プラ舟(トロ舟)で、和風のビオトープを製作する方法


ビオトープに使いやすいプラ舟(トロ舟)

プラ舟 トロ舟
ホームセンターなどで販売されているプラ舟(トロ舟)です。大きさに対して価格が安く、丈夫なので、メダカの飼育容器に最適です。黒色と緑色がよく販売されていますが、和風のビオトープには黒色のほうがよいです。

大きさ
大きさが3種類ぐらいありますが、設置する場所や飼育する数で選びましょう。ビオトープでは、メダカ1匹に1リットルの飼育水が必要です。今回製作するビオトープは、小さい25リットルのプラ舟(トロ舟)を使います。メダカが20匹ぐらい飼育できます。日本製で600円ぐらいで購入しました。

プラ舟(トロ舟)に石調のタイルを貼る

タイル
ビオトープを美しくするためには、人工物であるプラスチックが見えないほうが雰囲気が出ます。底の面は、底床に赤玉土などを敷くので隠れますが、側面のプラスチックが見えます。内側の側面に石調のタイルを貼ることで、ビオトープが和風の雰囲気になります。

大きなタイル
1辺が30センチの正方形のタイルです。黒色系の石調を選びました。1枚300円ぐらいで販売されています。 タイルですが、本物の石のように見えます。

2枚
プラ舟(トロ舟)の奥と左右の側面にタイルを貼ります。手前の側面は見えないので貼りません。タイルを切る作業が増えますが、2枚あれば、貼ることができます。

小さいタイル
同じ種類のタイルで、小さいタイルもあります。1辺が15センチの正方形です。このタイルなら切ることはなく、並べるだけでよいです。1枚100円で8枚必要なので、ちょっとコストが上がります。

大きなプラ舟
以前、製作した大きなプラ舟で小さいタイルを使いましたが、縦の線が見えるので、タイルであることが、すぐにわかります。今回は大きなタイルを貼ります。左右の側面は1枚で貼ることになり、タイルであることがわからないようになります。

石調のタイルを切る

ダイヤモンドカッター
大きなタイルを、奥と左右の側面に貼るために、半分に切ります。硬いタイルを切るには、ダイヤモンドカッターを使います。最近は、安いものでも、ある程度きれいに切ることができます。耐久性も悪くはないです。

サンダー
ディスクグラインダーと呼ばれる電動工具を使います。ディスクグラインダーは、音が大きく、うるさいです。騒音トラブルに気をつけて使用します。購入したい場合は、ホームセンターで音の大きさを確認することを勧めます。音がうるさくて、ほとんど使わなくなることがあるからです。

ディスクグライダーは使い慣れていないと、ちょっと危険な電動工具です。重たくて、持ちにくいので、しっかり力を入れて切ります。初めて使う人は、百均にディスクグラインダー用の砥石などが販売されているので、木材などのあまり硬くない材料を削ったりして慣れてから、ダイヤモンドカッターを使いましょう。

半分
1辺が30センチの正方形のタイルを半分に切ります。プラ舟(トロ舟)の深さは13.5センチです。ちょっと長いですが、木枠を製作するので大丈夫です。木枠の厚さが2センチあるので、ちょうどよいぐらいになります。

テープ
石調のタイルに線を引くことは難しく、見えにくいと切るときに顔を近づけて危険です。切る線がよく見えるように、テープを使います。塗装用のマスキングテープが白くて見えやすいので便利です。

ダイヤモンドカッターでタイルを切ると、ダイヤモンドカッターの厚さがあるので、ちょうど半分でテープを貼ると、どちらかが短くなります。3~4ミリぐらいの余裕が必要です。

ブロック
2つのブロックを隙間を開けて置きます。タイルは重いので、片側でなく両側にブロックを置かないと、切っている途中で割れてしまいます。軍手と保護メガネも用意しましょう。切りくずがたくさん飛びます。

メガネをかけているので、保護メガネは用意していません。DIYをよくするので、レンズが大きいDIY用の安いメガネを持っています。普通のメガネでは、レンズが小さく隙間から切りくずが目に入ることがあります。目に切りくずが入ると、視界がなくなり、とても危険です。ディスクグラインダーは重たく、回転しているときは必ず両手で持たないと怪我をします。安い保護メガネがあるので、必ず用意しましょう。

幅
このダイヤモンドカッターでは、切り口がこのくらいの幅になります。4ミリの幅であれば、半分より2ミリ短くしてテープの右端を合わせます。右利きの人は、左側にテープを貼って、テープの右端と切り口の左端が一致するように切ります。

切れました
キレイに切れました。もう1枚のタイルも半分に切ります。

プラ舟(トロ舟)の角は斜めになっています。

斜め
半分に切ったタイルをプラ舟(トロ舟)で確認すると、角はキレイに貼ることができません。 少し斜めになっているからです。

長い
奥の側面も57センチなので、タイルを2枚並べるとちょっと長いです。

キレイに
このくらい隙間ができます。あまり目立つところではないので、このままでも大丈夫そうですが、キレイに貼りたいので、タイルを斜めに切ります。

平行
プラ舟(トロ舟)の角の斜めに平行になるようにテープを貼ります。このテープに沿って切れば、キレイにタイルを貼ることができます。
  
奥の側面
奥の側面は、少し長いので難しいです。片方を斜めに切って、プラ舟(トロ舟)で確認して、もう片方を切ります。

切る
 少しだけ切るほうが難しいです。

キレイに切れました。
慎重にして、キレイに切ることができました。

確認
プラ舟(トロ舟)で確認します。プラスチックがまったく見えないようになりました。

石調のタイルをプラ舟(トロ舟)に貼る。

バスコークN
タイルをプラ舟(トロ舟)にバスコークNで接着します。水槽用のものなら、防腐剤なしでメダカにも影響がありません。

説明書
ラベルの裏側が説明書になっています。よく読んで正しく使いましょう。

タイル
プラ舟(トロ舟)に貼る場所を間違えないように、タイルを並べて置きます。

タイルの裏側
タイルの裏側にバスコークNを塗ります。たくさん塗ったほうが、しっかり固定できますが、貧乏性なので最低限の量しか塗りません。

奥の側面
奥の側面から貼ります。奥の側面が下になるようにプラ舟(トロ舟)を立てて置きます。

静置
説明書には、「24時間の静置」と書いてあります。動かないように重りとして車のジャッキを置きました。1日ですべてのタイルを貼ることはできません。翌日以降に左右の側面にタイルを貼ります。

左右の側面
左右の側面にタイルを貼るときは、プラ舟(トロ舟)をブロックを使って傾けました。重りを置いて動かないようにします。タイルを貼る作業で奥、右、左と3日以上かかります。完全に硬化するまで乾燥させると強い接着力があります。

右側
右側の隅は、キレイにタイルが貼れました。

左側もプラスチックがまったく見えません。手前の側面にタイルを貼っていないので、この状態では不恰好ですが、木枠を設置するとキレイになります。プラ舟(トロ舟)の上部よりタイルのほうが長くなっていますが、これも木枠でちょうどよくなります。

バスコークNのアク抜き

傾ける
バスコークNの説明書には、アク抜きをするように書いてあります。プラ舟(トロ舟)を満水にすると25リットルの水が必要です。「水を繰り返し入れ替えて充分にアク抜きしてください」と書いてあるので、大量の水を使います。プラ舟(トロ舟)を傾けて、水の量を少なくてアク抜きができるようにします。

水を入れる
 傾けたプラ舟(トロ舟)に、水を入れます。

貼った部分
タイルを貼った部分を水でアク抜きします。奥の側面をアク抜きしています。

左右の側面
しばらくしてから、左右の側面のアク抜きをします。時間はかかりますが、使用する水の量を減らすことができます。

プラ舟(トロ舟)の内側に石調のタイルを貼る まとめ

人工物のプラスチックが見えないように、石調のタイルを貼る作業は、「タイルを切る」「接着」「アク抜き」と時間がかかります。ダイヤモンドカッターでタイルを切る作業は、難しく、簡単にできません。

完成したビオトープを見ると、プラ舟(トロ舟)であることが、まったくわからなくなります。メダカの飼育容器の絶対的な頂点にある陶器製の睡蓮鉢に負けないぐらいの和風のビオトープになります。

大きな陶器製の睡蓮鉢は、高価なものになります。低予算で本格的な和風のビオトープを製作するので、製作は難しく、時間がかかります。小さいタイルを使えば、タイルを切る作業がないので、簡単にできるのでチャレンジしてください。


プラ舟(トロ舟)に木枠を製作する

杉の荒材
木枠を製作する材料は、価格が安く、和風の雰囲気が出る杉の荒材を使います。プラ舟(トロ舟)の側面には、幅105ミリの杉板の荒材、上部には、21ミリ×36ミリの杉材を用意しました。長さは約2メートルです。杉の荒材は束売りです。たくさん使う予定がない場合は、ちょっと高くなりますが、必要な分だけ購入しましょう。杉やヒノキがおすすめです。

プラ舟(トロ舟)の側面の木枠を製作する 

杉板を切る
杉板をプラ舟(トロ舟)の縦と横の長さに合わせて切ります。ノコギリ、メジャー(巻尺)、さしがね、鉛筆を用意します。

さしがね
このように、さしがねを使うと直角に線を引くことができます。荒材なので直角になりませんが、便利な定規です。

横
縦と横の杉板を切りました。横の板は、プラ舟(トロ舟)の長さより左右の杉板の厚さ分、長く切ります。

きり
 杉板をネジで組み立てるために穴の位置にきりで印をつけます。

電動ドリル
電動ドリルでキレイに穴を開けます。杉板の端に近いので、板が割れないように穴を開けます。

2ヶ所
 2箇所に穴を開けて、ネジで組み立てます。

直角
できるだけ直角に組み立てるために、四角い箱などを利用すると仕上がりがキレイになります。使っていないプラスチックの水槽を利用しています。

側面 完成
側面の木枠が完成しました。

長さ
プラ舟(トロ舟)に木枠を取り付けます。長さが短いと、木枠が入りません。 ちょっと長くすると安心して製作できます。

完成
側面の木枠が完成しました。

ネジ 固定
ネジで固定します。前面はネジが見えるので、左右と奥の面にネジで木枠とプラ舟(トロ舟)を固定します。

プラ舟(トロ舟)の上部の木枠を製作する。

木枠 上部
プラ舟(トロ舟)の上部の木枠を製作します。

杉材は約21ミリ×36ミリです。木枠は、簡単に製作できる方法にしました。縦と横の長さに合わせてきります。

電動ドリル 穴
ネジで固定するだけです。杉材の端のほうなので、電動ドリルで下穴を開けてます。杉材が割れることを防ぐためです。

長いネジ
幅が36ミリあるので、しっかり固定するためには、長いネジが必要となります。ちょっと工夫して、あまり長くないネジでキレイに固定する方法は、下穴の半分まで大きな穴にして、ネジの頭を隠すようにします。大きな穴が深くならないようにテープで印をつけます。

大きな穴
下穴の半分までを、ネジの頭が入るように大きな穴にします。

ネジの頭の大きさに合わせて、大きくしました。

長さが50ミリのネジを使います。杉材の幅が36ミリあるので、14ミリしか縦の杉材に固定できません。下穴の半分までネジの頭が入るようにすると、写真のようになり、32ミリ縦の杉材にネジが固定できます。

ネジの頭
前から見ると、ネジの頭がキレイに隠れます。

木枠 完成
上部の木枠の完成です。

長さ
プラ舟(トロ舟)に長さにぴったりです。タイルが少し長くて、はみ出していましたが、木枠の高さが21ミリあるので、ちょうどよくなります。木枠の高さで、手前の側面は見えなくなるので、タイルを貼る必要はありません。

木枠 固定
木枠をプラ舟(トロ舟)に固定します。ふちの部分に電動ドリルで穴を開けてます。

下から見ると、小さな穴が見えます。

ネジ
下からネジで木枠を固定します。

和風のビオトープ
木枠ができると和風のビオトープになります。プラ舟(トロ舟)の木枠の製作は、側面と、上部に分けたほうが簡単にできます。


製作した和風のビオトープをレイアウトする。

ブロック
25リットルの小さいプラ舟(トロ舟)は、地面に直接置くと、ちょっと低いのでブロックの上に置きます。エサやりや水草の手入れのときに、作業しやすい高さにするとよいです。

設置
2つのブロックの上に、製作したプラ舟(トロ舟)を設置します。

ボラ土
底床には、ボラ土の中粒を使いました。名前に土とありますが、ちょっと硬い軽石のようなものです。 赤玉土のように崩れることがないので、洗うと再利用ができ、とても経済的です。

ふるい
ボラ土は、ふるいで小さな粒を取り除きます。ふるいは百均で購入しました。粗目を使いました。

ふるい ボラ土
ふるいを使って、ボラ土をビニール袋から取り出します。10回ぐらい横に振ると、小さな粒は落ちます。小さい粒を取り除く理由は、ビオトープの水換えは、1年に1回ぐらいしかしません、春と冬に底の汚れを大きなスポイドで吸います、小さい粒がスポイドを詰まらせることがあるので、ちょっと手間がかかりますが、底床から小さい粒を取り除きます。

洗う
ボラ土を洗うと、表面に付いた汚れが落ちるので、早く水が透明になります。

ボラ土 敷く
プラ舟(トロ舟)の底にボラ土を敷きます。底が隠れるぐらいに敷きます。

プラスチック
底のプラスチックが隠れたことで、前から見ると、プラスチックは、まったく見えません。プラ舟(トロ舟)であることも、わかりません。

水
水を入れます。

浮かぶ
浮かぶボラ土があります。2~3日後に沈みますが、取り除いてもよいです。

水草
水草を入れます。姫睡蓮、ミニシペラス、マツモを入れました。

シラサギカヤツリ
シラサギカヤツリとナガバオモダカもレイアウトしました。予備の水草なので、鉢のデザインに統一感がありません。ビオトープを観賞しながら、どのような鉢にするか、これから考えます。

プラ舟(トロ舟)で、和風のビオトープを製作する方法 まとめ

製作に必要な材料


  • プラ舟(トロ舟) 25リットル        
  • 石調のタイル 30センチ×30センチ 2枚  
  • 杉板(荒材) 幅105ミリ 厚さ12ミリ 
  • 杉材(プレーナー) 21ミリ×36ミリ
  • バスコークN

プラ舟(トロ舟)は、小さいものを使いました。必要な材料費は、およそ2000円です。木材は、種類によって価格が違うので、高価なものを使うと材料費が上がります。

内側に石調のタイルを貼る

プラ舟(トロ舟)の内側のプラスチックは、メダカを観賞するときに、どうしても見えます。石調のタイルを貼ることによって、雰囲気がとてもよくなるので、簡単ではありませんが、チャレンジする価値はあります。小さいタイルなら、切らずに貼るだけで大丈夫です。

木枠は、側面と上部に分けて製作する。

木枠の制作方法は、いろいろありますが、一番簡単な方法は、側面と上部を別々に製作することです。木材を切ってネジで固定するだけです。木枠はシンプルな形にして、ビオトープの周りに植物などを飾ると雰囲気がよくなります。

美しいビオトープで、メダカの飼育を楽しみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク