千日小坊の挿し芽(挿し木)を成功させるポイント:摘心や切り戻しをした茎(枝)で株を増やす


千日小坊 挿し芽 挿し木
秋に美しい赤紫色の小さながたくさん咲く千日小坊

冬越しできた株は、暖かくなった春に芽吹き、茎(枝)が長く伸びます。大きくしたい場合は、そのまま成長させますが、小さな鉢植えでは、摘心切り戻しをするとよいです。

摘心切り戻しをすることで、新たに芽吹き、茎(枝)が増えます。茎(枝)の先端にが咲きますので、数が増え、小さな鉢植えでも豪華な雰囲気になります

摘心切り戻しをした茎(枝)を使って、千日小坊挿し芽(挿し木)にチャレンジします。

廃棄する茎(枝)を有効に利用して、千日小坊を増やすことができます。今シーズンは屋外で冬越しが成功しましたが、寒さが厳しい年は失敗するかもしれません。

千日小坊の株も年々、弱りますので、挿し芽(挿し木)で株を増やすことができれば、再度、購入する必要がなく、経済的で、ありがたいです。

千日小坊挿し芽(挿し木)の様子を記録した記事になります。発根して鉢上げするまでを詳しく説明します

千日小坊育て方について詳しく書いた記事です。参考にして下さい
関連記事


千日小坊の摘心・切り戻し

千日小坊 鉢植え
5月19日撮影。

無事に冬越しができ、暖かくなった春に芽吹き始め、大きく成長した千日小坊の小さな鉢植え。




草丈
3号(直径9センチ)の小さな鉢ですので、草丈が20センチぐらいまで長く伸びると、大きくなり過ぎです。

摘心 切り戻し
長く伸びた茎(枝)を根元の近くで、ハサミを使って短く切ります。切り戻しの作業になります。

摘心切り戻しの違いについて
摘心(てきしん)は、茎(枝)の先端を切ることです。芯を止めて、大きくなることを防ぎます。切ったところから新しく芽吹き、が咲きます。切り戻しは、ある程度成長した株をコンパクトにするために作業になります。茎(枝)を切ることは同じです。

節 間隔
節と節の間隔が長くなり過ぎです。切り戻しをした茎(枝)を千日小坊挿し芽(挿し木)に使います。

暖かくなっていますので、千日小坊挿し芽(挿し木)をする時期に適しています。

草丈 コンパクト
千日小坊切り戻しの作業が終わりました。とてもコンパクトになりました。

1本の茎(枝)の対生しているの根元から新しく芽吹くと、枝数が2倍になります。株の大きさは同じですので、数の多くなることで茎(枝)の成長が悪くなりますので、節と節の間隔が詰まった短い枝ができます。


切り戻しをした茎(枝)を挿し穂にする

水揚げ
千日小坊の鉢植えを切り戻しをした茎(枝)は、乾燥させないようににつけます

挿し芽(挿し木)では、挿し穂2時間以上、水につけて、たっぷり水を吸収させる作業を水揚げと呼びます。

挿し穂
切り戻しをした茎(枝)の長さは15センチぐらい、が6枚あります。

葉 切る
下の方のを取り除き、挿し穂を作ります。用土に埋まりますので、が邪魔になります。

葉 カミソリ
茎(枝)の一番下の部分は、水を吸収しますので、よく切れる刃物で、キレイな切り口を作ります。

千日小坊の茎(枝)は細いですので、刃物は、カミソリやカッターがよいです。新品の刃を使えば、切れ味がよく、清潔ですので、キレイな切り口を作ることができます。

切り口は水が吸収しやすいように、斜めに切って、断面積を広くします。茎(枝)の道管に空気が入らないように、水の中で切る水切りをします。


発根促進剤ルートンを塗る

発根促進剤ルートン
挿し芽(挿し木)に発根促進剤ルートンを使います。

ホームセンターや園芸店で販売されていますので、手に入りやすいです、価格も安いですので挿し芽(挿し木)や取り木をする場合は、使うことをおすすめします。

粉末
発根促進剤ルートンは粉末ですので、鉢受け皿などの容器に出して使います。

挿し穂 切り口
千日小坊挿し穂切り口付近に、発根促進剤ルートンを塗ります。

挿し穂 水
挿し穂は、水揚げして水に濡れていますので、粉末の発根促進剤ルートンが簡単に付着します。

挿し穂 準備
すべての挿し穂に、発根促進剤ルートンを塗り、準備ができました。


挿し穂を挿し床に挿す

挿し床
挿し芽(挿し木)をするときに、挿し穂を挿す用土を入れた容器のことを挿し床と呼びます。どのような容器でも大丈夫ですが、鉢を使うことが多いです。

1辺9センチの正方形のプラスチック製の鉢を使いました。

千日小坊挿し芽(挿し木)に使う用土は、赤玉土の小粒です挿し芽(挿し木)の用土は、赤玉土や鹿沼土の小粒が適しています。

清潔で、粒が小さいことで保水性がよい特徴があります。挿し芽(挿し木)専用の用土でも大丈夫です。

挿し芽 挿し木
千日小坊の茎(枝)は、硬くないですので、用土に挿すことは難しく、割りばしなどの棒で穴を作ることも大変です。

挿し芽(挿し木)の簡単な方法は、底に鉢の高さの2分目くらいまで用土を入れた鉢に、挿し穂を置きます。

用土 足す
用土を少しずつ足して、挿し穂の位置が均等になるように広げます。

千日小坊 挿し芽(挿し木)
挿し穂が重ならないぐらいに、バラバラになればよいです。

挿し穂を1本ずつ、穴を作って挿す方法がありますが、数が多くあると大変ですので、用土を足して1度に挿し芽(挿し木)できますので、とても簡単です。


千日小坊の挿し芽(挿し木)に水遣りと管理

水遣り
千日小坊挿し芽(挿し木)した後は、すぐに水遣りをします。鉢の底から透明な水が流れるまで、たっぷり水を与えます

明るい日陰
千日小坊挿し芽(挿し木)は、直射日光が当たらない明るい日陰で管理します

発根するまで、挿し床を乾かさないように管理する必要があります。

最初は、様子をみて、朝と夕方の1日2回水遣りをします。水遣りができないときや暑い日は、鉢受け皿に水を入れて、腰水で管理します。

乾くと枯れますので、挿し芽(挿し木)が失敗します。

千日小坊挿し芽(挿し木)で、発根するまでの管理が一番難しいです。


千日小坊の挿し芽(挿し木)を成功させるポイント

  1. 2時間以上、水揚げして、挿し穂にたっぷり水を与える
  2. 挿し穂の切り口は、よく切れる刃物を使って、水切りする
  3. 発根促進剤ルートンを塗る
  4. 乾かさないように、明るい日陰で管理する
千日小坊挿し芽(挿し木)の今後の様子は、この記事を更新します

5月19日挿し芽(挿し木)しましたので、梅雨入りして環境がよくなれば、梅雨明け前に鉢上げできる予定です。

九州地方の福岡県の平野部で栽培しています。温暖な気候ですので、関東地方より少し暖かいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :