ナデシコ(撫子)の育て方:小さな鉢植えでたくさんの花を楽しむ


ナデシコ 苗
ナデシコの苗は、ホームセンターや園芸店でいろいろな色、形の花が販売されています。価格も安く、気軽に購入できるメリットがあります。

ナデシコを1つの株だけで小さな鉢植えを作り、たくさんの花を楽しむ様子を記録しました。


ナデシコの苗

苗 サイズ
ナデシコのサイズは直径9センチ、3号のビニールポットです。小さいですがの数が多く、価格が安く楽しめます。

苗 高さ
ナデシコの高さは14センチぐらいです。

価格が安いラベルがないことがよくあります。店頭で確認することは多年草であることです

ラベルのない店頭POPで品種などの説明がある親切なホームセンターや園芸店で購入しましょう。

ナデシコには寒さに弱く、冬越しすることが難しく、1年草に分類される品種があります。多年草は株が古くなって弱るまで数年間、楽しむことができます


ナデシコの花がら摘み

ナデシコ 苗 花
ナデシコが咲いた状態で販売されています。の色や形、大きさが確認できるメリットがあります

店頭にたくさん並んでいる苗の中から、の色がよく元気があり、花がキレイに咲いているものを選びます。

開花していますと、どうしても萎れているがあります。萎れているをそのままにすると、結実してを作ろうとします。

子孫を残すを作るためには、大きなエネルギーが必要になりますので、ナデシコの株が弱ります

株が弱くならないために、萎れたを取り除く、花がら摘みをします。

購入したナデシコの苗を植え付ける前に花がら摘みをするとよいです。普段の手入れでも必要な作業になります。

花がら摘み 手
一番簡単な花がら摘みは、手で取り除く方法です

萎れた花の花びら雄しべ雌しべをキレイに取り除きます。雌しべを残さないように注意します。

花がら摘み ガク
ガクは残して大丈夫です。小さい花ですが、ガクはしっかりしていますので、無理に取り除く必要はありません

隣にあるつぼみを傷つける危険があります。少し枯れると、ガクも簡単に取り除くことができます。

花がら摘み ピンセット
ピンセットで取り除くほうが確実です。間違って隣のを傷つけることがありません。

ガク
小さな花ですが、ガクはしっかりしています。雌しべが残っていないことを確認して、花がら摘みが終了です。

普段も水遣りのときに萎れているを見つけたら、花がら摘みをします。株が弱らず、元気がよいと、次々と開花します。

ナデシコの葉の手入れ

葉 黄色
ナデシコは品種によって形に違いがありますが、株の大きさに対しての数が多い特徴があります

小さな株でたくさんの花を咲かせるために、多くの葉で光合成を行い、養分を作る必要があります。

先端が黄色に変色したがあります。購入するときにナデシコを選びますが、完璧な苗は少ないです。

下のほうのが少しぐらい変色していても大丈夫ですので、あまり気にすることはありません。

葉の先端
の先端をハサミで切り取ります。

正面
植え付けたときに正面に見えるでなければ、先端だけを切ります。一番下のなら根元でハサミで切ることが可能です。

の植え付けの前に手入れをすることで、の向きやの状態から正面を決めることができます

ナデシコの苗の植え付け

植え付け
ナデシコは、寄せ植えや花壇に使うことがよくありますが、1つの株だけを使って小さな鉢植えにすることをおすすめします

寄せ植えや花壇は、複数の株を使って豪華ですが、すべての株を美しく育てることは難しいです

ナデシコは加湿を嫌いますので、隣の株と近く密集した状態では病気になったり、元気がなくなったりする可能性が高いです。

1つの株だけの小さな鉢植えは管理が簡単で、コンパクトですので、いろいろな場所に飾ることができます。

ナデシコの植え付け:鉢の準備

9センチ
直径9センチ、3号の鉢にナデシコを植え付けます。のビニールポットと同じ大きさです。

のビニールポットより大きな鉢に植え付けることが基本ですが、同じ大きさでも大丈夫です。

コンパクトな小さな鉢植えは、3号の鉢がおすすめです。暑い夏でも朝と夕方の水遣り水切れすることなく、管理できます。

狭いスペースにも飾ることができ、室内で楽しむことも可能です。は100均で購入しました。

8.5センチ
の高さは8.5センチ。

ナチュラルポット
ダイソーのナチュラルポット。中国製ですが、問題なく使用できます。

穴
少し小さいですが、底にがあり、植木鉢として使うことができます。

イメージ
ナデシコの苗を鉢にビニールポットの状態で入れて、植え付けたときをイメージします。ちょっと鉢の高さが高いですが、雰囲気はよいです。

を選ぶことも楽しみの1つです。鉢の色やデザインは豊富にありますので、好みの鉢を準備しましょう。

鉢底ネット
の底の穴から鉢底石が流れ出ないように、鉢底ネットを敷きます。

針金
鉢底ネットは敷くだけでもよいですが、動かないように固定します。10センチぐらいの針金を用意します。

半分
針金を半分に曲げます。

鉢底ネット 通す
鉢底ネットの中心に曲げた針金を通します。

鉢の穴
鉢底のに2つの針金の先端を通して、鉢底ネットをセットします。

鉢底の穴
鉢底の穴から2つの針金の先端が出ています。

広げる
針金を広げるだけで、鉢底ネットを固定することができます。

長い
針金が少し長いですので、曲げました。

鉢底石
鉢底石を入れると排水性がよくなります。鉢の大きさが小さいですので鉢底石も粒の小さなものがよいです

1センチ
鉢の高さが8.5センチですので、鉢底石を1センチぐらい入れました

鉢の準備
ナデシコを植え付けるの準備ができました。

ナデシコの植え付け:用土の準備

赤玉土 腐葉土
ナデシコは、市販されている花と野菜の培養土で育てることができます。

用土を作る場合は赤玉土腐葉土7:3の割合で混ぜた基本の用土が簡単です

鹿沼土
赤玉土腐葉土鹿沼土6:2:2の割合で混ぜた用土鹿沼土を入れることで通気性や排水性が向上します。

鹿沼土の影響で用土が酸性になりますが、ナデシコに問題なく使用できます。

赤玉土鹿沼土は小粒、腐葉土はフルイにかけました。鉢が小さいですので、用土も粒の小さなものを使います

均一
均一になるように混ぜます。

鉢 用土
鉢の3分目ぐらいまで用土を入れて植え付けの準備をします。

ナデシコの植え付け:苗

道具
ナデシコの苗をビニールポットから取り出し、に植え付けます。必要な道具はハサミ竹串です。

ビニールポットの底
ビニールポットの底にが出ていないか?確認します。たくさんが出ていると、引っ掛かってビニールポットから取り出すことができません。

長く伸びたがある場合は、ハサミで切ります。

鉢受け皿
ナデシコ苗をビニールポットから取り出します鉢受け皿などの容器の中で作業すると土で汚れないです。

横向き
横向きに置いて、ビニールポットから取り出しました。

根の状態
根の状態は普通です。小さなビニールポットは、底でが行き場を失って固まります。

底
底のの塊を取り除きます。竹串で突き、崩します竹串は先端が尖っていますが、素材が竹ですので、ちょうどよい硬さでが傷つきにくいです。

3分の1
ナデシコの苗の土の部分の3分の1ぐらいを崩しますの塊を取り除きました。

準備した鉢
準備した鉢にナデシコの苗を入れます。

竹串 土
苗の土の表面を竹串で崩します。表面の土が固まると、水遣りのときに水の吸込みが悪くなります。

苗の土
苗の土が崩れました。

赤玉土
用土が少し少ないですので、赤玉土を入れます。表面は赤玉土だけにすると見た目がよくなります。

ナデシコは加湿が苦手ですので、土は鉢の9分目ぐらいまで入れます。根元の風通しがよくなり、土に近いが病気になりにくいです。

竹串 突く
竹串で突き、用土の隙間をなくします。

表面 手
土の表面を手で押さえて、固めます。

水遣り
植え付けの仕上げは水遣りです。土の表面に水をかけます。土を多く入れると水遣りがしやすいです。

土が少ないと、土の表面に水をかけることが難しく、に水をかけているだけになり水切れの原因になります。

ナデシコ 鉢植え
ナデシコの小さな鉢植えの完成です。1つの株だけですが、たくさんがあり、の数も多く、立派な鉢植えです。

ナデシコの鉢植えの育て方

半日陰
ナデシコの花の開花時期は春や秋になりますが、日差しの強い日がありますので、午前中は日が当たり、午後からの西日が当たらない半日陰がよいです

よしずなどで日よけして工夫します。半日陰ならが長持ちします。長持ちすることによって、次のが咲き、の数が増えます。

風通し
ナデシコの鉢植えは風通しのよい場所に置きます。棚などの少し高い場所が最適です風通しがよいと、病気や害虫を防ぐ効果があります。

ナデシコの病気は、灰色かび病さび病などが発生しやすいですので、花がら摘み切り戻しをすることで株が蒸れないようします。害虫はアブラムシが多いです。

水遣り
ナデシコの鉢植えに毎日、水遣りをします。花に水をかけないようにするためには、ジョウロより水差しで土の表面に水遣りします。鉢の底から水が流れるまで、たっぷり水を与えます。

葉 重なる
土に近い、株元はが重なりやすいですが重なると日が当たらないため、光合成できません。

光合成できないは必要がなく、病気の原因にもなりやすいので取り除きます。

下の葉
下のをできるだけ根元で切ります。

葉
葉を取り除くことで風通しがよくなります。土の表面が見えるので、乾き具合が確認できます。

向き
ナデシコが次々と開花して、新芽が伸び、葉が増えると株の向きが悪くなることがあります

日の方向に向きやすいですので、鉢を回転させるなどして対策をしますがバランスをよくすることは難しいです

竹串
竹串を使って、向きがよく、バランスのよい鉢植えにする方法があります。

修正
竹串を2本ぐらい挿して、株の向きを修正します竹串は鉢の底に当たるまで深く挿します。

ちょっと離れて見たり、真横から見たりにして調整するとよいです。

ハサミ
最後に竹串の見える部分はハサミで切ります。

美しい鉢植え
ナデシコの美しい鉢植えの完成です。

ナデシコの鉢植えの今後

開花時期が終わったナデシコは、切り戻しをして新芽を芽吹かせると、その後の花つきがよくなります。

さし芽で増やすことにチャレンジする予定です。冬越しの様子など、ナデシコの鉢植えの今後の様子は、この記事を更新します


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :