椿(ツバキ)を取り木で増やしてミニ盆栽を作る。



椿(ツバキ)の鉢植え、ホームセンターや園芸店の苗木を鉢植えにしたので、樹高が高くバランスが悪いです。コンパクトな鉢植えにして楽しむなら、樹高を1/3~半分くらいに短く剪定します。

幹を半分くらいに剪定すると、半分から上の幹や枝がもったいないので、取り木をして椿(ツバキ)のミニ盆栽を作ります。




取り木とは?

植物を増やす方法の1つです。幹や枝から発根させて、新しい株を作ります。挿し木より確率が高いことが特徴です

種蒔きや挿し木のようにたくさんの株を手に入れることはできませんが、確実に新しい株を手に入れることができます。

ある程度成長した枝のある株なので、鉢に植え付けるとミニ盆栽になります。挿し木は春に芽吹いた新しい枝を使うので、花が咲くようになるまで成長させる期間が必要です。

親木の大きさによって違いがありますが、同時に取り木できる数は、1~2つぐらいです。親木の負担を考えると1つが安全です。親木の状態がよくないと失敗することがあります。

取り木に最適な時期は?

春の芽吹く前6月の梅雨時期にできます。梅雨時期が成功する確率が高いです。湿度が高く、成長する時期で活発に活動していて2週間ぐらいで発根することがあります。

根が成長して、親木から切り離すことができるまで2~3ヶ月間ぐらい必要です。梅雨時期に取り木すれば、3ヵ月後はちょっと涼しくなった9月なので、植え付けに適した時期になります。

取り木の代表的な技法、環状剥皮法

環状剥皮法(かんじょうはくひほう)は、取り木の技法の一つで、樹皮を形成層の部分まで剥ぎ、発根させます。幹の直径の1.5倍ぐらいの幅を、形成層まで完全に剥いで水ゴケや用土などで覆って水分を与えます。

取り木は盆栽で木を小さくするために使われます。環状剥皮法は最もよく使う技法で、成功率が高いです。

環状剥皮法で取り木にチャレンジ

新しい芽 
先端の枝を取り木します。6月の梅雨入り前で春に芽吹いた枝に新しい芽ができました。親木の状態はよく、元気に成長しています。

花芽
よく見ると左の芽は丸くなっているので花芽かもしれません。取り木が成功したら、すぐに花が咲く可能性があります。

赤い線
赤い線で取り木します。一番上の枝は2番目、3番目の枝より太くて大きいです。植物は先端がよく成長するので、このような枝になりますが、鉢植えの樹形を考えるとバランスが悪く、剪定します。

剪定する予定の枝を取り木してミニ盆栽を作ることができれば、鉢植えの樹形がよくなり、ミニ盆栽の素材の株が手に入る一石二鳥です

用意する道具

道具
樹皮を剥ぐためのカッター、細い幹なら普通のカッターで大丈夫ですが、太い幹なら大型のカッターやナイフが必要になります。

発根を促進させる植物ホルモン剤「ルートン」を用意しました。

黒のビニールポット、切るためのハサミホッチキス。ビニールポットを固定するために針金

カッター
切り口に雑菌をつけないためにキレイなカッターを使います。 キレイに洗って、ライターの火で殺菌します。

ルートン
ルートンは粉末状で切り口に塗るときに綿棒を使いました。

ビニールポット
黒のビニールポットは取り付けることができるようにハサミで切ります。

赤玉土
用土は赤玉土の細粒や小粒

鹿沼土などがよいです。

土入れ
小さなビニールポットに用土を入れるので、土入れがあると便利です。

幹の皮を剥ぐ

切れ込み
カッターで幹に1周切れ込みを入れます。切れ込みを入れると必要以上に樹皮を剥ぎすぎることがなくなります。

赤い線のところをカッターで切れ込みを入れます。この幅が幹の直径の1.5倍以上必要です。幅が小さいと傷を修復しようとして繋がると発根しません。

樹皮
上と下に切れ込みを入れているので、キレイに樹皮を剥ぐことができます。

形成層
内部の木質部まで到達するまで形成層を剥ぎ取ることが取り木を成功させるポイントです。形成層は、やわらかい甘皮のようなものです。

綿棒
上の切り口に発根促進剤「ルートン」を綿棒で塗ります。

樹皮を剥いだ部分を用土で覆う。

ホッチキス
ハサミで切ったビニールポットを樹皮を剥いだ部分に取り付けます。少し重ねてビニールポットをホッチキスで留めます。

針金
ビニールポットが動かないように針金を使って固定します。ビニールポットに穴を開けて針金を通し、幹や枝、支柱などに固定します。

用土
土入れを使ってビニールポットに用土を入れます。鹿沼土の細粒を使いました。赤玉土の細粒、挿し木用の土などがよいです。

8分目
ビニールポットの8分目くらいまで用土を入れました。

スプレー
細粒は、とても細かいのでスプレーで水をたっぷり与えます。ジョウロなどを使うと水の流れが強く、表面の土が動きます。

小粒
毎日の水遣りのときに、ビニールポットにも水を与えるので、表面に赤玉土の小粒を入れます。

シャワー
水遣りに使っている散水ノズルのシャワーで水を与えても大丈夫になりました。この状態で2~3ヶ月間、乾かないように水を与えます。

取り木をした後の栽培について

取り木をした後は、特別な保護は必要ありません。ビニールポットの用土が乾かないように注意するだけです。

梅雨に取り木をすると、根が十分な量になるのは3ヵ月後の9月頃です。切り離して新しい鉢に植え付けます。椿(ツバキ)は常緑樹なので秋の植え付けで大丈夫です。

根の量が少ない場合は、春に切り離したほうが安全です。新しい根だけで寒い冬を越すことは樹の負担が大きくなります

暖かくなった春なら、根が成長するので少ない根でも安心できます。落葉樹も春に切り離して植え付けることをお勧めします。冬の間は葉がないので木の状態がわかりません。

9月に切り離して、新しい鉢に植え付けることができたら、この記事を更新します。


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :