ギンモクセイの挿し木を成功させるポイント:剪定した枝を挿し穂にして、挿し木にチャレンジ


 
ギンモクセイ 挿し木
秋に、白色の小さながたくさん咲くギンモクセイ

ギンモクセイ鉢植えで育てています。コンパクトな株で、小さな鉢植えを目指していますので、剪定をする必要があります。

剪定した枝を挿し穂に使い、ギンモクセイ挿し木にチャレンジします

ギンモクセイは、発根率がよくなく、挿し木は難しいとされていますので、本当に難しいか?確認します。



ギンモクセイの鉢植え

ギンモクセイ 鉢植え
ギンモクセイを鉢植えで育てています。

苗木を植え付け・植え替えをする様子を詳しく記事に書きました。
関連記事



ギンモクセイ 樹高
ギンモクセイの鉢植えの樹高は40センチぐらいです。

2本の幹が真っすぐ伸びていますので、「芯止め」をして、枝を増やします

「芯止め」は、樹の一番高いところにある枝を切り、上に伸びる生長を止めることです。


剪定
先端付近の枝をハサミで切り、剪定しました。

剪定した枝を捨てることは、もったいないですので、挿し穂にして、挿し木をします。








ギンモクセイの挿し木の時期

ギンモクセイ挿し木に適した時期は4~6月です

ギンモクセイは、発根するまで時間が掛かりますので、梅雨入り前がおすすめです。

前年に伸びた枝を使う挿し木は、「古枝挿し」と呼ばれます。「春挿し」と呼ぶこともあります。

新しく芽吹いて伸びた枝を使う挿し木は、「緑枝挿し」になります。

「古枝挿し」と「緑枝挿し」、それぞれにメリットとデメリットがあり、樹種によって成功率が異なります。

ギンモクセイは、少し茶色になったある程度の太さがある枝が、挿し穂に適していますので、「古枝挿し」になります。

挿し木に適した時期は、その植物がよく成長する時期の少し前です。挿し穂発根がよく、剪定で切った枝の回復も早くなります。



ギンモクセイの挿し穂の水揚げ

水揚げ
ギンモクセイ剪定した枝を水につけて水揚げをします。

水揚げする時間は、30分から2時間ぐらいが基本です。

水揚げをする時間は、一晩などといろいろな情報がありますが、30分ぐらいで十分です。

がたっぷり水分を含むことで、萎れて枯れることを防ぎます。と枝が水に漬かるように、水揚げは大きなバケツが適しています



ギンモクセイの挿し穂を作る

ギンモクセイ 挿し穂
挿し穂の下の方は、土に挿しますので、を取り除きます。

手で取り除くと、樹皮が剥がれることがありますので、の付け根をハサミで切るとよいです

剪定した枝は、が先端だけにありますので、を取り除く必要がありません。


枝 切る
枝をハサミで切り、挿しやすいようにします。


葉 半分
をハサミを使って半分に切ります

大きなは2/3ぐらいを切るとよいです。

から蒸散する水の量を減らす効果があります。植物は、で蒸散することで、から水を吸収します。

から水を吸収することができませんので、蒸散する量を減らします。


剪定した枝をすべて挿し穂にしました。

挿し木の成功率は、樹種や管理によって大きく変化します。挿し穂の数は、多いほうがよいです

ギンモクセイ挿し穂は、5本です。

剪定した枝が少なかったですが、ギンモクセイを鉢植えで育てていますので、成長して枝が増えれば、来シーズンも挿し木できます。


挿し穂 大きさ
大きな挿し穂の長さは、6センチぐらいです。


小さい挿し穂
小さい挿し穂は4センチぐらいになります。



挿し穂の切り口

切り口
挿し穂の一番下の部分は、水を吸収しますので、枯れることなく、発根するために、大切になります。

剪定したときにハサミで切っていますので、よく切れる刃物でキレイな切り口を作ります。

よく切れる刃物は、カッターやカミソリがおすすめです。

新品の刃を使うことで、切れ味がよく、清潔な刃で切ることができます。


水切り
切り口を作るときは、水の中で切る水切りをします

水が通る管である道管に、空気が入ることを防ぐためです。道管に空気が入ると、水の通りが悪くなります。

花屋さんなどでも、切り花を作るときに水切りすることが基本ですので、実績のある方法です。

切り口を斜めにすることで、断面積を大きくして、水を吸収しやすくします。

太い枝は、反対側も斜めに切り、クサビ形の切り口にするとよいです。


挿し穂 完成
ギンモクセイ挿し穂が完成しました。



発根促進剤ルートンを塗る

発根促進剤ルートン
植物の発根を助ける発根促進剤ルートン発根する可能性が高くなります。

ホームセンターなどで購入できます。価格が安いですので、使うことをおすすめします。


粉末
発根促進剤ルートンは、粉末ですので、鉢受け皿などの容器に出して使います。

使い方は、水で溶いてルートン液を作り、挿し穂を漬けたり、少量の水でペースト状にして切り口に塗ったりします。

粉末のまま使う簡単な方法を紹介します。


濡れている
挿し穂水揚げ水に濡れていますので、粉末の発根促進剤ルートンが簡単に付着します。


付着
挿し穂切り口を、粉末の発根促進剤ルートンの中に入れるだけで、簡単に付着できました。


5本 挿し穂
発根促進剤ルートン切り口に付着させた5本のギンモクセイ挿し穂ができました。



ギンモクセイの挿し床の準備

挿し床
挿し木で用土を入れた容器のことを挿し床と呼びます。

ギンモクセイ挿し床は、プラスチック製の鉢を使います。

挿し穂の長さの半分から2/3ぐらいを土の中に埋めますので、挿し穂の長さから鉢のサイズを決めます。


鉢底石
鉢底石を薄く敷きます。

暑い夏は、水切れしないように、腰水で管理しますので、鉢底石を厚く敷くと用土が水に漬かりません

発根した後は、そのままの状態で、翌シーズンの春に鉢上げするまで育てる予定ですので、水はけがよくなるように鉢底石を敷きます。


挿し木 用土
ギンモクセイ挿し木用土は、赤玉土の極小粒(細粒)を使います

粒が小さいほうが保水性がよく、挿し穂と接する面積が多いですので、乾きにくいです。


挿し床 準備
用土に水を与えて、十分に湿らせます。

ギンモクセイ挿し床が準備できました。



ギンモクセイの挿し穂を挿す

挿し穂 挿す
挿し木は、挿し穂挿し床に挿しますが、簡単な方法があります。


3分目
鉢の高さの3分目まで用土を入れて準備した挿し床に、ギンモクセイ挿し穂を並べます。


斜め
長い挿し穂は、斜めに並べるとよいです。

斜めに挿すと、風が吹いても動きませんので、おすすめです。


用土 入れる
並べた挿し穂の上から、用土である赤玉土の極小粒(細粒)を入れます。


ギンモクセイ挿し木が完成しました。

挿し床に割りばしなどの棒で穴を開けて、1本ずつ挿すことは大変です。

挿し穂が長いと、深い穴を作る必要がありますので、挿すより用土を入れるほうが簡単になります。

挿し穂の数が多いときも、並べて用土を入れるほうが簡単になります。



ギンモクセイの挿し木の管理

水遣り
挿し木した後は、すぐに水遣りをします。たっぷり水を与えます。

用土が水を含むことで、挿し穂がしっかり固定されます。

ギンモクセイ挿し木は、毎日、水遣りをして、用土が湿った状態を維持します

水遣りができないときは、鉢受け皿に水を入れて、腰水で管理するとよいです。

霧吹きでに水を与える葉水は、根がなくなり水の吸収が少なくなっていますので、が萎れることを防ぐ効果が高いです


明るい日陰
ギンモクセイ挿し木は、直射日光が当たらない明るい日陰で管理します

風が強く吹くと挿し穂が動きますので、風が当たらない場所が適しています。


ビニール袋
ギンモクセイ挿し木は、発根するまで時間が掛かりますので、が枯れないように、ビニール袋を使って「密閉挿し」にします

ビニール袋やペットボトルを使った「密閉挿し」は、が枯れること防ぎますが、カビが発生しやすいデメリットがあります

用土は、雑菌が少なくなるように新品を使い、枯れたはカビが発生する原因になりますので、すぐに取り除く必要があります。


ビニール袋 かぶせる
ギンモクセイ挿し木に、ビニール袋をかぶせます。


ビニールタイ
ビニール袋が風で飛ばないように、ビニールタイで固定します。

水遣りができませんので、水を入れた鉢受け皿に入れて、腰水にするとよいです。



ギンモクセイの挿し木のポイント

  1. 30分から2時間ぐらい水につけて水揚げ
  2. 水の中で切る水切りで切り口を斜めに切る
  3. 発根促進剤ルートンを塗る
  4. 挿し床の用土は赤玉土の極小粒(細粒)
  5. 乾かないように腰水で管理
ギンモクセイ挿し木のポイントは5つだけです。難しいことはありませんので、気軽にチャレンジできます。



ギンモクセイの挿し木の今後

今後のギンモクセイ挿し木の様子は、この記事を更新します

発根の様子、暑い夏の管理、涼しい秋に成長、冬越し、翌シーズンの春に鉢上げするまでを記録します。

5月25日ギンモクセイ挿し木をしました。

九州地方の福岡県の平野部で栽培しています。6月上旬に梅雨入りして、梅雨明けは、例年並みなら7月下旬になりますので、1ヶ月間ぐらいあります。

梅雨の時期は、雨の日が多く、挿し木の管理が簡単です。

梅雨が明けると、本格的な夏になり、気温が上昇します。発根に適した温度を超えますので、梅雨の間に発根できるか?が大きなポイントになります。





スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :