梅の育て方 梅の苗木を鉢植えにして花を楽しむ


梅 鉢植え

梅の苗木を激安で購入しました。

ホームセンター
とても寒い2月に、ホームセンターの買い物に行くと、店頭にある樹木の苗木のコーナーで、現品処分品がありました。激安の苗木で、6つも購入しました。

2月の寒い時期に苗木を購入する人は、ほとんどいません。暖かくなる3月になると、苗木を購入する人が増えます。

ホームセンターの樹木の苗木のコーナーも、2月は種類も数も少なく、葉のない苗木も多く、寂しい雰囲気です。

3月に新しい苗木が大量に入荷するので、長期在庫の売れ残りの苗木を整理するために、現品処分品として販売しています。

激安の苗木は、デメリットはないのだろうか?

小梅
現品処分品の激安の苗木です。黄色のテープに手書きで、樹木の名前金額が書いてあります。金額は税込みでした。

購入した6つの現品処分品の激安の苗木には、

  1. 小梅 100 
  2. 100 小梅の隣にある苗木です。ハナミズキです。
  3. モミジ 100 たぶん青しだれです。
  4. モミジ 100 たぶん赤葉系のモミジです。
  5. 禅寺丸 100 柿の品種名の禅寺丸です。
  6. 100 幹の様子から、たぶん桜だろう。
黄色のテープに手書きで書いてあるだけです。樹木の苗木は、普通はラベルが付いて販売されています。表に樹木の名前品種写真、裏には簡単な育て方、とても親切です。

現品処分の樹木の苗木は、ラベルがありません。風で飛ばされてしまったのか?長期在庫でラベルが日に焼けて印刷が見えなくなったのか?

テープ
樹木の苗木は、接木苗(つぎきなえ)です。台木と枝をテープで固定しています。接木用のテープは、植え付けるときに取り除きます。

長い期間、テープを巻いたままにしていると、樹木の苗木が成長して、幹に食い込んでしまいます。現品処分の樹木の苗木は、接木用のテープが幹に食い込んでいることがあります。

根詰まり
長期在庫なので、小さなビニールポット(ポリポット)で、長い期間、過ごしているので、根の状態が心配です。根詰まりをしていると考えたほうがよいです。

根がしっかり成長していることは、よいことですが、根詰まりの状態がひどいと、植え付けるときが大変です。現品処分の樹木の苗木は、根詰まりしています

激安で購入できることは、ありがたいことですが、しっかりとデメリットを確認しましょう。長期在庫の現品処分の樹木の苗木のデメリットは、

  • ラベルがないので、正確な品種がわからない。
  • 接木用のテープが、幹に食い込んでいる。
  • 根詰まりして、植え付けが大変になる。
わかっていれば、対策をすることができます。いろいろと苦労することもあります。「安物買いの銭失い」にならにようにしましょう

梅の苗木を購入した理由

梅の花
梅の花は、小さくてキレイです。桜と同じで、葉が芽吹く前に花が咲きます。花が咲く時期が早く、福岡では、2月の上旬にはキレイに咲いている梅があります。

梅の花は、寒い冬が終わり、春の始まりを感じることができます。梅の花は、好きな花の1つです。梅の花を楽しむために、小梅の苗木を購入しました。

枝垂れ梅 つぼみ
枝垂れ梅の鉢植えを栽培しています。 樹形が悪かったので、枝をたくさん剪定しました。枝垂れた長い枝ができるまで、2~3年は必要です。つぼみが膨らんできたら、雨の当たらない軒下に移動します。

枝垂れ梅 花
枝垂れ梅が咲きました。枝が短いので、花の数も少ないです。梅の花がとても美しいので、普通の梅も鉢植えで栽培したいと思っていました。

梅には、花梅と実梅があり、品種もたくさんあります。どの品種を栽培するか?決め手がありません。ホームセンターで激安の苗木を見つけたときは、品種に関係なく購入することができました。

梅の盆栽小さな鉢植えがほしいことも、小梅の苗木を購入した理由です。梅の木があれば、挿し木取り木で増やすことができるからです。

小梅の苗木が大きく成長したら、挿し木取り木で梅の株を増やすことにチャレンジします。

樹木の苗木を鉢植えで育てる。

さくらんぼ
いろいろな樹木を鉢植えで育てています。写真はキレイな葉が満開のさくらんぼ(暖地桜桃)です。小さいですが、桜のように、花は満開に咲きます。あまり甘くはないですが、実を食べることもできます。

鉢植えで栽培することのメリットは、樹木を大きく成長させないので、たくさんの種類を栽培することができます。剪定や落ち葉の掃除なども、小さいので簡単にできます。

デメリットは、水遣りが必要であること、数年に一度植え替えなければならないことです。

小梅の苗木を鉢植えで栽培します。実梅なので、ある程度の大きさに成長すれば、実を食べることもできます。花と実を楽しむことのできる樹木の栽培は、とても楽しいです。

梅の苗木を鉢に植え付ける。

梅の植え付け、植え替えの時期は、品種によって違いますが、一般的な樹木は、落葉しているときに植え付けます。

苗木を購入したら、すぐに植え付けをすることが一番です。植え付け時期から大きく離れていたら、ビニールポットから取り出して、土を崩さないで、そのまま植え付ければ大丈夫です

スリット鉢
スリット鉢の7号(直径21センチ)を用意しました。樹木の鉢植えの鉢の大きさは、移動することを考えると10号(直径30センチ)ぐらいまでがよいです。鉢のサイズが10号(直径30センチ)までなら、一人で移動させることができます。

赤玉土 腐葉土
使う土は、赤玉土腐葉土を用意しました。赤玉土を7、腐葉土を3の割合で混ぜてから鉢に入れます。

土
鉢の底に土を入れます。鉢の4分の1ぐらいまで土を入れています。根の量によって調整します。
 
根
ビニールポットから小梅の苗木を取り出して、根を剪定しました。

土
隙間に土を入れます。表面は赤玉土だけにしたほうがキレイに見えます。

泥水
最後に、たっぷり水遣りをします。底から流れる泥水が透明な水になるまで水遣りをします。

植え付け 後
植え付けをした後の管理は、明るい日陰で1週間ぐらい様子をみます。毎日水遣りをしましょう。葉がない状態では、植え付けが成功したか?確認することは難しいです。花芽や葉芽の様子を見て、判断することになります。

切り口
小梅の苗木は、とても小さいです。現処分品で、枯れていないかを確認するために、先端を切ったみたいです。切り口が新しく、まだ枯れていませんでした。半分くらいの大きさに切られたと思います。

梅は丈夫な樹木で、剪定して枯れることは少ないですが、切り口癒合剤を塗りました。100グラム入りのトップジンMを購入しているので、できるだけ使うようにしないと、なかなか減りません。

庭木などの大きな樹木の切り口に使うと、すぐに減りますが、鉢植えの樹木しかなく、切り口が小さいので、使用量が少ないです。2年前に購入して、ほとんど減っていません。

もっと少量の癒合剤がありましたが、価格が同じくらいでした。1つ持っていれば、安心できます。1キロ入りがありますが、大きな庭木があれば必要になる量なのだろうか?

梅の苗木の植え付け後、1年目の様子

軒下
植え付け後は、直射日光の当たらない軒下で管理しています。

枝
2本しかなかったが、もう1本増えて、新しい芽吹きもあります。植え付けが成功したことが確信できます。

葉
葉が芽吹いてきました。現品処分品の苗木でしたが、葉が芽吹いてくれたら問題は、まったくありません。

枝 葉
が増えて、たくさんの葉があります。樹形は悪いですが、元気よくが伸びています。

鉢の大きさが7号(直径21センチ)なので、このくらいの樹高がバランスがよいです。花を楽しむなら、このまま7号の鉢で栽培して、樹形を作ります。

小梅なので、梅の実を食べたい場合は、もう少し大きな鉢にして、大きく育てるほうがよいです。梅の実がなるまでには、3~5年ぐらい栽培して大きく成長する必要があります。

葉が芽吹いてからは、水遣りをするだけです。春と秋は1日に1回、夏は朝と夕方に2回します。冬は2~3日に1回、表面の土が乾いたら水遣りをします。肥料は、余っていた野菜用の肥料を春と秋に、土の表面にまきました。


梅の鉢植えの2年目に向けて

梅の葉
小梅の鉢植えの秋(福岡県で10月)の様子。梅の葉は、夏に丸まってしまうことが多いので、葉だけの状態は美しくありません。

寒くなると、葉の色が黄色くなって落葉します。落葉している間の12月~1月が剪定をする時期になります。

1年目の苗木は、太い枝を3本ぐらい残して、残りの枝は根元から切ります。剪定する枝がたくさんあります

挿し木
成長して、たくさん増えた枝を剪定することは、もったいない気がします。剪定した枝を挿し木にする方法があります。挿し木は春から夏の暖かい季節にします。冬の寒いときに挿し木をしても根が出ません

梅の挿し木の成功率は低いです。品種にもよりますが、簡単ではありません。どちらかというと、とても難しいです。

梅の盆栽小さな鉢植えがほしいので、どうしても剪定するべき枝をあきらめることができません。冬に剪定をしないことにしました




梅を取り木で増やすことにチャレンジ

針金
梅を増やす方法として、取り木をすることに決めました。取り木は、簡単に説明すると、枝の途中から根を出させて、その枝を切って土に植え付けます

取り木は、枝の樹皮をカッターで削り、ミズゴケなどで水分を補給して、根が出ることを待ちます。環状剝皮(かんじょうはくひ)をよく使います。

小梅の鉢植えの枝は細く、環状剝皮は、ちょっと難しいので、針金を使った針金結束によって、根が出るようにします。

カルス
枝から根が出るようにするためには、カルスが必要です。カルスは、癒合組織のことで、幹や枝の傷ついた部分に盛り上がって発生する細胞集団です。分裂・増殖を繰り返し、やがて分化してそれぞれの組織をつくります。

カルスができると、そこから分化して幹、枝、根などになります。暗くて湿った状態では、根の組織を作ります。傷ついた部分を作るために、環状剝皮針金結束を使います。

針金結束
枝に針金を巻いて、食い込むように針金を強くねじります。傷つくことでカルスができるので、枝に傷ができるまで強くねじります。

針金結束は、失敗しても枝が枯れることがありません針金結束の失敗は、枝への食い込みが小さくてカルスができないか、できたカルスが針金の下の部分の枝まで成長して、つながると枝になって根は出ません。

針金の上の部分の枝が膨らんでカルスができてきたら、ミズゴケや土で覆います。水分を与えて、保湿すると根が出ます。根が出るまでの期間は、樹木の種類や気候などによって違います。

梅の苗木を鉢植えにして花を楽しむ 1年目のまとめ

梅の鉢植え
秋になり、これから梅の鉢植えは、葉の色が黄色になって、葉が落ちます。幹と枝だけの状態で冬を過ごして、2月には花を楽しむことができます。

植え付けて1年目は、枯れないことが一番の目標でした。猛暑の夏の水遣りは大変でしたが、大きく成長した梅を見ると、来春の花がとても楽しみです。

春の植え付けから1年目の成長の様子は、ここまでです。来春に花が咲いた様子は、この記事に追記する予定です。福岡県は積雪が少なく、最低気温も低くないので、冬の管理も楽で、屋外に置いたままです。 

いろいろな樹木を鉢植えにして飾って、季節を感じることを楽しみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク