チリメンカズラ(縮緬葛)の育て方:苗を植え替えてミニ盆栽を作り、小さな葉を楽しむ


チリメンカズラ 縮緬葛
チリメンカズラ(縮緬葛)の苗を盆栽園で購入しました。12月でしたので、小さな葉が美しく紅葉しています。

これから寒くなる12月、植え替えは樹に負担が大きいですので、暖かくなった春に植え替えをします。

チリメンカズラ(縮緬葛)は暖地性ですので、寒い冬は保護が必要です

寒さに弱い性質がありますので、冬の乾いた冷たい風が当たらないようにして、霜や積雪から保護するために、軒下や屋根のある場所で管理します。

寒さに当たると樹が枯れなくても、枝が枯れることがありますので、注意します。

チリメンカズラ(縮緬葛)の苗

チリメンカズラ 苗
暖かくなりましたので、チリメンカズラ(縮緬葛)の苗の植え替えをします。

紅葉していた小さな葉が、緑色に変わってきています。

直径
チリメンカズラ(縮緬葛)の苗は、直径6センチ(2号)のビニールポットに植えてあります。

幹が5~6本ありますので、株分けできそうであれば、別々ので育てたほうが成長が早くなります。

チリメンカズラ(縮緬葛)は、キョウチクトウ科テイカカズラ属の常緑つる性の低木。矮性品種ですので、普通の品種に比べると成長が遅い特徴があります

樹高
樹高は7センチくらいと小さいですが、横に広がっていますので、コンパクトにする必要があります。




チリメンカズラ(縮緬葛)の植え替え

チリメンカズラ 植え替え
大きな鉢に植え替えをして、チリメンカズラ(縮緬葛)を成長させます。

ミニ盆栽にするために必要なことは、幹を太くすること、枝を増やすことの2つです。枝は、間延びすることなく、節の間隔が詰まった状態がよいです。

植え替えのための新しいは、プラスチック製のです。アップルウェアーのプレステラ105型にしました。

植え替えの適した時期は、朝晩の冷え込みがなくなった5月上旬から中旬ぐらいです。小さな若木は毎年、成木は2年に1回、植え替えをします。


チリメンカズラ(縮緬葛)の用土

チリメンカズラ 用土
チリメンカズラ(縮緬葛)の用土は、小粒の赤玉土桐生砂8:2の割合で混ぜて作ります。

桐生砂は価格が高いですので、軽石を使っています。軽石は価格の安いボラ土(日向土)を使いました。

排水性(水はけ)がよい用土ができます用土の配合は、地域の気候や育てる環境によって異なりますので、いろいろな用土を試してみることも楽しみの一つです。

桐生砂の代わりに軽石を使って、いろいろな樹を育てていますので、安心して使うことができます。

均一
均一になるように混ぜます。

鉢 用土
チリメンカズラ(縮緬葛)を植え替える鉢に用土を入れます。

プレステラ105型は、底にスリットが多く設置され、のサークリング現象を防ぎ、排水性(水はけ)がよいですので、鉢底石が必要ありません。

3分目
鉢の高さの3分目ぐらいまで用土を入れて準備しました。

プレステラ105型は、段差まで用土を入れるとウォータースペースができますので、分かりやすいです。


チリメンカズラ(縮緬葛)の苗の準備

道具
チリメンカズラ(縮緬葛)の苗をビニールポットから取り出して、植え替える準備をします。

必要な道具は、ハサミ竹串です。ゴミなどを取り除くためにピンセットがあると便利です。

鉢受け皿などの容器の中で作業をすることで、土で周りを汚すことがなく、後片付けが簡単になります。

底
苗をビニールポットから取り出す前に、底を見て、が出ていないか?確認します。

がたくさん出ていますと、引っかかって苗をビニールポットから取り出すことができません。無理に引っ張ると、が途中で切れますので、底から出たがあれば、ハサミで切ります。

横向き
チリメンカズラ(縮緬葛)の苗を横向きに置きます。

ビニールポット
ビニールポットを取り除きました。

根
がたくさんあり、詰まっています。根詰りの状態です。

底のが行き場を失って、上向きに伸びています。このような根詰りの状態では、樹が成長することができません

竹串
竹串を使って根鉢を崩します。

根詰りしていますので、根鉢を崩すことが大変です。竹串は素材が竹で、適度な硬さですので、根を傷つけにくい便利な道具になります。

根 切らない
どのくらいが伸びているか?確認するために、を切らないように根鉢を崩しました。

普通は、根鉢の底から三分の一ぐらいでハサミで切り落とします。

根洗い
チリメンカズラ(縮緬葛)の苗は、株分けできそうでしたので、を切らないために水でキレイに洗う根洗いをしました。

土が完全になくなりますので、の状態を確認しやすくなります。

長く伸びた根
必要のない長く伸びたをハサミで切ります。

株分け
をほどいて株分けをします。によっての量が分かりませんので、を切らないように慎重に作業しました。

3つの株
チリメンカズラ(縮緬葛)の苗を3つのに、株分けすることができました。

植え替えのためにを3つ準備して、3つの株を別々の鉢に植え付けました。が絡むことがありませんので、成長がよくなることが期待できます


チリメンカズラ(縮緬葛)の植え替え後の管理

水遣り
植え替え後は、すぐに水遣りをします。鉢の底から透明な水が流れるまで、たっぷり水を与えましょう。

明るい日陰
直射日光が当たらない明るい日陰で管理します。1週間ぐらい、様子をみて、葉が萎れるなどの異常がなければ、少しずつ日の当たる場所に移動させます

チリメンカズラ(縮緬葛)は、日の当たる場所で育てます。半日陰でも育てることは可能ですが、苗からミニ盆栽を作りますので、早く成長させたいです。

夏の直射日光で葉焼けすることがありますので、真夏の西日に注意が必要です


チリメンカズラ(縮緬葛)の今後

植え替えをした苗を成長させて、ミニ盆栽ができるまでの様子をこの記事を更新して記録します

幹を太らせて、枝を増やすことが目標です。春から秋は肥料を与えて、剪定をする作業があります。

どのくらい年数が必要か?分かりませんが美しいミニ盆栽ができるように育てていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :