ミモザ(ギンヨウアカシア)の育て方:小さな鉢植えで春に鮮やかな黄色の花を楽しむ


 
ミモザ
ミモザは、黄色のが咲くアカシア属の樹です

フサアカシア(A.dealbata)の英語名やフランス語名がミモザ(mimosa)であることが由来ですが、日本ではギンヨウアカシア(Acacia baileyana)が一般的になります。

新芽が濃い赤紫色のギンヨウアカシア・プルプレア、葉が大きくシルバーブルーのギンヨウアカシア・ブルーブッシュなどがあります。

他には、ユーカリのような丸い葉のマルバアカシア、葉が特徴的な三角形の三角葉アカシア

ミモザは、いろいろな種類がありますので、気に入ったものを見つけましょう。

ホームセンターで、ミモザの苗木が広告の品で、少し安く販売されていましたので、購入しました。

ミモザは、シンボルツリーや庭木に利用されますが、小さな鉢植えを咲かせることにチャレンジします。



ミモザの苗木

ミモザ 苗木
購入したミモザのラベルには、の写真があります。形や色を確認して購入しましょう。

「ミモザアカシア」と記載されているだけですが、英語で「Acacia baileyana」とありますので、ギンヨウアカシアであることが分かります。

ギンヨウアカシアはマメ科アカシア属の常緑性高木です。オーストラリア南東部が原産地になります。

春に、樹全体が覆うように鮮やかな黄色のが咲き、小さなは美しい銀灰色で、1年中、観賞を楽しむことができます。


ラベル
ラベルの裏に簡単に説明が記載されています。

ミモザアカシア

マメ科/常緑小高木

開花期 2月~4月
樹高  2.5~8m

ギンヨウアカシアとも呼ばれ、青緑色のきめ細やかな葉が美しい品種です。また花付きが良く、開花期には、枝が垂れるほど沢山の花が付き、株全体が花の黄色で染まります。

栽培管理
暑さ寒さに強く、日当たりの良い場所を好むので、戸外管理して下さい。水やりは、土が乾いたら与えて下さい。肥料は、春と秋に緩効性のものを与えます。剪定は夏までに行って下さい。コンパクトに剪定すると、地植えでも大きくなりすぎず、上記、樹高の低い数字の高さで楽しめます。






樹高
購入したミモザの苗木の樹高は、30センチなく、小さな苗木になります。

どのくらいの樹高になれば、が咲くことができるか?不明ですが、30センチでは難しいですので、今シーズンは、が咲くことはありません。


ビニールポット
直径10.5センチ、3.5号のビニールポットに植えられています。

ミモザは長く伸びた幹の先端にたくさんの枝があることが多いですが、根元で2本の枝が伸びていますので、小さな樹高でもボリュームがある樹形にできそうです



ミモザの小さな鉢植え

ミモザ 鉢植え
ミモザは、小さな鉢植えで育てます。

日当たりを調節するために場所を移動したり、冬の寒さから保護したり、小さな鉢植えは簡単にできます。


雰囲気
ミモザの苗木をビニールポットのままで、鉢に入れると、植え付け植え替えをしたときの雰囲気が確認できます。


スリット鉢
ミモザ鉢植えで育てるために、KANEYA(兼弥産業)のスリット鉢を用意しました。

スリット鉢について、KANEYA(兼弥産業)のホームページで紹介してあります。

スリット鉢は、大地での根張りを鉢の中でも実現するために設計デザインされた理想的な植木鉢です。根のサークリング現象を防止するので、用土の90%以上が有効利用することができ、植物の生育に大きな効果があります。果樹・野菜・鑑賞用などあらゆる園芸に最適です。

MADE IN JAPAN、日本製ですので、耐久性が期待できます

根詰りすることがなく、ミモザを元気に育てることができます。植え替えも2~3年に1回で大丈夫になります。


八角形
スリット鉢のサイズは4.5号(直径13.5センチ)、CSM-135になります。

スリット鉢の大きな特徴は、六角形の形状と側面から底にスリットが設置されていることです。

ホームセンターや園芸店で販売され、価格が安いですので、おすすめの鉢です。


スリット
八角形の頂点に、側面から底にスリットが8つあります。

スリットにより、が光を浴びて伸びなくなることで、底でを巻くサークリング現象を防ぎます


仕切り
が鉢の底で巻くサークリング現象を防ぐために、仕切りが3か所にあります。


ウォータースペース
六角形の形状が特徴のスリット鉢ですが、上部は普通の鉢のように円形になります。

段差まで用土を入れますと、ウォータースペースができますので、水遣りが簡単になります。

植物の成長によいスリット鉢を使うことで、ミモザ小さな鉢植えで育てることができます。


4.5号
準備したスリット鉢の直径13.5センチと4.5号のサイズですが、六角形に部分は、一回り小さくなりますので、普通の4.5号の鉢より少し小さい容量になります


鉢の高さ
鉢の高さは11センチぐらい。大きくありませんので、移動が簡単になります。

日差しが強く暑い夏は半日陰、霜が降りる寒い冬は軒下などに移動させることで、ミモザ最適な環境で育てることができます



ミモザの用土

鉢底石
スリット鉢は、スリットが多く設置され、水はけ(排水性)がよいですので、鉢底石の必要がありませんが、スリットから用土が流れ出ることを防ぐために、鉢底石を敷きました。


ミモザ 用土
ミモザ用土は、ホームセンターや園芸店で販売されている普通の培養土で大丈夫です。

用土を作る場合は、赤玉土の小粒と腐葉土7:3の割合で混ぜた用土が適しています。


均一
赤玉土の小粒と腐葉土が均一になるように混ぜます。


土入れ
鉢底石の上に、用土を入れます。一度、土入れに入れると、用土がよく混ざりますのでおすすめです。

園芸用品のスコップ(ショベル)は、実用的ではありません。土入れのほうが使いやすいです。土入れは100均で大と小の2個セットで販売されています。


3分目
鉢の高さの底から3分目くらいまで、用土を入れました。

植え付け植え替えは、最初に鉢の準備をします

土の中にあるは乾燥しやすいですので、短時間で植え付け植え替えをする必要があります。



ミモザの植え付け・植え替え

ミモザ 植え付け 植え替え
ミモザの苗木は、ビニールポットに植えられていますので、鉢に植え付け植え替えをします。

必要な道具は、ハサミピンセット竹串です。

鉢受け皿の中で作業すると、周りを土で汚すことがなく、後片付けが簡単になります。

鉢受け皿は、100均でも販売されていますので、大きなサイズを植え付け植え替え用に購入するとよいです。

ミモザ植え付け植え替えに適した時期は、花が終わった4月から9月。暑さが厳しい8月を避けるとよいです。

ミモザの苗木は、3月~4月上旬にが咲きますので、2月ぐらいからホームセンターや園芸店で販売されています。

小さな苗木ですので、が咲くことがありません。3月になり、暖かくなりましたので、植え付け・植え替えをします。



ビニールポットから取り出す

底 確認
最初に、ビニールポットの底を確認します。

穴からがたくさん出ていますと、引っかかってビニールポットから苗木を取り出すことができません。

無理に取り出すと途中でが切れますので、出ているは、ハサミで切ります


横向き
ミモザの苗木を鉢受け皿の中に横向きに置きます。


底の角
ビニールポットの底の角を指でつまむように押すと、簡単に取り出すことができます。

手で引っ張り上向きに、ビニールポットから取り出すと、根鉢が崩れて落としたり、土がこぼれたりしますので、置いて作業すると失敗なくできます。


取り出す
ミモザの苗木をビニールポットから取り出すことができました。



ミモザの根鉢

ミモザ 根鉢
ミモザの苗木をビニールポットから取り出すことができ、根鉢の状態になりました。

根鉢は、苗木を鉢やビニールポットから取り出して、と土が固まって見えている状態のことです

の状態は普通です。ビニールポットで育てると外側にが多くなります


サークリング現象
根鉢の底を観察すると、が巻くサークリング現象が発生しています

土がなく、だけですので、水や栄養を吸収することができません。


三分の一
根鉢の底を三分の一ぐらいを崩して、一回り大きな鉢に植え付け植え替えすることが基本です。



根鉢を崩して植え付け植え替えの準備をする

根鉢 崩す
根鉢の表面の土は、水遣りで土の粒が崩れると、水通りと通気性が悪くなります

植え付け植え替えのときに、表面の土を崩すと状態がよくなり、見た目も改善します。

竹串を使って、ミモザ根鉢の表面の土を崩します。

育てているときに、表面の土を崩すことを「中耕(ちゅうこう)」と言います。雑草を取り除き、水通りと通気性が改善しますので、おすすめです。


表面の土 竹串
竹串を使って、ミモザ根鉢の表面の土を取り除きました。根元がどのようになっているか?確認します。

幹や太いを傷つけないように、根元竹串を使って、丁寧に崩します。

竹串素材が竹ですので、適度な硬さで使いやすいです。


根元
根元が見えるまで、根鉢の表面の土を崩します。根元は、幹からが生えている部分です。

ミモザの苗木は、1センチぐらい深植えされていました。

挿し木で苗木を作りますので、深植えの状態になります。根元を地表に出すことで、水はけ(排水性)と通気性がよくなり、成長や状態がよくなります。

公園などにある大きな樹は、の一部が地表に見える状態です。根元の位置が地表になると、樹の成長がよくなります

も呼吸をしていますので、水はけ(排水性)と通気性が大切です。

根元を地表にすることで、鉢の用土を有効に利用できます。深植えされていますと、根元より下の部分にを張りますので、鉢の高さが低くなった状態になります。


深植え
深植えされていましたので、根元が見えるまで表面の土を取り除くと、根鉢の高さが低くなりました。


根鉢の底
根鉢の底はが固まっていますので、この状態では、植え付け植え替えした後のの成長が悪くなります。


底 崩す
竹串を使って、根鉢の底を崩します。


竹串 崩す
の塊を取り除き、土を竹串で突くことで、水通りや通気性を改善します

長く伸びたハサミで切ります。


植え付け 植え替え 準備
ミモザ根鉢を崩して、鉢に植え付け植え替えをする準備ができました。



鉢に植え付け・植え替えする

根元の位置
根鉢を崩したミモザを準備した鉢に入れて、根元の位置を確認します。


用土 減らす
スリット鉢段差まで用土を入れますので、根元の位置が段差にあるように調整します

高い場合は、鉢の準備で3分目まで入れた用土を減らし、低い場合は用土を足します。根元の位置が段差より高いですので、用土を減らしました。


根 整える
根元の位置がちょうどよくなりました。が四方八方に広がるように、竹串で整えます。


用土 赤玉土
鉢と根鉢の間に隙間がありますので、用土を入れます。


隙間 竹串
隙間なく用土が入るように竹串で突きます。の間に、用土が入るように竹串で突くと、用土が減ります。


根鉢 挿す
根鉢の中心部分を竹串で挿すと、水通りや通気性がよくなります。鉢の中に入れていますので、根鉢が崩れる心配がありません。


赤玉土の小粒
表面の土は、赤玉土の小粒だけにしました。見た目がよくなります。


段差 少し下
段差より少し下まで用土を入れました。


軽石
仕上げに軽石を敷きます。

水遣りや雨で、表面の赤玉土の粒が崩れなくなりますので、水はけ(排水性)と通気性がよい状態を維持できます

水流の強い散水ノズルで水遣りをしても、赤玉土が崩れる心配がありません。


小さな鉢植え 完成
苗木を鉢に植え付け植え替えが終わり、ミモザ小さな鉢植えが完成しました。



ミモザの手入れ

枝
ミモザの苗木には、不要ながあります


枝 切る
不要なをハサミで切りました。


幹 枝
幹の同じ所から2本のが伸びていますので、成長が悪い下のをハサミで切ります。


根元 切る
の根元で切るだけですので、簡単な剪定です。


スッキリ
スッキリして、よい雰囲気のミモザ小さな鉢植えになりました。



ミモザの管理

水遣り
ミモザの苗木を鉢に植え付け植え替えした後は、すぐに水遣りをします。

最初は、鉢の底から泥水が流れます赤玉土の表面に付着した微塵が水に溶けて流れます。

微塵が鉢の中で固まると、水はけ(排水性)が悪くなります。固まる前の最初の水遣りでキレイに流し出すことが大切です。

ミモザ水遣りは、鉢の表面の土が乾いたら、たっぷり水を与えることが基本です。

春と秋は1日1回、暑い夏は朝と夕方の1日2回、寒い冬は完全に乾かないように3~4日に1回ぐらいが目安になります。

が咲く期間である春は、水切れに注意が必要です水切れするとが傷みます。

水遣りができないときは、鉢受け皿に水を入れて腰水で管理するとよいです。

長時間、腰水をすると根腐れの原因になりますので、夜は水の中から鉢を出します。


明るい日陰
植え付け植え替えした後の1週間ぐらいは、直射日光が当たらない明るい日陰で管理します

の状態に異常がなければ、少しずつ日の当たる場所に移動させます。

ミモザは、日当たりのよい場所で管理しますが、鉢植えですので、水切れしないように、水遣りの時刻や回数によって、日当たりを調節します

暑い夏は、西日が当たる場所は避けてください。強い日差しで葉焼けや葉先が枯れることがあります。夏は半日陰がおすすめです。

半日陰でも育てることができますが、枝が徒長して、が咲かないことがあります。



ミモザの育て方のポイント

  • 日当たり・風通しがよい場所で育てる。
  • 水はけがよい土を好みます。用土は市販の培養土、または赤玉土と腐葉土を7:3。
  • 水遣りは、表面の土が乾いたら、たっぷり水を与えます。
  • 肥料は窒素(N)を控えて、開花したらリン酸(P)とカリ(K)が多い液肥を与えます。
  • 剪定は花後に、枝の切り戻しと間引きをします。
  • 植え付け植え替えは、花後の4月から9月が適しています。

ミモザは基本を大切にすれば、初心者の方でも育てることができます。

耐暑性は強いですが、耐寒性は普通ですので、冬は寒い地域は保護が必要になります。積雪で枝が折れないように管理しましょう。

剪定が終わった頃に、長く伸び過ぎた枝を新芽や葉、枝を残して切り戻し。枝が混み合っている場合は不要な枝を根元で切る間引きを行ないます。

鉢植え根詰りしないように、1~2年に1回、花後の4月~9月(暑さが厳しい8月を避けて)に植え替えをします。


ミモザの今後

3月12日に、ミモザの苗木を鉢に植え付け植え替えしました。

九州地方の福岡県の平野部で育てています。温暖な気候ですので、少し時期が早いですが、植え付け植え替えをしました。

最初の目標は、美しいを咲かせることです。苗木が小さいですので、今シーズンのは難しく、1年後のを目標に育てます。

ミモザ小さな鉢植え今後の様子はこの記事を更新します

1年間の育てる様子を記録します。



ミモザを芯止めする

ミモザ 芯止め
5月31日、撮影。

ミモザの苗木を鉢に、植え付け・植え替えをしてから、2ヶ月半が経過しました。

水遣りは、鉢の乾き具合にを確認して、2日に1回ぐらいになります。


ミモザ 樹高
ミモザの樹高は、35センチぐらいまで成長しました。

苗木は30センチありませんでしたので、順調に大きくなっています。


真っ直ぐ
ミモザは、枝の先端にがたくさんあり、枝垂れてします。

枝垂れている枝を真っ直ぐに伸ばすと、45センチ以上になります。


新しく伸びた
樹の先端は成長がよくなります。

の色がキレイな緑色の部分が、新しく伸びた枝です。前年のは、黄緑色になり、が落ち始めています。


ピンセット
ピンセットで指した所から上が、今シーズンに新しく伸びた枝になります。


枝
枝が真っすぐに伸びると、大きくなり過ぎますので、芯止めをします

芯止めは、樹の一番高い所にある生長点を切ることです。

上の方向に成長できなくなりますので、の付け根から芽吹いて、枝ができやすくなります。


3つ 葉
新しいを3つ残して、枝をハサミで切り、芯止めします。


葉
新しい元気なを残すことで、枝が枯れることを防ぎます。


左
左の2番目に高い枝も、芯止めします。


新しい葉
新しいを3つ残して、ハサミで切るだけです。


枝は細い
枝は細いので、簡単に切ることができます。


樹高30センチ
ミモザは、芯止めすることで、樹高が30センチになりました。

の付け根から芽吹き、枝ができる予定です。


8分目
幹の先端から伸びる枝を剪定すれば、樹高がもっと小さくなります。

剪定をしないで、取り木にチャレンジしました。樹高が小さくなり、ミモザの株が増えますので、一石二鳥です。

取り木の様子を別の記事で詳しく書きましたので、参考にして下さい。
関連記事



挿し穂
芯止めで切った枝を挿し穂に使い、挿し木にチャレンジしました。


ミモザ 挿し木
ミモザの挿し木の様子を別の記事で詳しく書きましたので、参考にして下さい。
関連記事



次回の更新は、芯止めした効果で、の付け根から芽吹き、枝が増える様子を予定しています。





スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント :

うさっこ さんのコメント...
メダカの大工 さんのコメント...