ギンモクセイ(銀木犀)の育て方:小さな鉢植えで香りがよい白い花を楽しむ


ギンモクセイ
ギンモクセイ(銀木犀)の苗木を購入しました。

キンモクセイは、とても人気があり、ガーデニングや園芸に詳しくない人も知っている樹です。

ギンモクセイ(銀木犀)は、キンモクセイのように、の香りが強くなく、近づかないと香りを楽しむことができません。

は白色ですので、あまり目立つことがなく、の数もキンモクセイより少ないです。

金と銀が名前についていますので、銀の方が優れていることはありません。

キンモクセイは、ギンモクセイ(銀木犀)のの香りや数、色が優れた変種と言われています。

キンモクセイは、樹高が1メートル以上、幹の太さが直径2センチぐらいと大きな樹にならないと、が咲きません

ギンモクセイ(銀木犀)は、小さな樹でもが咲く可能性がありますので、小さな鉢植えで育てることにチャレンジします。

キンモクセイを鉢植えで育てています。
関連記事



ギンモクセイの苗

ギンモクセイ 苗
ギンモクセイ(銀木犀)のをインターネット通販で購入しました。

ホームセンターや園芸店で販売されているは、がすぐ咲く大きな樹が多く、価格が高いです。

インターネット通販は、小さなも販売されていますので、価格が安く、気軽にチャレンジできます。


インターネット通販は、送料が必要ですので、他のと一緒に、まとめて購入することをおすすめします。


ビニールポット
ギンモクセイ(銀木犀)のは、直径9センチ(3号)のビニールポットに植えられています。

が伸びすぎて、土の表面から出ています。


樹高
樹高は30センチくらい、2つの枝に分かれた双幹の樹形です。

はキレイで、状態がよいです。

小さな苗ですので、が咲くまで時間が掛かりますが、樹形を作ることができますので、小さな鉢植えとして適しています。





ギンモクセイの鉢

プラスチック製の鉢
ギンモクセイ(銀木犀)の苗は、ビニールポットですので、新しい鉢に植え付けをします。

プラスチック製の鉢を用意しました。

プラスチック製の鉢は、軽くて、価格が安いことがメリットです。

樹高が大きな樹は、風で倒れることがありますので、重たい陶器の鉢がよいです。


直径15センチ
プラスチック製の鉢は、直径15センチ(5号)の大きさです。

小さな鉢植えですので、5号くらいまでがよいです。

重くないですので、移動が簡単で、コンパクトですので、いろいろな場所に飾ることができます。

ギンモクセイ(銀木犀)の小さな鉢植えは、樹高が30センチぐらいが目標ですので、5号の鉢がちょうどよいサイズになります


鉢の高さ
鉢の高さは13センチぐらいになります。


スリット鉢
KANEYA(兼弥産業)のスリット鉢。日本製ですので、耐久性が期待できます。

スリット鉢は、大地での根張りを鉢の中でも実現するために設計デザインされた理想的な植木鉢です。根のサークリング現象を防止するので、用土の90%以上が有効利用することができ、植物の生育に大きな効果があります。果樹・野菜・鑑賞用などあらゆる園芸に最適です。

KANEYA(兼弥産業)のホームページで紹介されています。


スリット
八角形の形状と、角にスリットが設置されていることが特徴です。


仕切り板
鉢の内側も、仕切り板のようなものが設置され、のサークリング現象を防ぎます。


円
スリット鉢の上部は円形で、八角形の部分まで用土を入れると、ウォータースペースができますので、植え付けが簡単です。


確認
ギンモクセイ(銀木犀)の苗をビニールポットのまま、スリット鉢に入れると、植え付けたときの状態が確認できます

スリット鉢は、植物を育てることにメリットが大きいです、

デメリットは、デザイン性がないことです。大きな鉢に入れたり、鉢カバーを付けたりすることで、デザイン性をよくすることでができます。


ギンモクセイの植え付け

ギンモクセイ 植え付け
ギンモクセイ(銀木犀)の苗を新しい鉢に、植え付けをします。

必要な道具は、ハサミピンセット竹串です。

大きい鉢受け皿の中で作業すると、周りを土で汚すことがなく、後片付けが簡単になります


苗を植え付ける準備

苗 準備
ギンモクセイ(銀木犀)の苗を新しい鉢に植え付けるために、ビニールポットから取り出して、植え付ける準備をします。

最初に、ビニールポットの底を確認します

がたくさん出ていますと、引っかかって苗を取り出すことができません。

無理に取り出すと、が切れますので、ビニールポットの底から出ているは、ハサミで切ります。


横向き
鉢受け皿の中で、苗を横向きに置きます。


ビニールポット
ビニールポットを取り外しました。


根 状態
の状態は、根詰りすることもなく、普通です。

ギンモクセイ(銀木犀)のは、少し太く、あまり多くないですので、切らないように注意します。


根鉢
根鉢の底から三分の一ぐらいを崩して、一回り大きな鉢に植え付け植え替えすることが基本です。

表面に出ていたが多く、剪定する必要がありますので、表面の土から竹串で崩します。


根 剪定
根鉢の表面の土を崩すと、上向きに伸びているがたくさんあります。

上向きに伸びているは必要ありませんので、剪定します。


ハサミ 根
ハサミでを切って剪定します。

を剪定するハサミは、土の中の小さな石を切ることがあり、刃が傷みます

価格が安い100均のハサミなどがよいです。

高価なハサミで剪定することはおすすめしません。


根鉢 根
表面の土を崩して、上向きに伸びている剪定しました。


根鉢
根鉢の高さが小さくなりましたので、ギンモクセイ(銀木犀)の苗を植え付ける準備ができました。


ギンモクセイの用土

ギンモクセイ 用土
ギンモクセイ(銀木犀)は、ホームセンターや園芸店で販売されている普通の培養土で育てることができます

特別な用土は必要ありません。


赤玉土
用土を作る場合は、基本の赤玉土腐葉土7:3の割合で混ぜるとよいです。

鉢の大きさが5号ですので、赤玉土は中粒を使いました。


腐葉土
腐葉土は、庭植え・地植えのときは、そのまま使用できますが、小さな鉢植えに使うときは、大きな木くずなどを取り除く必要がありますので、大変です、

高級な腐葉土には、大きな木くずなどは入っていないようです。


苗の植え付け

鉢底石
スリット鉢は、底に多くのスリットがあり、水はけ(排水性)がよいですので、鉢底石を敷く必要がありません


赤玉土 中粒
赤玉土の中粒をゴロ土として、底に敷きました。


再利用
ギンモクセイ(銀木犀)の苗の土は、粒の形が残っていて状態がよいですので、再利用します。


根鉢 崩す
根鉢のまま鉢の中に入れて、竹串で突いて、土を少し崩しました。

が四方八方に広がるようにします。


土 再利用
根鉢の表面の土を崩したときの土を再利用して、鉢に入れます。


足りない
ビニールポットより大きな鉢ですので、用土が少し足りません。


表面 赤玉土
表面の土は、赤玉土だけにすると、見た目がよくなります。


手 押す
土を手で押して固めます。

赤玉土の粒が崩れないくらいの強さで押すことがポイントになります。


植え付け
ギンモクセイ(銀木犀)の植え付けができました。

樹高が30センチぐらいですので、直径15センチ(5号)の鉢で、ちょうどよいサイズで、バランスがよいです。


ギンモクセイの管理

水遣り
植え付け後は、すぐに水遣りをします。

鉢の底から透明な水が流れるまで、たっぷり水を与えます

ギンモクセイ(銀木犀)の水遣りは、春と秋は1日1回、暑い夏は朝と夕方の1日2回、寒い冬は3~4日に1回ぐらいが基本です。

夏の水切れに注意が必要です。花芽ができる時期ですので、たくさんの美しいを楽しむために、水遣りをしてしっかり管理します。

暑い夏は、昼から夕方が気温が上昇して、鉢植えは用土が乾きます。

午後からは日が当たらない場所に置くなど、対策が必要になります。


明るい日陰
植え付け後の1週間から10日間ぐらいは、直射日光が当たらない明るい日陰で管理します

葉が萎れるなどの異常がなければ、少しずつ日の当たる場所に移動させます。

日当たりよい場所で管理すると、花つきがよくなります。

都市部や道路に面して排気ガスなどで大気が汚れていますと、花つきが悪くなります

水遣りのときに、葉に水をかけて、汚れを洗い流すとよいです。

ギンモクセイ(銀木犀)は、暖かい気候を好みますので、日本では東北地方より南が栽培に適しています

小さな鉢植えなら、軒下や玄関などで保護することが簡単です。

暖かい地域でも、寒い日は保護することをおすすめします。




ギンモクセイの今後

ギンモクセイ 今後
9月19日に、ギンモクセイ(銀木犀)の苗を新しい鉢に植え付けました。

が咲く時期は、9月下旬から10月ですので、今シーズンのは難しいです。


幹の太さ
ギンモクセイ(銀木犀)の幹の太さは、直径7ミリぐらいです。

倍以上の15ミリ(1.5センチ)ぐらいの太さまで成長すると、が咲く大きさです。

キンモクセイでなく、ギンモクセイ(銀木犀)ですので、幹の太さが10ミリ(1センチ)ぐらいでも、条件がよければ、が咲く可能性があります。

九州地方の福岡県の平野部で育てていますので、ギンモクセイ(銀木犀)に適した温暖な気候です。

ギンモクセイ(銀木犀)の今後の様子は、この記事を更新します

秋の成長、冬越しなど、来シーズンにが咲くように育てます。

が咲くまで、大きく成長させてから、剪定をして、小さな鉢植えにする予定です。

ギンモクセイ(銀木犀)の香りがよい美しい白い花を楽しみましょう。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :