プリムラ・ジュリアンの育て方:晩秋から春まで次々と咲く美しい花を楽しむ


 
プリムラ・ジュリアン
プリムラ・ジュリアンは、サクラソウ科サクラソウ属(プリムラ属)の多年草です。暑さに弱いため、日本の気候では夏越しが難しく、一年草として扱われています。

原産地はヨーロッパで、学名はPrimula Polyanthus Group(Primula × juliana)です。

プリムラ・ジュリアンは、も株も小さいことが大きな特徴。プリムラ・ポリアンサと小型の品種のプリムラ・ジュリエを交配させて、日本で作られた園芸品種になります。

ジュリアンは、プリムラ・ポリアンサの園芸品種になりますが、花も株も小さく、寄せ植えなどで人気が高くなり、ポリアンサと区別して、プリムラ・ジュリアンと表記するようになりました。

人気が高くなると、いろいろなの色が販売されるようになり、の形も「フリル咲き」「バラ咲き」など種類が豊富です

晩秋の11月~春の4月頃までが咲き続けますので、寂しくなる寒い冬に、おすすめです。

小さながたくさん咲くプリムラ・マラコイデスを育てています。同じプリムラですが、雰囲気が大きく違います。
関連記事



プリムラ・ジュリアンの苗

草丈
プリムラ・ジュリアンの苗の草丈は、7センチぐらいです。は大きいですので、地植えすれば、草丈が15センチぐらいまで大きくなります

小さいほうが管理が簡単ですので、大きく成長しないように、小さな鉢植えで育てます。


3号
直径9センチ、3号の小さなビニールポットに植えられています。






葉
が元気で色がよい苗を選びましょう。黄色に変色しているがないほうがよいです。

は次々と咲きますが、の芽吹きは少ないですので、の状態をしっかり確認して下さい。

が2輪ありますが、気にしなくても大丈夫。下につぼみがたくさんありますので、株の状態がよければ、たくさんが咲きます。



プリムラ・ジュリアンの小さな鉢植え

小さな鉢植え
プリムラ・ジュリアンは、草丈が15センチぐらいまで成長する多年草です。大きく成長すると、管理が大変になりますので、小さな鉢植えで育てます

小さな鉢植えで育てることで、管理が簡単になります。

日当たりを調節するために場所を移動したり、植え替えをしたり、小さな鉢植えは簡単にできます。

プリムラ・ジュリアンは、寄せ植えに、よく利用されますが、単独で育てて夏越しにチャレンジします。


プレステラ
プリムラ・ジュリアンの鉢は、アップルウェアーのプレステラ105型にします。

ホームセンターや園芸店で10ヶ組で販売され、価格が安いですので、おすすめの鉢で

苗の植え付け植え替えをするときは、予備の鉢を用意します。株分けしたほうがよい場合や鉢のサイズを変更することがあります。

一回り小さなプレステラ90型もありますので、いつでも植え付け植え替えができるように、購入して鉢の予備を用意しています。


スリット
プレステラの大きな特徴は、側面から底にスリットが多く設置されていることです。

スリットによりの先端が光を浴びて、伸びることができなくなります。

鉢の底でが巻くサークリング現象を防ぎ根詰りすることなく、用土を有効に利用でき、植物が元気に成長できる鉢です。

小さな鉢植えで、プリムラ・ジュリアンを元気に育てることができ、根詰りを防止しますので、植え替えの頻度も少なくなります。


特許番号
プレステラは、底に特許番号が記載されています。

長いスリット
正方形の4つの角に長いスリット


短いスリット
4つの辺の中央に短いスリット、合計8ヵ所に設置されています。


仕切り
1辺に2ヶ所、合計8ヵ所に仕切りがあり、が鉢の底に沿って伸びることを防ぎます。

スリットだけでなく、仕切りを設置することで、完全に鉢の底でが巻くことを防ぎます。


ウォータースペース
段差まで用土を入れると、ウォータースペースができ、水遣りが簡単になります

プレステラは、生産者向けの商品で、実績がありますので、プリムラ・ジュリアンを健康で丈夫に育てることが期待できます。

デメリットは、デザイン性がよくないことです。プラスチック製の鉢ですが、日本製ですので耐久性が高く、よい鉢です。


1辺9センチ
プレステラ105型は、1辺9センチの正方形の鉢です。

普通の円形の鉢の3号(直径9センチ)より、少し大きなサイズになります。


鉢の高さ
鉢の高さは8センチぐらい。



プリムラ・ジュリアンの用土

鉢底石
プレステラは、スリットが多く設置され、水はけ(排水性)がよいですので、鉢底石の必要がありませんが、スリットから用土が流れ出ることを防ぐために、鉢底石を敷きました。


用土
プリムラ・ジュリアンは、水はけと水もちのよい用土を好みます

ホームセンターや園芸店で販売されている普通の培養土で育てることができます。

用土を作る場合は、赤玉土の小粒と腐葉土7:3の割合で混ぜた基本の用土が適しています。


均一
赤玉土腐葉土が均一になるように混ぜます。


土入れ
鉢底石の上に用土を入れます。一度、土入れに入れると、用土がよく混ざりますのでおすすめです。

園芸用品のスコップ(ショベル)は、実用的ではありません。土入れのほうが使いやすいです。土入れは100均で大と小の2個セットで販売されています。


3分目
鉢の高さの底から3分目まで用土を入れて、プリムラ・ジュリアンの鉢の準備ができました。

植え付け植え替えは、最初に鉢の準備をします

土の中にあるは乾燥しやすいですので、短時間で植え付け植え替えをする必要があります。



プリムラ・ジュリアンの植え付け・植え替え

植え付け 植え替え
プリムラ・ジュリアンの苗を、鉢に植え付け植え替えをします。

必要な道具は、ハサミピンセット竹串です。

鉢受け皿の中で作業すると、周りを土で汚すことがなく、後片付けが簡単になります。

鉢受け皿は、100均でも販売されていますので、大きなサイズを植え付け植え替え用に購入するとよいです。

プリムラ・ジュリアン植え付け植え替えに適した時期は、少し涼しくなる秋の9月頃です



ビニールポットから取り出す

底 確認
最初に、底を確認します

がたくさん出ていますと、引っかかってビニールポットから取り出すことができません。


根 ハサミ
がビニールポットの底の穴から出ている場合は、ハサミで切ります。


根 安心
は少ししか出ていませんので、大丈夫ですが、念のためハサミで切り取りました。安心してビニールポットから取り出すことができます。


横向き
プリムラ・ジュリアンの苗を鉢受け皿の中に横向きに置きます。


底の角
ビニールポットの底の角を指でつまむように押すと、簡単に取り出すことができます。

手で引っ張り上向きに、ビニールポットから取り出すと、根鉢が崩れて落としたり、土がこぼれたりしますので、置いて作業すると失敗なくできます。


取り出す
プリムラ・ジュリアンの苗をビニールポットから取り出すことができました。



プリムラ・ジュリアンの根鉢

根鉢
プリムラ・ジュリアンの苗をビニールポットから取り出すことができ、根鉢の状態になりました。

根鉢は、苗木を鉢やビニールポットから取り出して、と土が固まって見えている状態のことです。


根の状態
根鉢の状態は、たくさん新しい白いがありますので、株は元気です。小さいビニールポットですので、土のない外側に、がたくさんあります。

プリムラ・ジュリアン根鉢の底を観察すると、底でが巻くサークリング現象が発生しています

土がなく、の塊になっていますので、水や栄養を吸収することができません。


三分の一
根鉢の底を三分の一ぐらいを崩して、一回り大きな鉢に植え付け植え替えすることが基本です。



根鉢を崩して、植え付け・植え替えの準備

表面の土
根鉢の表面の土は、水遣りで土の粒が崩れると、水通りと通気性が悪くなります

植え付け植え替えのときに、表面の土を崩すと状態がよくなり、見た目も改善します。

育てているときに、表面の土を崩すことを「中耕(ちゅうこう)」と言います。雑草を取り除き、水通りと通気性が改善しますので、おすすめです。


根元
竹串を使って、根鉢の表面の土を崩します。根元が見えるまで、根鉢の表面の土を取り除きました。

根元より周りの土が高くなっていることが多いですので、根元が一番高くなるように根鉢の肩の土を崩します。

も呼吸をしていますので、水はけ(排水性)と通気性が大切です。

鉢に植え付け植え替えをするときに、根元の位置を地表にしてあげましょう


枯れた葉
根元にある枯れたや黄色に変色したを取り除きます。


根鉢の高さ
表面の土を根元が見えるようになるまで崩したので、根鉢の高さが半分ぐらいになりました。

根元より上にある土は不要で、水通りや通気性が悪くなります


根鉢の底
根鉢の底は、がたくさんあります。

このままの状態で、植え付け・植え替えをすると、の成長がよくありませんので、軽く崩します。


根 ほぐす
底で巻いているをほぐして、長く伸びたハサミで切ります。

根鉢を崩して、鉢に植え付け植え替えをする準備ができました。



鉢に植え付け・植え替えをする

鉢 入れる
根鉢を崩したプリムラ・ジュリアン用土を入れて準備した鉢に入れます。


根元の位置
根元の位置を確認します。

プレステラ段差まで用土を入れますので、根元の位置が段差になるように調節します

高い場合は、3分目まで入れた用土を減らします。低い場合は用土を増やします。少し低いですので、用土を足しました。


根鉢 挿す
根鉢の中心部分を竹串で挿すと、水通りや通気性がよくなります。鉢の中に入れていますので、根鉢が崩れる心配がありません。


根鉢 隙間
根鉢と鉢に隙間がありますので、用土を入れます。

根鉢の土が細かく、保水性が高いですので、腐葉土を入れないで、赤玉土の小粒だけを隙間に入れました。


竹串 突く
の間に用土が隙間なく入るように竹串で突きます。赤玉土は粒状ですので、隙間ができやすくなりますので、注意が必要です。


用土 段差
竹串で突くことで、用土が減りますので、追加して、プレステラ段差の少し下まで入れました。


軽石
仕上げに軽石を敷きます。

軽石を敷くことによって、水遣りや雨で赤玉土の粒が崩れることを防ぎます


根元 過湿
プリムラ・ジュリアンが大きく、根元は影になりますので、コケが発生しやすいです。

軽石は乾燥しやすいですので、根元の過湿を防ぐ役割があります


小さな鉢植え 完成
プリムラ・ジュリアン小さな鉢植えが完成しました。

小さな鉢植えですので、いろいろな場所に飾ることができ、管理も簡単です。



プリムラ・ジュリアンの管理

水遣り
プリムラ・ジュリアンの苗を鉢に植え付け植え替えした後は、すぐに水遣りをします。

鉢の底から透明な水が流れるまで、たっぷり水を与えます

プリムラ・ジュリアン水遣りは、鉢の表面の土が乾いたら、たっぷり水を与えることが基本です。

大きなが密に茂っていますので、水差しを使って用土に直接、水を与えます。

春と秋は1日1回、暑い夏は朝と夕方の1日2回、寒い冬は2~3日に1回ぐらいが目安になります。

が咲く期間は、水切れに注意が必要です。水切れするとが傷みます

鉢の乾き具合は、鉢を手に持ち、重さで判断するとよいです。小さな鉢植えは簡単にできます。

寒い冬でも、乾いた風で1日で乾いたり、小春日和で暖かい日があったりしますので、1日1回は、乾き具合を確認するようにしましょう。


明るい日陰
植え付け植え替えした後の1週間ぐらいは、直射日光が当たらない明るい日陰で管理します

が萎れるなどの異常がなければ、少しずつ日の当たる場所に移動させます。

プリムラ・ジュリアンは、日当たり・風通しの良い場所で管理します。

耐暑性は弱いですので、暑い夏は雨が当たらない半日陰で、風通しのよい場所で管理します。

耐寒性も弱く、氷点下になるとが傷みますので、保護が必要になります。温暖な地域でも霜にあたると枯れますので、寒い冬は軒下などで管理してください。

冬が冷たい風にあたると、傷みやすいですので、注意しましょう。



プリムラ・ジュリアンの育て方のポイント

  • 日当たり・風通しがよい場所で育てる。
  • 水はけと水もちのよい用土を好む。市販の培養土、または赤玉土と腐葉土を7:3で配合。
  • 水遣りは、表面の土が乾いたら、たっぷり水を与えます。
  • 肥料は花が咲く時期に、緩効性化成肥料を与えます。
  • 冬は枯れないように保護。夏越しは難しいです。
  • 植え付け植え替えは、秋の9月が適しています。

プリムラ・ジュリアンは基本を大切にすれば、初心者の方でも育てることができます。鉢植え根詰りしないように、2~3年に1回、秋に植え替えをします。

耐暑性が弱く、夏越しが難しいですので、が咲く晩秋から春までの一年草として育てるほうが簡単です。

株を大きく成長させたい場合は、二回り大きな鉢に鉢増しをするとよいです。



プリムラ・ジュリアンの今後

12月20日に、プリムラ・ジュリアンの苗を鉢に植え付け植え替えしました。

九州地方の福岡県の平野部で育てています。温暖な気候ですので、植え付け・植え替え後の管理をしっかりすれば大丈夫です。

プリムラ・ジュリアン今後の様子はこの記事を更新します

最初の目標は、春まで美しいを楽しめるように育てることです。

1年間の育てる様子を記録します。

プリムラ・ジュリアン以外のプリムラも育てています。
関連記事




スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :