イチョウ(銀杏)のミニ盆栽の作り方 植え替え編


小さいイチョウ(銀杏)の苗

イチョウ 銀杏 ミニ盆栽
種から発芽させたイチョウ(銀杏)の苗です。成長が早く、幹が伸びるので15センチぐらいで先端をハサミで切って芯止めをすると、幹の途中から芽吹いて葉がつきました。

3箇所から葉が芽吹くと、苗ではなくミニ盆栽になります。自然な感じの樹形が好きなので曲げはつけません。

芯止め
左の鉢のイチョウ(銀杏)も、芯止めをしましたが、先端付近に葉が芽吹いただけです。葉が先端だけにあるとただの苗に見えます。右の鉢のイチョウ(銀杏)は葉が小さくバランスがよいです。葉の数が増えると、葉の大きさが小さくなります。

落葉
落葉したイチョウ(銀杏)の苗を植え替えます。植え替えることで、根が成長して、幹が太くなれば、新しい葉が芽吹く可能性が高くなります。

イチョウ(銀杏)の苗の植え替え

植え替え
鉢に植えると植え替えが必要になります。根が成長して根詰まりするからです。根詰まりすると、根の成長が止まります。根が成長しないと幹や枝も成長しません。鉢の底から根の先端が出ている場合は植え替えをします。植え替える時期は、新芽が少し膨らんだ3~4月がよいです。

植え替えをすることで、イチョウ(銀杏)の成長を活発にして幹を太くし、枝や葉を増やします。もっと大きな鉢に植え替えたほうが成長はよくなりますが、ミニ盆栽にするために、小さい鉢に植え替えるときに、根をたくさん剪定しなければならなくなるので、同じくらいの大きさの鉢がよいです。

植え替えの準備

ポリポット
植え替えするために新しい鉢を用意します。直径12センチのポリポット(4号)にハサミでスリットを自作しました。キレイに飾りたい場合は、好きな鉢を選びましょう。盆栽用の浅い鉢は水遣りの管理が難しいので、普通の形の鉢がおすすめです。

鉢底ネット
鉢底ネットも大きなものを切って使います。百均で買いました。網目に沿って切るだけなので簡単です。

5つ
植え替えるイチョウ(銀杏)の苗の数の5つのポリポットを用意しました。

用土
用土は赤玉土の中粒と腐葉土です。割合は赤玉土:腐葉土が7:3です。用土は盆栽用には多くの種類があります。いろいろな用土を混ぜ合わせることで、効果を得ることは知識と経験が必要になります。

簡単に分かりやすくミニ盆栽を作りたいので、赤玉土と腐葉土だけにしました。他の用土を混ぜてはいけないことはありません。好みで用土を追加することも楽しみの1つです。

腐葉土
腐葉土に葉や枝が残っている場合、ふるいにかけるとよいです。ミニ盆栽は鉢が小さいので腐葉土も細かいものを使います。高級な腐葉土はふるいにかけなくてもよいらしいです。買ったことがないのでよく分かりません。ホームセンターで一番安いものを買っています。

赤玉土
赤玉土を入れて混ぜます。必要な量の用土を用意しましょう。慣れないと、どのくらい必要か分かりにくい場合は、鉢を使うと上手くできます。

赤玉土 量

腐葉土 量
4号の鉢が5つ分必要なので、赤玉土の量は4号の鉢で3杯と半分、腐葉土の量は1杯と半分を4号の鉢で測ると割合が7:3になります。

洗面器 水
水と水を入れるバケツか洗面器を用意してください。水は散水ノズル付きのホースが便利です。水を貯める容器は、ミニ盆栽なら洗面器ぐらいがちょうどよいサイズです。

植え替えするときに、根を乾燥させると元気がなくなったり、枯れることがあります。短い時間で植え替えが終わるように、鉢と用土の準備をしっかりして植え替えの作業を始めます。




植え替えのポイントは根の剪定

鉢から出して、土を取り除き根の状態を確認します。幹から伸びた直根だけでなく、横方向に伸びる根もあります。横方向に伸びる根が大切です。この根が四方八方に広がって伸びると根張りがよくなります。

幹から伸びる直根を剪定します。横方向に伸びる根が残るようにしたいので、先端の少しだけですが剪定しました。鉢の大きさに合わせて、長い根と伸びる向きが悪い根を剪定しました。

根の量が減って心配になりますが、根の量よりバランスよく均等に根が伸びたほうが成長がよくなり、樹形もよくなります。どのくらいの量まで剪定して大丈夫か?樹木や栽培環境によって違いがあるので、経験してみることが重要です。種から発芽させた苗が数多くあると、根の剪定にチャレンジしやすいです。

植え付け
イチョウ(銀杏)の苗を植え付けました。ポリポットにスリットをハサミで切って排水がよくなっているので、底石は入れないで用土だけです。棒で軽く用土を突いて隙間でできないようにします。最後に赤玉土だけを足すとキレイになります。

底から流れる水が、最初は泥水ですが、たっぷりと水遣りをすると透明な水になります。流れる水が透明になるまで水遣りをします。

1週間は、直射日光の当たらない場所(明るい日陰)で管理します。毎日の水遣りを忘れないように注意します。

イチョウ(銀杏)のミニ盆栽のこれからの目標

幹を芯止めしているので、樹高はこのままです。幹を太くしてバランスをよくします。幹が細いとイチョウの苗です。苗からミニ盆栽にするためには、幹の太さが必要です。

成長を助けるために肥料を与えます。植物に必要な栄養素は窒素(N)リン酸(P)カリ(K)の3つです。イチョウ(銀杏)は窒素(N)が多くなるとキレイな黄色に紅葉しません。

幹が太く成長することで、幹の途中から新しい葉が芽吹くことを期待します。葉の数が多くなれば、葉の大きさが小さくなる可能性があります。ミニ盆栽では、樹木の大きさと葉の大きさのバランスが重要です。葉が小さいと小さな樹木でも立派に見えます。

  • 肥料を与えて、幹を太くする。
  • 葉の芽吹きを増やして、葉の数を増やす。
  • 葉の大きさを小さくして、バランスをよくする。
これらのことを目標にイチョウ(銀杏)のミニ盆栽を育てます。次の記事で葉が多く芽吹いたことを報告できるように頑張って、育てます。 


※2018年3月23日に公開した記事に2018年4月6日までの様子を追記しました。
追記(2018/04/06)

イチョウのミニ盆栽に葉が芽吹いてきました。

新芽
3月25日に植え替えをして、4日後の3月29日には、新芽が大きく膨らんで緑色になりました。根を剪定しましたが、影響はなく芽吹きそうです。

芽吹き
 4月2日の写真です。葉が芽吹いてきました。1年前と同じ所に葉がつきました。左側にも葉が増えてくれると、バランスがよくなりますが、思うようにはなりません。

新しい葉
4月3日、植え替えをしてから1週間は過ぎて、順調に新しい葉が芽吹いているので、日当たりのよい場所に移動しました。

イチョウ ミニ盆栽
イチョウのミニ盆栽は18鉢あります。葉が先端だけにしか付いていないイチョウが多いです。芽摘み芯止めなどをして、幹の途中に葉が芽吹くように、いろいろとチャレンジしてみます。葉が3箇所から芽吹くことができれば、成功です。

イチョウのミニ盆栽をテーブルの上に置いています。盆栽は台や棚に置きます。地面に置くと、雨水の跳ね返りで、葉にゴミがついたりして汚れます。少しだけですが高いと風通しがよくなり、病気や害虫の被害が少なくなります。鉢の底の排水性もよくなり、乾きやすく雑菌の繁殖が少ないです。

高さが45センチのちょっと低いテーブルです。自作した作業用のテーブルです。水が流れるように隙間があるようにしてあります。高さもイスに座って作業するときに、ちょうどよい高さです。このままでは、他の作業ができないので、盆栽棚を製作しようと考えています。

今後も、イチョウのミニ盆栽の様子を報告していきます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク