚魚
屋外のNVボックスメダカの稚魚は、数は減っていないようです。福岡では2月の中旬で最高気温は10度、最低気温が4度くらいになるので、残り2週間ぐらいを無事に過ごすことができれば越冬は成功です。

ヒノキ 霜焼け
実生のヒノキの寄せ植えは、軒下に避難していますが、霜焼けして緑から赤茶色になってしまいました。

樹木の多くが落葉樹なので、常緑樹冬でも緑を増やそうとしましたが、失敗です。暖かくなると緑色に戻ります。




冬の間のメダカのエサは慎重にしましょう。

0130
晴れてくると、メダカが日光を求めて動き出します。晴れてはいましたが、寒いので、エサはあげませんでした。冬の間のエサは、稚魚用のものをあげています。粒が小さいので、消化不良になりにくいと思います。水質の悪化に気をつけながら、少しずつエサを与えます。まだまだ、寒い日が続きそうです。

メダカ 日差し
冬でも日差しがあると、メダカは水面近くを泳いでいます。メダカを見ると、どうしてもエサをあげたくなります。

冬のエサは慎重にしましょう。理由は2つあります。メダカが消化不良になること水質が悪化することです。

消化不良は病気の原因にもなり、大切なメダカが☆になることもあります。暗くなると消化しなくなるので、日没まで3時間ぐらいある時間までにエサをあげましょう。

食べ残しが多くなり、水質を悪化させます。冬の水換えは環境の変化が大きく、メダカに負担をかけます。屋外のビオトープでは、冬の間は水換えをしません。

メダカ ミニシペラス
ミニシペラスの根元は、浅くなっているので水温が上がりやすいのか、いつもメダカがいます。

ビオトープ木枠焼き杉の色が落ちてしまって、冬の寂しい雰囲気です。暖かくなって水換えをするときに、焼いて、きれいな木枠にしていきます。



実生のケヤキに針金をかけてみました。

0131
プラ舟のビオトープの水温は夕方には8度になっていました。メダカの動きがよいです。少しだけエサをあげました。実生のケヤキ、枝分かれが4つになっているものが、V字になっていません。広がった枝を切る予定でしたが、針金をかけて樹形を整えました。とても細いので、ひどい針金かけになりました。

プラ舟 ビオトープ
水温が上がると、メダカをたくさん見ることができます。寒い日は、奥の水草の下に隠れて、見ることができないので、メダカが無事であることが確認できません。

ケヤキ 枝分かれ
実生のケヤキの1つが最初の枝分かれが4つになっています。手前の枝は、まっすぐに伸びて、残りの3つは横に広がっています。

このままでは、きれいなホウキ仕立てにはなりません。葉が芽吹く前に針金で矯正していきます。

盆栽では、針金かけと言います。に針金を巻きつけて、目標とする樹形にしていきます。

ケヤキ 針金
細い針金を用意しましたが、が細くて上手く巻くことができません。試行錯誤しながら、V字に近い樹形にしました。手前のを外側に押して、残りの3つのを待ちあげるように針金で全体を巻きました。

盆栽針金は、とてもきれいに巻いてあります。初心者レベルでは、樹形を優先して、見栄えは気にしません。しばらく様子を見て、今後を考えます。




冬の水遣りは注意してしましょう。

0201
メダカ盆栽のもみじに水遣りをしました。冬の水遣りは難しいです。朝は寒くて、時間もありません。夕方にすると翌朝に土が凍ることがあるからです。昼間にできるとよいですが、平日は無理です。梅のつぼみが膨らんできました。今年はちょっと少ないような気がします。花が終わったら植え替えをしよう。

メダカ盆栽 もみじ
メダカ盆栽もみじ水遣りをしました。冬の盆栽鉢植え水遣りには、少し注意が必要です。

冬の水遣りは2~3日に1回ぐらいしましょう。注意することは、水遣りをする時刻です。冬は水が凍ります。用土に水分が多く残っていると、「土が凍る」現象が起こります。

実際は、土が凍るのではなく、土に含まれる水分が凍ります。ひどくなると、鉢の用土が盛り上がった状態になります。植物の根を傷めます。元気がなくなったり、枯れることもあるので注意してください。

用土の水分が適度になるように、午前中に水遣りをすることが一番です。夕方にすると水分が多すぎて、凍る可能性が高くなります。午前中の水遣りが無理な場合は、少しでも凍らないように、夜間は軒下や簡易ビニールハウスに移動させます。

メダカ盆栽 メダカ
メダカ盆栽メダカは元気そうです。どうにか越冬できそうです。

梅 つぼみ
つぼみが膨らんできました。もうすぐ開花しそうです。つぼみの数が少ないようです。剪定が下手だったからか、根詰まりしているのか、成長がよくなかったです。花が終わってから、大きめの鉢に植え替えをしてみます。



ホテイ草の全滅を防ぐ

0202
睡蓮鉢のビオトープのホテイ草は、ほとんど枯れてしまいました。完全に枯れているものは廃棄して、緑が残っているものは寒さ対策をしないと、寒さで全滅してしまいそうです。ホテイ草は安いですが、メダカの飼育を始めたときから越冬を続けているので、残したいです。シラカシは緑が薄くなりました。

睡蓮鉢 ホテイ草
水換えをしていませんが、睡蓮鉢のビオトープの水の状態はよさそうです。寒さが厳しいからなのか、ホテイ草が、いつもの冬よりも枯れているようです。

ホテイ草は冬になれば枯れてしまいます。福岡では、半分くらいは完全に枯れることはなく、暖かくなると復活します。

メダカの飼育を始めて、毎年、ホテイ草越冬させています。全滅しないように寒さ対策をしていきます。屋根があれば、水が凍ることもないので、まだ緑が残っているものを移動させます。

メダカ 稚魚
メダカの稚魚は小さいですが、寒さに耐えて越冬できそうです。この冬の稚魚の越冬が成功すると、秋に生まれたメダカも安心して飼育することができます。

シラカシ
実生のシラカシです。常緑樹がほしくて、どんぐりから育てました。寒くなって緑色が薄くなってきましたが、冬でも緑があることは、とてもありがたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿