メダカの飼育容器を増やすための棚の製作方法


メダカの飼育容器を増やそうと考えました。

メダカの棚 NVボックス 木枠

メダカの飼育をしていると、新しい種類を手に入れたり繁殖によって飼育数が増えていく人がほとんどです。飼育数が増えると新しい飼育容器が必要になります。


新しい飼育容器をどのようなものにするか検討しました。

メダカを屋外のビオトープで飼育して3年目です。大きな睡蓮鉢プラ舟が1つずつあります。大きな飼育容器は水質が安定しやすく、水換えの頻度も少ないことから安心して飼育できます。

睡蓮鉢
睡蓮鉢メダカの飼育を始めて、最初の飼育容器です。


プラ舟
次にプラ舟和風のビオトープを製作しました。


大きな飼育容器が2つあり、新しい飼育容器は小さなものに決めました。大きな飼育容器には欠点もあるからです。

  • 移動することができない、または重くて大変苦労する。
  • 水換えするためにメダカの移動が数多くて大変である。
  • 新しい飼育水を大量に用意しなければならない。
小さな飼育容器を3つ増設します。メダカを選別して分けて飼育することができ、観察しやすいメリットがあります。


飼育容器は定番のNVボックス13です。黒のコンテナです。多くの人が利用しているものです。13リットルの容量でメダカを10匹ぐらい飼育できます。
NVボックス13

アステージ NVボックス13


NVボックス13の置く場所について


NVボックスを並べてメダカの飼育をしている写真を見ることがよくあります。地面に置いたり、棚に並べたりしています。飼育のスペースに合わせて工夫しています。


地面に直接置くと低く、エサをあげるときや観賞するときのしゃがんだ姿勢が好きではありません。ゆっくりイスに座って観賞したいからを製作することにしました。


睡蓮鉢、テーブル、プラ舟と並べて置いているので、その横にを製作しておくと横長になり移動する距離が長くなってしまいます。


プラ舟の上にを設置して、2段になるようにすると移動も少なくプラ舟NVボックスを同時に観賞することができます。プラ舟日よけにもなるので一石二鳥です。




NVボックスを3つ置くためのメダカの棚の制作方法


棚 材料 杉の荒材

安くて加工しやすい杉の荒材を材料にしました。

材料は杉の荒材です。ホームセンターで束売りしているもので価格が非常に安く失敗してもダメージが少ないから、いろいろなものの製作にチャレンジできます。

メダカの棚 脚

45ミリ×45ミリ×約2メートルの杉の角材から脚を4本、ノコギリで切ります。

ポイントは材料を無駄なく使い、作業量を減らすため約2メートルの角材を4等分することです。荒材なので2メートルちょうどではありません。50センチずつ切っていくと足りなかったり、余ったりします。4本必要ですが4等分に切るとノコギリで3回切れば、出来上がります。

メダカの棚 横

横の角材も同様に、約2メートルのものを2等分します。ノコギリで1回切れば終わりです。


メダカの棚 縦

縦の角材は、上面を幅10.5センチの板を3枚にするので32センチぐらいです。


メダカの棚 杉板

幅10.5センチの杉板。約2メートルなので2等分します。4枚できるのですが、棚の縦を4枚分にすると下にあるプラ舟日陰になる部分が多すぎるため3枚を使います。


メダカの棚を木ネジを使って組み立てます。


メダカの棚 組み立て 直角

ノコギリで切った材料を組み立てます。木ネジで固定していきますが仮組みして玄関のタイルの目地に合わせて直角を確認しています。

木ネジで組み立てる場合は一箇所に2本の木ネジで固定しましょう。1本では角材がしっかり固定できません。


メダカの棚 組み立て 木ネジ

木ネジは錆びにくいステンレス製のものを使用しています。価格が高くなりますが、見えるところになる場合もあり屋外で使用するならおすすめです。本数の多いものがお買い得です。


メダカの棚 片方

片方を組み立てました。自立しているので、うまく出来ているようです。同じようにもう1つを組み立てます。


メダカの棚 つなげる

2つを縦の角材でつないでいきます。電動ドリルがあると作業がとても楽になります。最近はコードレスが主流ですが、コード付きでも十分使えます。


コードレス電動ドリルはメーカー品はパワーやバッテリーの使用時間や耐久性がよいですが、安いものになると使いづらいことも多いです。

コード付き電動ドリルは安いものでもパワーもあり、耐久性もあります。杉材は木材の中では柔らかいほうで6段階のうち1か2でしっかり固定することができます。


メダカの棚 形

出来上がりの形が見えてきました。


メダカの棚 プラ舟 仮設置

骨組みができたところでプラ舟に仮設置してみます。イメージ通りになっています。




メダカの棚 脚 補強

脚の下のほうに補強で角材を固定します。外側についてカッコ悪いですが内側につけるとプラ舟に当たってしまいます。

杉板を固定するために3本の角材を木ネジで固定していきます。この3本の角材骨組みが出来上がってから長さを測ってノコギリで切ったほうが隙間なく固定できます。

完成が近づいてきて、うれしくなって作業していたため、3本の角材写真を撮ることを忘れて固定してしまいました。申し訳ございません。


メダカの棚 完成

3枚の杉板木ネジで固定してメダカの棚が完成しました。前後に移動することができます。一番後ろにするとプラ舟が三分の一ぐらい日陰になります。


メダカの棚 前

前に移動させると、このようになります。プラ舟は重くて動かすことができないのでを移動させることで日陰を調整することができます。


NVボックスをメダカの棚に置いてみました。


NVボックス メダカの棚

NVボックス横向きに2つ置いてみました。強度は大丈夫のようです。3つ置くときは縦向きにして置きます。


メダカの棚 NVボックス 3つ

縦向きに3つ置きました。飼育容器が増えても右下のベンチに座ってエサをあげたり、ゆっくりと観賞することができて、目的は達成できました。


飼育容器が増えて満足していましたが、しばらくすると写真を見てわかるように、黒のコンテナはデザイン性がなく和風ビオトープのプラ舟も目立たなくなります。ベンチやテーブルなども杉材で統一感を出して、美しいビオトープを目指しています。


どうにかしなければならないと思い、考えたことはNVボックスに杉材で木枠を製作することでした。

NVボックス 木枠

いい雰囲気になりました。別の記事でNVボックスに木枠を製作する方法を書いています。

残りを製作していきます。

NVボックス 木枠 2つ目

左側を製作しました。同じものが2つ並ぶと、ちょっとイメージダウンしました。中央の木枠焼き杉にしてみます。NVボックスビオトープのようになって、とてもよいです。雨で杉の木目がきれいに見えます。


NVボックス 木枠 強く 焼く

最後の1つ、右側の木枠を製作しました。中央のものより強く焼いて、より黒い焼き杉に仕上げました。


メダカの棚 メダカ盆栽

NVボックス木枠は3種類となり変化があって楽しむことができます。一番左のメダカ盆栽から統一感があり、とてもよい雰囲気です。


新しい飼育容器を増やそうとして、の製作からNVボックスの木枠の製作までになってしまいましたが、満足のいく仕上がりとなり毎日楽しくメダカの飼育をしています。

製作方法はできるだけ簡単に安くをモットーに考えています。質問などがあれば気軽にコメントしてください。


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿