姫トクサの育て方:和風のビオトープやミニ盆栽にして楽しむために株分けして植え付ける


姫トクサ 育て方

姫トクサの苗

姫トクサ 草丈
姫トクサをホームセンターで購入しました。メダカブームの影響でホームセンターや園芸店で販売される水草の種類が増えています

インターネット通販で購入を検討したことがありますが、送料が別途に必要になるので高くなります。他の商品とまとめて購入するときならよいですが、1つの水草だけで購入はおすすめできません。

姫トクサ、現物を見ると購入意欲が湧きます。極細の茎が清涼感があり、和風のビオトープにとてもよく似合います。値段も安かったので、よい買い物ができました。

普通のトクサを栽培していますが、草丈が大きくなるデメリットがあるので、小さいビオトープにレイアウトすることができません。

購入した姫トクサ草丈は15センチぐらいと小さくメダカの飼育によく使うNVボックスにレイアウトできます。



姫トクサ 小さい苗
姫トクサは直径6センチぐらいのプラスチック製のポットに植えてあります。小さな苗ですので、株分けして増やすことにします

メダカのビオトープは大きなプラ舟やNVボックスなど合計7個あるので、増やしてもレイアウトするビオトープに困ることがありません。

姫トクサの栽培は初めてですので、猛暑の夏や寒い冬で枯れる可能性があります。複数の鉢に分けることで枯れるリスクを減らすことができます。

姫トクサ 化粧砂
購入した姫トクサは白い化粧砂が敷かれ、このままの状態でレイアウトできます。化粧砂は見栄えがよくなるアイテムですが、土の乾き具合がわからないデメリットがあります

姫トクサ ポット
プラスチック製のポット2重構造で、水を貯めることができるようになっています姫トクサに適した栽培環境は、湿った土の状態や根元まで水の中に入れる抽水です。

栽培しやすいポットで親切な商品です。水を貯めていれば、化粧砂で土の乾き具合が分からなくても枯らす心配がありません。

姫トクサ ラベル
Equisetum(エクィスィータム)Variegatum(バリエガタム)は、姫トクサの学名です。姫トクサは、ヒメドクサ、チシマヒメトクサ、姫砥草、姫木賊などと表記されることもあります。

植物の苗のラベルは保管しても紛失するので、写真で保存することにしています。グーグルフォトでラベル用のアルバムを作ることで分類できます。

ラベル 育て方
ラベルの裏には簡単な育て方が記載されています。半日陰がよく、肥料は少量でよいのでビオトープにレイアウトするなら必要ないです。メダカの排せつ物がよい肥料になります

トクサ 姫トクサ
左の黒い四角い鉢は普通のトクサです。一直線に上に伸びる茎が特徴です。同じ形をしていますが、雰囲気が異なります。姫トクサは茎が極細であるため柔らかく、根元から上に向かって広がっています

姫トクサ 茎
上か姫トクサ、下が普通のトクサです。姫トクサは極細で直径が1~1.5ミリぐらいしかありません。普通のトクサは空洞になっていますが、姫トクサは空洞ではありません

姫トクサを株分けして植え付ける

姫トクサ 株分け
購入した姫トクサは小さな苗ですが、2つの鉢に株分けして植え付けます。姫トクサは、メダカのビオトープにレイアウトする以外にミニ盆栽としても楽しめます。

小さな鉢なら増えても置く場所に困ることがありません。小さな鉢植えやミニ盆栽なら鉢受け皿に水を入れて管理すると水切れする心配がありません

小さな鉢は根詰まりしやすいですので、2年に1回ぐらいで株分けすることをおすすめします。

姫トクサを植え付ける鉢

姫トクサ 陶器の鉢
陶器の鉢は100均で購入しました。メダカのビオトープ水草や樹木の栽培で、たくさんの鉢が必要になるので少しでも安いほうがありがたいです

9センチ角の鉢、黒色で汚れが目立たないのでメダカビオトープに使いやすいです。水草の緑色が映えます。

姫トクサ プラスチック製の鉢
プラスチック製はアップルウェアーのプレステラ90型です。10ヶ組で価格が安く、黒色ですのでビオトープにレイアウトすることができます

ホームセンターや園芸店ではモスグリーンが多く、ブラックが販売されていることが少ないです。インターネット通販で送料を無料になるように他の商品を購入するときに、一緒に注文しています。

鉢底ネット
陶器の鉢は底に穴がありますので、用土が流れ出ないように鉢底ネットを敷きます。100均で大きなサイズで販売されているものを必要な大きさに切って使います。

鉢底ネット 針金
鉢底ネットが動かないように針金で固定します。一般的ではありませんが、盆栽では必ずする作業です。水草の鉢には必要ないですが、いつもしている作業ですので念のために固定します。

姫トクサの植え付ける用土

赤玉土 小粒
姫トクサの植え付けに使う用土は赤玉土の小粒ですメダカビオトープ赤玉土を使うことが多く、飼育水の水質に影響がなく、姫トクサの栽培に適しています。

フルイ
小さい姫トクサも非常に細いですので、用土の粒も小さいほうがよいです赤玉土の小粒をフルイを使って粒を揃えます。フルイは100均で購入した細目と粗目を使いました。

用土 容器
用土は、100均のフタ付き容器で保管すると便利です。袋のままでなく容器に入れることで、縦に積むことができスペースを有効に利用できます

極小粒 小粒
左が極小粒、右が小粒です。小さな粒で揃えるとが均等に成長します。安い赤玉土でも、ひと手間かけることで栽培環境をよくすることができます

鉢底石
小粒は鉢底石として使います。鉢の底のほうは粒が大きいほうが水はけ(排水性)がよくなります鉢底石は、底から2~3センチぐらいまで入れます。

スリット
プラスチック製の鉢は細い縦のスリットが見えなくなるまで、赤玉土の小粒を鉢底石として入れました。

植え付ける鉢
姫トクサ株分けして植え付ける鉢の準備ができました。植え付けで一番注意するポイントはを乾燥させないことです。植え付ける鉢の準備をしっかりすることで、植え付けがスムーズにできます。

姫トクサの株分け

株分け ハサミ 竹串
姫トクサの苗を株分けするために必要な道具は、ハサミ竹串ですハサミは水草は茎も根も硬くないですので、文房具のハサミで大丈夫です。さびにくいステンレス製で100均などの安いハサミで十分切れます。

竹串はビオトープの水草ミニ盆栽の手入れでよく使うアイテムです。適度な硬さでを傷つけることがありません

化粧砂
購入した姫トクサの苗は化粧砂が敷かれています。

化粧砂 竹串
貧乏性なので化粧砂竹串で取り除き、保管することにしました。

化粧砂 取り除く
キレイに化粧砂を取り除くことができました。

化粧砂 保管
化粧砂は乾かしてビニール袋に入れて保管します。ミニ盆栽を栽培していますので、使うことがあるかもしれません。

鉢底
を鉢から取り出すときは、鉢底を確認しますが鉢底から出ていると取り出すときに、が切れます。

苗 横
小さなですので、横向きにすると鉢から取り出しやすいです。汚れないように鉢受け皿の中で作業するとよいです。

苗 取り出す
を引っ張ると簡単にを鉢から取り出すことができました。

苗 根
苗のの状態は、あまりよくありません。土の中にがなく、土と鉢の隙間に極細のがたくさんあります。

株分け ハサミ
をバラバラにすることが難しい状態です。このようなときは、思い切ってハサミを切ります。は鉢に沿って円を描くように横方向に伸びているので、ハサミで縦方向に切ります

株分け 半分
姫トクサの苗を半分に株分けしました。豪快な方法ですが、中途半端に土を崩すよりを傷つけることがありません

苗 根
断面をよく観察すると、土の中にがありません。土を崩すとが切れるので、このままの状態で植え付けます

株分け 4つ
姫トクサは半分に切ったものを、もう一度半分にして4つ株分けしました。

姫トクサの植え付け

プラスチック製の鉢 植え付け
プラスチック製の鉢に茎の量が少ないを植え付けます。

赤玉土 極小粒
赤玉土極小粒を隙間に入れます。

竹串 用土
姫トクサの茎を引っ張って、の向きを調節します竹串で突いて用土が隙間なく入るようにします。

植え付け 水遣り
植え付けの仕上げは水遣りです。鉢底から透明な水が流れるまで、たっぷり水を与えます

植え付け 陶器の鉢
陶器の鉢のほうが大きいですので、大きなを2つ植え付けました。

赤玉土の極小粒
赤玉土極小粒を入れました。の根の状態がよくなったですが、植え付けが無事にできました。

が今後どのように成長するか?少し心配です。は土の中ですので見ることができません。次の植え替えのときに確認することができます。

姫トクサの植え付け後の管理

姫トクサ 植え付け後
植え付け後の姫トクサ。少し広げて植え付けたことが原因か?茎が広がって伸び、無残な姿です。茎の向きを修正するために竹串を用意しました。割りばしなどでも大丈夫です。

麻ひも 針金
麻ひも、針金で姫トクサの茎を固定します。

修正
が安定するまで、竹串麻ひもで茎を修正します。

陶器の鉢 修正
陶器の鉢の姫トクサの茎も修正しました。

植え付け後
植え付け後は明るい日陰で1週間ぐらい管理しますが安定していないですので水切れしやすい状態です。鉢受皿容器に水を入れて水切れ対策をします。



株分けした姫トクサの今後

姫トクサの苗は2020年7月18日に株分けして植え付けました。今後の成長の記録は、この記事を更新します

落ち着いたらメダカのビオトープにレイアウトする予定です。姫トクサは春から秋まで楽しむことができ、冬は枯れるようですが、福岡県は冬も温暖ですので、12月ぐらいまで緑があればうれしいです。

次回は夏の猛暑の様子を更新する予定です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :