ハーデンベルギアの取り木を成功させるポイント:確実に株を増やす


 
ハーデンベルギア 取り木
春に、濃い紫色の小さなが、連なるように穂になって、たくさん咲くハーデンベルギア

ハーデンベルギア鉢植えで育てています。コンパクトな株で、小さな鉢植えを目指していますので、剪定をする必要があります。

枝を剪定をしないで、取り木をすれば、ハーデンベルギアの株を増やすことができます

株を増やす方法は、種まき(実生)、挿し木、取り木の3つがあります。

種まき(実生)や挿し木は、大きく成長して、が咲くまで時間が掛かることがデメリットです。

取り木は、ハーデンベルギアの樹が必要になります。

育てていないとできませんが、成功する可能性が高く、ある程度の太さがある株を手に入れることができます

成功すれば、種まきや挿し木より、早くを楽しめます。



ハーデンベルギアの鉢植え

ハーデンベルギア 鉢植え
ハーデンベルギアを鉢植えで育てています。

苗木を植え付け・植え替えをする様子を詳しく記事に書きました。



ハーデンベルギアの鉢植えの樹高は30センチぐらいあります。右の枝が長くの伸びていますので、剪定する必要があります。

剪定するところを取り木をすることで、ハーデンベルギアの株を増やせます。








ハーデンベルギアの取り木の時期

ハーデンベルギア取り木する時期は、梅雨入り前です

取り木に適した時期は、植物がよく成長する時期の少し前になります。

梅雨時期は、雨の日が多く、乾燥しにくいですので、管理が簡単です。

順調に発根すれば、秋に親木から切り離すことができますので、翌シーズンの春に、美しいを楽しめる可能性があります



取り木に必要な道具

取り木 道具
取り木に必要な道具
  • 発根促進剤ルートン
  • ビニールポット
  • ホッチキス
  • 針金とニッパーなど
  • ハサミ
  • 赤玉土の極小粒(細粒)
ホームセンターや100均で購入できるものになります。



ハーデンベルギアの取り木

ハーデンベルギアの取り木
ハサミで指しているところで、取り木をすることで、ハーデンベルギアの枝がある小さな株を増やすことができます。


ハーデンベルギア 株
取り木が成功すれば、樹高が15センチぐらいで、枝のあるハーデンベルギアの小さな株になります。


枝の太さ
取り木をする枝の太さは、直径3ミリぐらい。

取り木の方法は、「針金巻き」、「環状剝皮」、「削ぎ上げ」の3つがあります。

5ミリより細くなると、樹皮を剥がしにくくなり、折れることがありますので、よく使われる方法である「環状剝皮」は、適していません。

ハーデンベルギア取り木枝が細いですので、「針金巻き」を使って取り木します

取り木について詳しく書いた記事がありますので、参考にして下さい。
関連記事




針金巻きで取り木をする

取り木 針金
ハーデンベルギアを「針金巻き」で取り木しますので、針金が必要です。

針金は、直径1.2ミリのアルミ線を使います。直径1ミリでは細く、1.5ミリは太いですので、1.2ミリが使いやすく、ちょうどよいです。

針金はホームセンターで販売されています。盆栽で使う園芸用の茶色のアルミ線もありましたが、色なしが安かったです


節の下
ハーデンベルギアの枝の節のすぐ下に、針金を巻きます。節は発根しやすいですので、取り木を成功させるポイントになります。

取り木「針金巻き」は、針金をねじって、強く縛りますが、実際にやると難しいです。

ねじり過ぎて針金が切れたり、縛りが足りないで発根しなかったりします。


ペンチ
針金を枝に巻いてから、先が尖ったペンチ(ラジオペンチ)で、針金が少し食い込むぐらいに挟み、強く巻きます。


食い込み
針金の食い込み具合を調節できますので、失敗が少ないです。強く縛り過ぎると、枝が細いですので折れます。

針金を巻くコツは、1回ずつ巻き、ペンチで挟むことです

2~3回巻いて、一度に挟むと、うまく食い込ませることできません。

針金は3回転ぐらい巻くと、カルスがつながることも防ぎますので、おすすめです。発生したカルスが下の部分とつながると発根しません。

カルスは、植物の細胞が、増殖して無定形の細胞塊のことです。未分化な状態ですので、芽やや枝に成長できます。



発根促進剤ルートンを塗る

発根促進剤ルートン
発根して取り木が成功できるように、発根促進剤ルートンを塗ります。

ホームセンターや園芸店で販売されています。価格も安いですので、使うことをおすすめします。


粉
発根促進剤ルートンは、少量の水でペースト状にして塗る方法がありますが、粉のまま、針金を巻いた上の部分に付着させます。


綿棒
綿棒を使うと付着させやすいです。



ビニールポットをセットする

ビニールポット
取り木した部分は、発根できるように光を遮り、水を与える必要があります

ビニールポットをセットして、ハーデンベルギアの枝を取り木した部分を用土で埋めます。

水苔を使って、ビニールで包む方法は、乾きにくいですので、水を与える頻度が減ります。

ビニールポットは、乾きますので水遣りが必要です。

ハーデンベルギアは鉢植えですので、水遣りをします。水遣りをするときに、取り木のビニールポットにも水を与えますので、手間は増えません。

ビニールポットのメリットは、状態を確認しやすいことです取り木をすると、発根しているか?心配になります。

ビニールポットなら、取り木した部分を簡単に見ることができます。


ビニールポット 縦
ビニールポットをハサミで底の穴まで縦に切り、幹にセットできるようにします。


ビニールポット セット
取り木した部分に、ビニールポットをセットします。


ホッチキス
ホッチキスでビニールポットの重ねた部分を固定します

切った部分を重ねることで、ビニールポットの底の穴が幹の太さと同じくらいになるように調節できます。


真ん中
取り木して、針金を巻いた上の部分が、ビニールポットの高さの真ん中ぐらいになるようにします。


ビニールポット 針金
ビニールポットが動かないように、針金で固定します。100均の直径1ミリのアルミ線が使いやすいです。


ビニールポット フチ
ビニールポットのフチに、針金を通します。


ビニールポット 固定
枝に、針金を巻きつけて、ビニールポットを固定します。

ハーデンベルギア取り木した部分に、ビニールポットをセットすることができました。



取り木の用土は赤玉土

取り木 用土
ハーデンベルギア取り木に使う用土は、赤玉土の極小粒(細粒)です。

セットしたビニールポットに、赤玉土の極小粒(細粒)を入れます。粒が小さいほうが乾きにくいです。


8分目
ビニールポットの8分目ぐらいまで赤玉土を入れました。

用土は、量が多いほうが乾きにくくなります。満タンに入れると強風などでこぼれますので、8分目ぐらいまでにします。



ハーデンベルギアの取り木の管理

水遣り
ハーデンベルギア取り木をしたビニールポットの赤玉土に水遣りをして、発根するまで管理します。

水差しやジョウロで水を与えるだけです。

水遣りができないときは、日陰に移動して、用土が乾きにくくなるように管理します



ハーデンベルギアの取り木のポイント

  • 取り木の時期は梅雨入り前
  • 針金巻きで幹を強く縛る
  • 発根促進剤ルートンを塗る
  • ビニールポットで赤玉土の極小粒を使う
  • 発根するまで、乾かさないように管理
ハーデンベルギア取り木は、難しいことはなく、幹に針金を巻き、水を与えるだけです。

発根しなければ、やり直すことができますので、気軽にチャレンジできます。



ハーデンベルギアの取り木の今後

ハーデンベルギア 今後
7月1日に、ハーデンベルギア取り木をしました。

梅雨入りすると、雨の日が多く、ビニールポットの用土が乾きにくいですので、管理が簡単になります。

九州地方の福岡県の平野部ですので、梅雨入りは6月上旬、梅雨明けは7月下旬です。

梅雨明けすると、とても暑くなりますので、梅雨時期に発根して、ある程度、が成長する必要があります。

梅雨入りの10日前ぐらいがおすすめの時期です

毎日の水遣りが大変ですが、乾燥すると、発根したばかりのが枯れてしまいますので、注意が必要です。


取り木 今後
ハーデンベルギア取り木の今後の様子は、この記事を更新します






関連記事




スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :