メダカの飼育容器のおすすめ 選び方 屋外のビオトープ編


たくさんある飼育容器の種類

プラ舟(トロ舟)のビオトープ
メダカを飼育するために、一番最初に用意しなければならないものは飼育容器です。水を貯めることができれば、どのようなものでもメダカを飼育することはできますが、ちょっと注意して選ぶことによってメダカライフを楽しみましょう。

飼育容器を分類してポイントを把握
メダカ飼育容器を5つに分類してメリット・×デメリットを確認します。

  1. ガラスやプラスチックの水槽
  2. 睡蓮鉢や水鉢
  3. 発泡スチロールの容器
  4. コンテナボックスやプランターなどのプラスチック製容器
  5. プラ舟、トロ舟

1 ガラスやプラスチックの水槽

ガラスやプラスチックの水槽

透明でどの方向からも観察することができる。大きさの種類が多い。
×汚れが目立つ。断熱性がなく水温が変化しやすい。

横からもメダカを見ることができることが一番よい点です。設置場所にあわせた大きさのものを選ぶことができ、手に入りやすく価格も手ごろ。

透明なので汚れが目立ち、掃除が必要になります。便利な掃除用具も多く販売されているので試してみる価値はあります。急な水温の変化はメダカによくありません。夏は日よけを設置して直射日光を遮る。冬は側面を断熱性のあるもの(発泡スチロールなど)で囲む。

2 睡蓮鉢や水鉢

睡蓮鉢

デザインや大きさが豊富。ビオトープの定番。美しく観賞できる。耐久性が高い。
×価格が高い。重くて、割れることがある。

メダカビオトープの代名詞である睡蓮鉢。デザインがよく、メダカを見て楽しむなら睡蓮鉢や水鉢を一番おすすめ。

デザインがよいもの、大きいものは価格も高くなる。重くて割れることがある。最近はプラスチック製のものが販売されています。価格も安く、軽いので検討してください。
 

3 発泡スチロールの容器

  
発泡スチロールの容器
断熱性があり保温性が高く、水温の変化が少ない。価格が安い。
×耐久性が低い。強度がない。白いものが多い。

水温変化が少ないことはメダカにとってよい。大きさの種類も多く、冷凍食品などの空きの発泡スチロールを再利用すれば、無料。

屋外では数年で汚れます。ぶつけるとへこみます。白いものが多くデザイン性が低い。市販の保冷ボックスなら少しはよい。メダカの飼育容器として販売されているものは色もグレーがあり、厚さがあって強度もある。

4 コンテナボックスやプランターなどのプラスチック製容器

コンテナボックス 黒

  種類が豊富。価格が手ごろ。
  ×デザイン性が低い。
プラスチック製容器は種類が豊富。コンテナボックスやプランターは耐久性が高く、強度もあり、メダカ飼育容器に使用できます。衣装ケースなどの透明のプラスチックは直射日光によってすぐに劣化するので注意してください。
デザイン性が低いものが多く、ちょっと工夫して使いたいです。
 

5 プラ舟、トロ舟

プラ舟 ビオトープ

大きなものがある。価格が安い。強度・耐久性が高い。
×デザイン性がない。広いスペースが必要になる。
コンクリートなどを混ぜるための容器。大きなものがあり価格も安い。左官用具のため強度があり、耐久性が高い。

色の種類が少なく、そのまま使うにはデザイン性が低く、木枠を製作または購入して使うことが多い。




ポイントを整理して飼育容器を選ぼう

メダカの飼育をイメージして、よく考えて飼育容器を選びます。

飼育容器の設置場所について考えて選ぶ。

玄関近く目立つ場所に設置する場合は美観を重視しましょう。

1位 睡蓮鉢や水鉢 
    美しく、インテリアにもなります。
    玄関の雰囲気に合わせて和風、洋風を選びましょう。
2位 ガラスやプラスチックの水槽
    デザイン性の高いものがあり、大きさの種類も豊富です。
    水槽を置く棚を工夫すれば、おしゃれになります。
 
他のものは工夫をしてデザイン性を高める必要があります。
DIYが好きな人は大丈夫でしょう。

ベランダに設置する場合は大きさ環境に注意しましょう。

1位 発泡スチロールの容器
    ベランダは南向きが多いから断熱性のあるものがよいです。
    高層階では冬が寒いこともあるでしょう。
2位 コンテナボックスやプランターなどのプラスチック製容器
    大きさの種類が多く、設置場所の広さに合わせて選べます。
 
割れるものは避けたほうがよいでしょう。
エアコンの室外機の近くには設置しないように注意してください。

どのようなメダカの飼育をしようと考えているか?

多くの数のメダカを飼育したい場合は大きさを重視しましょう。

1位 プラ舟、トロ舟
    屋外の飼育ではメダカ1匹に水1リットルが基準です。
    大きさに対しての価格が一番安いです。
2位 コンテナボックスやプランターなどのプラスチック製容器
    価格の安いものを複数用意するとよいです。
    棚を設置すると複数の容器を置くことができます。
 
普通のメダカの販売は10匹、20匹…が多く、飼育容器も10リットル、20リットルと大きさを選ぶ必要があります。
どの容器も大きさに比例して価格も高くなります。予算に余裕があれば、好みのものを選びましょう。

屋外でメダカの飼育を初めてする場合は、飼育環境を重視しましょう。

1位 発泡スチロールの容器 
    屋外では気温や日照により水温の変化が大きくなります。
    断熱性のある容器で急な水温の変化を防ぎます。
    メダカの飼育専用のものならデザインもよく、強度もあります。

飼育環境は水温水質です。水の量が多いほうが有利になります。どの容器でも、できるだけ容量の大きなものを選びましょう。

最初の飼育容器として睡蓮鉢や水鉢をおすすめします。

メダカの飼育において観賞を楽しむことが一番重要ではないでしょうか。
デザインや種類が多く、いろいろなものを選ぶことができます。水生植物を飾れば、美しいビオトープが簡単に完成します。

睡蓮鉢や水鉢は、加工や工夫もなくそのまま置くだけでよいので簡単です。
ほとんどの人が睡蓮鉢や水鉢があると、水面を見ようとします。美しいメダカ植物を見て嫌な気持ちになる人はいません。家族にも反対されません。

屋外のビオトープでメダカを飼育している人で飼育容器が1つだけという人はほとんどいません。自然と、2つ目、3つ目…と増えていきます。増やすときに用途に合わせた飼育容器を選びましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク