小藤の育て方:花が咲かない藤である小藤を小さな鉢植えで育てる


小藤
が咲かない藤である小藤育て方について記録した記事です。

小藤は、名前の通り、小さな藤です。葉が小さく、ミニ盆栽に最適な藤ですが、が咲かないと言われています。 

大きくすれば、が咲くと記述したものを見ることがありますが、画像はなく、信憑性がありません。

激安園芸店で、少し大きな小藤の苗木を見つけました。大きく育てれば、が本当に咲かないのか?確認することができ、挿し木で増やして、ミニ盆栽の素材を作ることもできますので、購入しました。


小藤の育て方

小藤 育て方
小藤は、藤の矮性品種になりますので、育て方の基本は藤と同じです。

藤はツル植物で、日本原産です。耐寒性や耐暑性は普通ですが、水を好みますので、暑い夏の水切れに注意が必要になります。

育てる環境

日当たりのよい場所が適しています。葉が多く茂りますので、風通しがよいと病害虫の発生を防ぐことができます。

水切れに弱い性質がありますので、暑い夏は夕方の西日に注意して、半日陰で育てるとよいです。


用土

少し湿り気があるくらいの用土が適しています。赤玉土に堆肥や有機質を混ぜて、肥沃な用土にします。

通気性、水もちをよくするために、川砂や鹿沼土を配合します。


水遣り

藤は水を好む樹ですので、水遣りに注意が必要です。

春と秋は、1日1~2回、暑い夏は1日2~3回、寒い冬は落葉していますので、3~4日に1回ぐらいが基本になります。水切れに注意して管理します

水遣りができないときや暑い日は、鉢受け皿に水を入れて腰水で管理するとよいです。水につけた状態が長くなると、根腐れしますので、夜の涼しい時間は水から出します。


植え付け・植え替え

藤は、暖かくなって芽吹く前の2~4月が植え付け植え替えに適した時期になります

根先を切らずに、長く伸びた根は巻いて植えます。鉢植えは、2~3年に1回ぐらいの頻度で植え替えるとよいです。


育て方のまとめ

藤の育て方と同じで大きな問題はありません。藤を鉢植えで育てている記事に詳しい育て方がありますので、参考にして下さい。
関連記事

小藤は、普通の藤よりも葉が小さいですので、鉢植えの場合は、水切れに注意することが大切です。

鉢を置く場所を変えるだけで乾き具合が変わりますので、いろいろな場所に置いて試してみるとよいです。




小藤の植え付け・植え替え

小藤 苗木
購入した小藤の苗木は、直径10.5センチ(3.5号)の柔らかいプラスチック製の鉢に植えてあります。

この状態で育てることができますが、見た目がよくなく、の状態が心配ですので、新しい鉢に植え替えをします。

苗木を新しい鉢に植え付けて、小藤を小さな鉢植えで育てます。


小藤の苗木

樹高
小藤の苗木は、樹高15センチ以下と小さいです。ミニ盆栽はもっと小さいですので、育てることは難しくありません

幹
幹は、少しだけ曲げがあります。芽吹きがよいですので、緑色の新しい枝が根元近くにありますので、立て替えて小さくすることができます。

葉
の状態を確認すると、水切れはしてないようです。


小藤の鉢の準備

小藤 鉢
小藤の新しい鉢は、長方形の泥鉢にします。

駄温鉢では見栄えがよくありませんが、ちょうどよいサイズの陶器の鉢が少なく、泥鉢にすることにしました。

鉢 横
鉢の横の内寸は13センチ。

鉢 縦
縦の内寸は8.5センチになります。長方鉢の4.5号か5号になります。

鉢 雰囲気
小藤の苗木をプラスチック製の鉢のまま、新しい鉢に入れると、植え付けたときの雰囲気がイメージできます。

樹と鉢のサイズのバランスはよさそうです。

鉢底ネット
は大きなが2つありますので、鉢底ネットをセットします。大きく切り、をは2つですが、鉢底ネットは1枚だけにします。

鉢底ネット 針金
鉢底ネットは針金で固定しました。

底
鉢底ネットを固定した針金の先端を曲げて、ずれないようにします。

針金 苗木
長方形の泥鉢は浅いですので、小藤の苗木を針金で固定します

30センチくらいの針金を鉢の底から2つのに通します。

2つの先端
針金の2つの先端を小藤の苗木のに巻き、固定します。

針金 ねじる
鉢の大きな2つのを通していますので、ねじって鉢に固定するとよいです。

鉢底石
排水性(水はけ)がよくなるように、鉢の底に鉢底石を敷きます。

ボラ土
底が見えなくなるくらい(1センチぐらい)、鉢底石を敷きました。

使った鉢底石は、ボラ土(日向土)の小粒になります。軽石のような用土です。


小藤の苗木の準備

苗木 道具
小藤の苗木を新しい鉢に植え付けるために、プラスチック製の鉢から取り出して、の状態を確認します

剪定をして、新しい鉢に植え付ける準備をします。

必要な道具は、ハサミ竹串です。ゴミなどを取り除くためのピンセットがあると便利です。

大きな鉢受け皿の中で作業すると、土がこぼれることがなく、、周りを汚す心配がありません。

横向き
小藤苗木を横向きに置いて、プラスチック製の鉢を取ります。

根鉢
根鉢の状態になりました。

根の状態
の状態を確認すると、太くて長く伸びているがありました剪定をする必要があります。

長く伸びた根があると、徒長枝が発生しやすく、樹形を乱す原因になります。

藤は太いを切られることを嫌いますので、一度に短く剪定することは危険です

藤の植え付け植え替えに適した時期は、芽吹く前の2~4月です。苗木を購入して。植え付けているのは、6月14日になります。

時期が適していませんので、剪定をあまりしないで、樹に負担が小さい簡単な植え替えをしようと考えていました。

表面の土
最初に根鉢表面の土を崩して、取り除きます

水遣りや雨で、表面の土は汚れて、固まっています。固まると水通りが悪くなります。表面の土を取り除くことで水通りを改善することができ、幹の根元を少し見えるようにすると、雰囲気がよくなります。

根元
幹の根元が太くなっている部分が少し見えるように植え付けます。

不要な根
不要なはハサミで根元で切ります。

根元 幹
幹の根元がよい雰囲気になりました。

根鉢 高さ
表面の土を取り除きましたので、根鉢の高さが小さくなり、新しい鉢に植え付けることができます。

問題の太いが長く伸びている部分は、先端だけを切り、これ以上長く伸びないようにします

先端だけ
太いの先端をハサミで少しだけ切り、剪定しました。

根の剪定
太いがこれ以上伸びることはありません。

根 先端
剪定した太いの先端。細いが長く伸びていますので、剪定しないと太い部分が増えていきます。

苗木 準備
根鉢が小さくなり、小藤の苗木を新しい鉢に植え付ける準備ができました。


準備した鉢に植え付け

植え付け
苗木を準備した新しいに入れます。根鉢を崩して剪定しましたので、キレイに配置できました。

針金 固定
根元のに針金を巻き、樹を固定します

用土
小藤の苗木の用土は、状態は悪くないですので再利用します。ピンセットでゴミや切れたを取り除きました。

植え付け植え替えの時期でないですので、用土を変えないことで樹の負担を小さくします。

用土 鉢
用土を鉢に入れます。

根 隙間
の間に用土が入るように竹串で突きながら入れます。用土に隙間ができないようにします。

植え付け 完成
小藤植え付けが終わり、鉢植えが完成しました。長方形の泥鉢で、よい雰囲気になりました。


小藤の鉢植えの管理

水遣り
小藤植え付け後は、すぐに水遣りをします。鉢の底から透明な水が流れるまで、たっぷり水を与えます

鉢の中を水が流れることで、用土の隙間がなくなり、安定します。

明るい日陰
植え付け後の1週間ぐらいは、直射日光が当たらない明るい日陰で管理します

葉が萎れるなどの異常がなければ、少しずつ日の当たる場所に移動させます。


小藤の小さな鉢植えの今後

小藤 今後
梅雨入りした6月14日に、小藤植え付けをしました。

小藤の小さな鉢植えの今後の様子は、この記事を更新します

雨が多く、湿度の高い梅雨時期は、水を好む藤が成長する時期になります。梅雨明け後の暑いの管理の様子。

涼しくなったに、不要な枝で挿し木にチャレンジしてミニ盆栽の素材を作ります。

寒くなったは、落葉しますので、剪定をして、冬越しの様子を記録します。

小藤が咲くか?確認することも大切です。

小さな葉で涼しい雰囲気を楽しむ小藤を小さな鉢植えで育てます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :