ミニ盆栽の水遣りに適した如雨露(じょうろ):ハス口の製作


じょうろ 如雨露 ミニ盆栽
ミニ盆栽に毎日の水遣りに絶対必要な道具である如雨露(じょうろ)。

ミニ盆栽水遣りに適した如雨露(じょうろ)をホームセンターや園芸店、ネット販売など、探しましたが、限りあるの予算内で納得できるものが見つけることができませんでした

水遣りミニ盆栽の毎日の楽しみですので、使いやすい如雨露(じょうろ)がどうしても必要です。

ミニ盆栽用の如雨露(じょうろ)を自作することにしました。すべてを自作すると、材料や道具などで多くの費用が必要になりますので、市販の小さな水差しをベースにハス口だけを自作します

ミニ盆栽に適した如雨露(じょうろ)とは

ミニ盆栽は樹高20センチ、鉢の大きさが3号(直径9センチ)ぐらいまでの小さな盆栽です。盆栽用の如雨露(じょうろ)が適していますが、盆栽園や多くの盆栽を所有する愛好家向けの商品が多いです。

たくさんの盆栽にたっぷり水を与えるために、容量の大きな如雨露(じょうろ)が多く、4~6リットルが定番のサイズです

ミニ盆栽用の小さい如雨露(じょうろ)を1つだけ見つけることができました。容量が1.8リットルで銅製、世界で称賛される根岸産業の商品です。


予算に余裕のある場合は、日本製で耐久性が高く、長期間使用できますので、おすすめです。

ハス口の部品

ジョイント
ノズルの先端に取り付ける部品を見つけました。給湯管の部品です。

商品名がメーカーによって異なり、銅管レデューサー、銅管継手異径ソケット、異径銅ソケットなどです。


給湯の銅管はサイズが規格がありますので、どのメーカーでもサイズは同じです。大きいほうの外径が15.88ミリ、小さいほうの内径が8ミリの異径ジョイントです

内径 確認
内径を確認すると8ミリです。

ハス口 部品
外径8ミリの給湯用の銅管に取り付ける部品ですので、キレイに取り付けることができます。水漏れしないぐらい、よい感じでフィットしています

8ミリ
内側から確認すると、隙間がなく、挿すだけで取り付けることができます。

外径
異径ジョイントですので、大きいほうは外径が15.88ミリあり、ミニ盆栽用のハス口に適したサイズです。

ハス口 部品
銅管キャップです。内径15.88ミリで異径ジョイントに取り付けることができます。


キャップ
パイプに取り付けるキャップですが、金属の銅製で加工しやすいメリットがあります

外径18ミリ
外径は18ミリぐらいで、とても小さいハス口になります。

高さ
高さは13ミリ。

取付
自作するハス口の部品は、給湯管の異径ジョイント銅管キャップの2つです。

盆栽用の高級品の如雨露(じょうろ)と同じ材質である銅製です。規格品ですので価格が安く、同じものを購入しやすメリットがあります

リッチェルのラウンド水さしに何も加工することなく、取り付けることができます。加工が少ないですので、簡単にハス口ができそうです。

ハス口の製作

ドリル
銅管キャップにドリルで小さな穴をたくさん開けて、ハス口を自作します。部品は2つで200円ちょっとでしたが、ドリルの刃は350円と高価です。

ドリルの刃は0.6ミリを選びました。小さくなるほど加工するときにドリルの刃が折れる可能性が高くなります

30個ぐらいの穴を開けたいですので、途中でドリルの刃が折れると、再度、購入する必要があり、コストが高くなります。

0.6ミリ
ハス口の穴が小さいほうが、柔らかい水の流れで、ミニ盆栽水遣りに最適です。0.4ミリのドリルの刃と最後まで悩みましたが、失敗する可能性が小さい0.6ミリを選びました。

うまくハス口が製作できたら、0.4ミリの穴に挑戦します。

銅管キャップ 文字
銅管キャップの穴を開ける部分に、サイズが表示されています。穴を開ける加工ができないので、削って平らにします。

ヤスリ
ヤスリで削って文字を消しました。

耐水ペーパー
耐水ペーパーの番手を少しずつ大きくして磨くとキレイになります。

光沢
耐水ペーパーの2000番ぐらいまで磨くとキレイな光沢が出ます。

穴あけ
小さなハス口に、0.6ミリの穴をたくさん開けるので、室内で作業しました。

穴 印
穴を開ける位置にキリで印をつけます。

ドリルの刃
0.6ミリのドリルの刃。とても細くて折れそうです。

電動ドリル
電動ドリルはコード付きの安いものです。ドリルの刃が折れないように、潤滑油を使用します。

ドリルの刃 セット
ドリルの刃を電動ドリルにセットしました。刃を長く出さないほうが折れにくいです

潤滑油
ハス口になる銅管キャップに潤滑油を塗ります。

穴あけ 慎重
最初の1つ目は、真ん中に慎重に開けました。0.6ミリと極細のドリルの刃ですが、考えていたほど難しくはなく、簡単に穴を開けることができました。

ドリルの刃 熱
連続して穴を開けると、ドリルの刃が熱を持って折れやすくなるので、休憩しながらゆっくり穴を開ける作業をします。

ハス口 完成
予定していた数より多くの穴を開けることができました。小さなハス口の完成です。

ハス口の小さな穴を開ける作業が難しいと考えていましたが、実際は、ゆっくり作業すれば大丈夫でした。

穴をもっと増やそうとすると、ドリルの刃を折りました。油断すると失敗します。

ミニ盆栽に適した如雨露(じょうろ)で水遣り

ハス口 組付け
穴を開けた銅管キャップ異径ジョイントを組み立てて、ハス口にします。分解できるので、ハス口の穴にゴミが詰まっても掃除できます

銅管キャップ 穴
銅管キャップがハス口に見えるようになりました。穴の位置をもっと均等にできるとよいです。今後の課題です。

水さし
リッチェルのラウンド水さしのノズルの先端に、製作したハス口を取り付けます。

如雨露 完成
ミニ盆栽水遣りに適した如雨露(じょうろ)の完成です。雨が降っていましたが、完成したことがうれしく、水が出る様子を確認します。

水の流れ
キレイに水が流れています。水がかかる範囲が狭く、ミニ盆栽に最適です。ハス口が小さいですので、ミニ盆栽の根元に水を与えれることがメリットです

0.6ミリの穴でも、柔らかい水の流れになっています。小さい0.4ミリで穴を開ければ、さらに柔らかい水の流れになる可能性があります。

難易度が高そうなハス口の製作ですが、サイズがちょうどよい部品を見つけることで、穴を開ける作業だけで、簡単にハス口を自作できました

ミニ盆栽の如雨露(じょうろ)の改良

盆栽用の如雨露
ハス口を製作したミニ盆栽の如雨露(じょうろ)で毎日、水遣りができるようになりました。

盆栽用の如雨露(じょうろ)は水を入れる所にゴミが入らないように網があります。盆栽を本格的にしていると、水を一度、水瓶などに貯めて常温にします。その水を如雨露に汲みます。

水瓶で貯めている間に水にゴミなどが入ることがありますので、如雨露(じょうろ)の給水口に、こし網が付属しています

一般的なハス口は分解できないので、小さな穴にゴミが詰まると、取り除くことが大変です。こし網が付属していると本格的な盆栽用の如雨露(じょうろ)に見えます。

給水口
リッチェルのラウンド水さし。給水口は円で直径55ミリ(5.5センチ)です。水差しを選ぶときに給水口もチェックしていました

こし網を付ける予定でしたので、給水口がキレイな円である水差しが最適です。リッチェルのラウンド水さしは、ミニ盆栽如雨露(じょうろ)のベースに最適です。

茶こし
こし網は、100均の茶こしが豊富なサイズがあり、価格が安く、最適です。

直径55ミリのサイズの茶こしを探します。表示してあるサイズより、実際に測ったほうが確実です。

ちょうどよいサイズの茶こしは、取っ手付きタイプでした。よく観察すると、取っ手は簡単に取り外すことができそうでしたので、購入しました。

サイズ
取っ手を付けたまま、給水口に合わせてみます。ちょうどよいサイズです。

取っ手
取っ手は白いプラスチック製で、ステンレス製の茶こしに3ヶ所、爪で固定してあります。爪がある部分に突起があるので、曲げると簡単に取り外せました。

分解
取っ手茶こしに分解できました。茶こしが交換できる親切な設計?

茶こし 測定
茶こしを測定すると、一番外側で直径65ミリ(6.5センチ)です。フチが5ミリぐらいあるので、55ミリから65ミリの給水口に適合します。

ラウンド水さし
リッチェルのラウンド水さしの給水口茶こしをセットしました。ちょうどよいサイズです。

キレイに
専用品のようにキレイに取り付けることができました。

サイズ
茶こしのサイズが本当にちょうどよく、逆さまにしても落ちません。

本物
本物の盆栽専用の如雨露(じょうろ)に少し近づくことができました。

ミニ盆栽の水遣りに適した如雨露(じょうろ)のまとめ

ミニ盆栽水遣りは、葉に水を与える葉水と根元に水をかけて用土に水を与える2つの目的があります

一般的な大きさの如雨露(じょうろ)は、葉水は問題ありませんが、根元の用土に水を与えることが難しいです。

ハス口が大きいですので、小さなミニ盆栽の根元を狙って水を与えることができません。

小さな如雨露(じょうろ)は作りが簡単な商品が多く、本格的なものがなかったので、自作することにしました。

ベースになる水差しは、容量が1リットルと少ないですが、1回の満タンにしてミニ盆栽6鉢ぐらいの水遣りに使用できます。

ハス口の製作では、理想的な部品を見つけることができたため、穴を開けるだけの作業で簡単にできました。

今後も、毎日、製作した如雨露(じょうろ)を使って、ミニ盆栽に水遣りをして改良します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :