どんぐりの木を鉢植えや盆栽で育てる コナラ編


コナラの木を小さく育てています。

どんぐり コナラ 1

身近な植物を鉢植え盆栽にして楽しみましょう。樹木は広い庭がなくても育てることができます。庭に植えてしまうと剪定落ち葉の掃除など手間がかかりますが、鉢植え盆栽なら移動ができて管理も楽です。

コナラは無料で手に入れることができます。

から育てるのなら、コナラどんぐりを拾って鉢やプランターで発芽させることは簡単です。秋にどんぐりを拾って発芽するのは翌春になりますが、たくさんの苗が手に入ります。拾ってきたどんぐりは水に入れてみて、沈んだものだけを蒔くと発芽率がよいです。

コナラの木の近くを探せば、コナラの苗を見つけることができます。樹高が20センチ以内の苗でしたらスコップで掘って持ち帰ることができます

ビニール袋とスコップとペットボトルに入れた水を持っていくとを採取できます。根が乾かないように土を水で湿らせてビニール袋に入れるとよいです

植物を育てようと思うと、ホームセンターや園芸店で購入することを考えますが、近くの公園などで手に入れたほうが愛着が出て、楽しく栽培できます。栽培環境も変化が少なく枯れる心配がありません。

植物の栽培で準備するもの

初めて植物の栽培をしようと考えている場合、いろいろなものを準備する必要があると思うでしょうが、最初からすべてをそろえる必要はありません。

最低限必要なもので始めましょう。
  • 鉢 プランター 百円均一がお勧めです。好きなデザインを選びましょう。
  • 用土      培養土・野菜の土・花の土などで大丈夫です。
  • スコップ    どのようなものでも使えます。
  • ジョウロ    お勧めはペットボトルにつけるジョウロです。
これだけで始めることができます。

樹木を小さく育てることで気軽に楽しめて、インテリアにもなります。

広い庭があるなら、いろいろな樹木を植えて楽しめますが、日本の住宅では難しいことがほとんどです。立派な樹木をシンボルツリーとして植えると剪定落ち葉の掃除など、費用や手間のかかることがあります。

鉢植え盆栽なら季節感を楽しむことができて、費用や手間はほとんどかかりません。ガーデニングは人気がありますが、花がメインできれいな花を咲かせるためには手間や工夫が必要です。

移動することができるので、管理が楽です。夏の日差しの強いときは日陰に、葉が美しく紅葉したときは室内で楽しむこともできます。


コナラの木を勧める理由

コナラ 新芽
コナラは日本全国に広く分布しているどんぐりの木です。公園に植えられていることも多く、身近な樹木の一つです。

植物で季節感を楽しむことができる。

コナラは黄色から赤褐色に紅葉します。美しい紅葉を見ることができます。春や初夏の新緑が美しく、冬の落葉も他の樹木に比べて遅く、長い期間を楽しむことができます。

コナラは丈夫で育てやすい樹木です。

コナラは1年中、日当たりがよく、風通しのよい場所で育てることができます。日陰では枯れてしまうことがあります。注意することは夏の西日が強くあたると葉枯れすることがあり、冬は土が凍るとよくないです。

水遣りも神経質にならなくてもよいです。暑い夏は毎日、水遣りをしたほうがよいですが、1~2日忘れたぐらいでは枯れることはありません。水遣りを気にすることが面倒と思う場合は深めの鉢にすると表面は乾いても底のほうの土が完全に乾くことはありません。

小さい樹木を立派に美しくすることができる。

樹木を小さく育てることは、葉と枝を増やして、幹を太くすることを目標にすると立派で美しい樹木ができます。さらに葉の大きさが小さくなると全体のバランスが取れて、小さい樹木が本物のように見えます。

コナラ芽摘みをするだけで立派な樹木にすることができます。芽摘みは先端の新芽を摘んでしまうことです。植物は先端が成長しようとします。先端ばかり成長すると大きくなります。先端の新芽を摘むことで大きくなることを防止して、脇芽から新しい枝を成長させます。

脇芽からの枝が増えてくると、葉の大きさが小さくなります。幹の太さや樹木の大きさにバランスのよい小さな葉が増えることで立派な樹木のようになります。

樹木の種類によっては、芽摘みをしても脇芽から枝がなかなか出ないものもあります。コナラは脇芽から枝が出て、葉も小さくなるので鉢植え盆栽にしやすいです。

コナラの成長記録

コナラ 春
2017年の春のコナラです。2015年の秋にどんぐりを拾って蒔いたものです。樹高は20センチで、早く成長させるためにプランターで育てています。丸い鉢に植えると根が底のほうで根詰まりを起こすことが多く植え替えがすぐに必要になることがあります。

幹を斜めにして枝を横方向に伸ばしていきます。水面にかかる樹木をイメージして育てています。上向きや右側に伸びる枝は小さくうちに切ってしまいます。

コナラ 秋
2017年の秋のコナラです。幹が少し太くなりました。葉と枝も増えて立派な樹木になりました。きれいに紅葉することを期待しています。冬に落葉したら植え替えをします。

芽摘みをしてコナラの葉と枝を増やします。

コナラ 芽
コナラの若い木は、成長しようとして先端に新しい芽を出します。そのままにしておくと、芽を伸ばしていきます。

樹高が高くなり、枝も少ないままになるので、先端の芽を摘みます。

芽 ピンセット
芽をピンセットで摘みます。先端の芽を摘まれてしまったコナラは、他の芽が成長しようとします。

他の芽とは、2番目や3番目に高い枝の芽や幹にある芽です。このようにして無理に枝を増やしていくと、葉の成長が悪くなり、小さい葉になります。

枝が増えて、葉が小さくなると成功です。春から夏にかけて新芽が出やすい時期に、芽摘みをしっかりすると、樹形がよくなります。

コナラの紅葉は、色の変化が楽しむことができ、美しいです。

コナラ 紅葉
寒くなって、コナラ紅葉が始まりました。色の変化を楽しめます。

どんぐり コナラ 2
コナラ紅葉は、鮮やかではなく、やさしい色です。

コナラのこれからの栽培の予定

落葉したら植え替えをします。プランターで育てることで、早く成長させました。目標の樹形に近づくことができたので、植え替えてビオトープに飾ります。盆栽にしたい場合は、盆栽鉢を用意して植え替えるとよいです。盆栽鉢を選ぶことは楽しいです。

コナラの今後の成長は、この記事を更新していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク