クチナシ(ガーデニア)の育て方 鉢植えで白い花を楽しむ。


ホームセンターで見つけたクチナシ(ガーデニア)の苗木

クチナシ 苗木
ホームセンターでは苗木は季節商品です。花が咲く前など売れそうな時期に入荷して、販売しています。すべて売れるとよいですが、売れ残ることもあります。

売れ残った苗木を値引きして販売しているホームセンターを見つけて、月に1回ぐらいは見に行くようにしています。売り場の隅に値引きしてある苗木の中からよさそうなものを見つけます。

値引き
クチナシ(ガーデニア)の苗木に付いてあったラベルです。「値下げしました」のシールが貼ってあり税込み380円になっています。とてもお買い得になっています

根元
根元には、ひこばえがあり、根元から右斜め上に伸びている枝もひこばえだった可能性が高いです。1年間以上、店頭にあったかもしれません。

剪定
枝が伸び放題の苗木で樹形がよくないので、幹と枝を赤い線剪定してコンパクトな鉢植えにできます。

先端の今シーズン伸びた枝は、挿し木にすることができます。挿し木にすれば好みの樹形を作ることができます。

売れ残って値引き販売されている苗木ですが、ちょっと工夫すれば、立派な樹木にできます。価格が安いと気軽にチャレンジできることがメリットです

普段から、興味のある樹木の名前をメモしておくと安い苗木を見つけたときに、スムーズに買うことができます。その場でスマホで検索することもできますが、時間がかかります。




クチナシ(ガーデニア)の育て方を確認します。

クチナシ(ガーデニア)はアカネ科の常緑低木で、庭木で1~2メートルぐらいで、枝が多くなり葉がたくさん育つので垣根としても人気があります。

6月~7月に白色の涼しげな花が咲きます。花の形は、一重咲き八重咲きがあり、甘い香りが特徴で、香りを楽しむ樹木です。

育てる場所はどのような環境がよいか?

明るい日陰か、午前中に日の当たる半日陰がよく、暑い時期の西日を避けます。日陰でも育ちますが、半日ぐらい日によく当てると花がよく咲きます。

寒さに弱く、暖かい地域は庭植えできますが、寒い地域では鉢植えにして冬は保護します。冬の乾燥した冷たい風で先端の細い枝が枯れることがあります。鉢植えで置く場所を変えて管理するとよいです。

クチナシ(ガーデニア)に適した用土は?

赤玉土:腐葉土を7:3の割合で混ぜた用土が適しています。ホームセンターで販売されている一般的な培養土でも大丈夫です。

植え替え・植え付け

植え替え・植え付けに適した時期は春の4~5月と秋の9~10月です。地域によって気温が違うので、暑い時期や寒い時期を避ければ大丈夫です。

植え替えは根がよく成長して根詰まりしやすい樹なので1~2年に1回します。長い根を剪定します。鉢を大きくしたくない場合は根をたくさん剪定するので、春の植え替えがよいです。

日常の管理

乾燥に弱いので水遣り表面の土が乾いたら、たっぷり水を与えます。春と秋は1日1回、夏は1日2回、冬は3~4日に1回ぐらいです。

肥料は成長時期の春と秋に与えます。緩効性の化学肥料または玉肥(油粕)を土の表面に置きます。

剪定花が終わった後にします。夏に花芽を作るので、花後できるだけ早く剪定します。新しく伸びた枝の先端に花芽ができるので、夏以降に剪定すると大切な花芽が少なくなります。

クチナシ(ガーデニア)の苗木を鉢に植え付ける。

樹木の苗木
ホームセンターや園芸店の樹木の苗木は、鉢植えで栽培できます。剪定して樹高を低くすれば、ベランダで栽培することもできます。

植え付ける鉢の準備

 駄温鉢
栽培を重視して、駄温鉢の7号(直径21センチ)を用意しました。苗木のビニールポットは4号(直径12センチ)です。小さい鉢植えにしたいなら6号(直径18センチ)がよいです。
 
イメージ
駄温鉢にクチナシの苗木を入れて、植え付け後をイメージします。

大きな穴
鉢の底に大きな穴が開いています。

鉢底ネット
鉢底ネットを置きます。

底石
排水性をよくするために底石を2~3センチぐらい入れます。底石は、たくさん種類がありますが、どのようなものでも大丈夫です。

再利用するならネットに入れると用土と混ざることがありません

用土の準備 

用土
クチナシ(ガーデニア)の用土を赤玉土(小粒)と腐葉土を混ぜて作ります。赤玉土などを大きな袋で購入しています。保管する場所が必要になることが欠点です。

一般的な培養土で栽培できます。植え替えの間隔が1~2年と短いので、価格が安いものでよいです。高価なものは長期間使っても品質が維持されます。

土入れ
赤玉土:腐葉土を7:3の割合にするために土入れで量ります。 腐葉土土入れに1杯。

赤玉土を2杯と

1/3杯で、7:3の割合になります。土入れに半分くらい入っていますが底に向かって細くなっているので、このくらいで1/3杯です。

混ぜる
 スコップで均一になるように混ぜます。

半分
駄温鉢に半分くらいまで用土を入れて、鉢の準備が終わりです。

苗木の植え付け

道具
植え付けに必要な道具は、ハサミ、根捌き(竹串・フォーク)、植え替え鎌(ナイフ) です。

根捌きまたは根掻きは、根をほぐす道具です。竹串・フォークで代用できます。

植え替え鎌は、鉢の内側の根を切って苗木を取り出すときに使う道具です。食器のナイフで代用できます。

園芸の専用の道具は使いやすいかもしれませんが、購入しようとすると大・中・小などのサイズがあり、どれにするか?悩みます。

代用品を使って、いろいろな作業をしてから本当に必要な道具を購入すると費用を抑えることができます。

ナイフ
植え替え鎌は、鉢の内側の土の隙間に入れて、1周します。

根詰まり
 根詰まりしています。土がほとんどありません。根の塊になっています。

竹串
表面の土も竹串で崩すことができません。

菜ばし
100均の菜ばしの小さなフォークでも硬くて無理です。

フォーク
ステンレス製のフォークで突き刺すことができました。

底
底を見ても、すべてが根です。このまま植え付けると水通りが悪く、通気性もないため根腐れします。

ハサミ
ひどい根詰まりには、最終手段としてハサミで根を切るしかありません。

横
底をハサミで切って、横もハサミで切ります。 根の量が大きく減ります

根の量が減ると、枯れることが心配になりますが、葉を減らしたり、植え付け後の管理をしっかりやれば大丈夫です。

水
水で根洗いして、土を落とします。土と一緒に細い根は切れます

 残った根だけでも十分な量があります。

剪定
長い根、向きの悪い根を剪定しました。

準備した鉢の中央に置きます。鉢の8分目まで用土を入れるので、根元の位置が低いときは底の用土を追加します。

用土
根が埋まるように用土を入れます。 最後の表面の用土を赤玉土だけにすると見た目がよく、乾き具合が見やすいです。

水遣り
植え付けの仕上げは、水遣りです。たっぷりと水を与えます。

支柱
樹高が高いので支柱を使って固定します。植え付け後は、まだ根が不安定です。風で動くと成長した細い根が切れて、水を吸う力が弱くなります。

1週間から10日ぐらいは、明るい日陰で管理します。毎日水遣りをして葉の様子を観察します。

葉がしおれることがあれば、根の量に対して葉の数が多い可能性があります。古い葉や形の悪い葉をハサミで切るとよいです。

クチナシ(ガーデニア)のこれから

鉢植えのクチナシは剪定をしないで、落ち着くまでこのまま栽培します。樹高が高いですが、長く伸びた先端の枝は、梅雨に挿し木取り木にして、小さな鉢植えを作る予定です。

栽培の様子は、この記事を更新します。


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :