サツキの育て方:小さな苗を鉢植えで、花が咲くまで育てる


 
サツキ 苗
5月の下旬に、ホームセンターで半額のシールが貼ってあるサツキの小さなを見つけました。

サツキの時期は、4~5月になりますので、が咲き始める前の3月の下旬くらいに、ホームセンターや園芸店で、サツキが販売され始めます。

の時期が終わると、サツキを購入する人がいなくなりますので、値引きされることがあります。

手頃な価格の小さな苗は、どのくらいの期間、育てればが咲き、美しいサツキを楽しめるか?

確認するために、育てることにチャレンジします。


サツキの小さな苗

サツキ 小さな苗
枝の先端が、水切れして枯れているサツキの小さな

状態がよくないですが、新芽が芽吹いていますので、復活できる可能性は高いです。


9センチ
サツキの小さなは、直径9センチ(3号)のビニールポットに植えてあります。




樹高
樹高は、12センチくらいです。

枯れた幹を切ってありますので、元の樹高はわかりません。

幹が細いですので、30センチくらいのと予想できます。

サツキの小さなを育て、来シーズンの春にを咲かせることを目標にします。


サツキの品種

ラベル
苗に付属しているラベルを確認すると、「夢花火」と記載されています。

夢花火(ゆめはなび)は、好月(こうげつ)の枝変りの品種になります。

の大きさは、中輪。花びらは深切れです

白地に鮮やかな紅色の大小絞り、飛び入り絞り、覆輪、底白、爪紅、紅色無地などのたいぷがあります。

サツキは品種が多くありますので、ラベルでの形や色を確認しましょう


ラベル 裏
ラベルの裏に、簡単に育て方が記載してあります。

さつき
ツツジ科
用途 地植え、鉢植え
花どき 4月~5月頃

植え場所 
日当たりと排水のよい酸性土を好みます。

水やり 
表土が乾いたら与え、夏場は毎日与えます。

肥料 
2~10月に緩効性肥料を株元に施します。

花後の剪定 
花後の剪定を行ない樹形を整えます。

サツキの育て方は、難しいことはなく、ガーデニング・園芸の初心者の方でも簡単に育てることができます。


サツキの小さな鉢植え

小さな鉢
サツキは、花壇に植えられることが多いです。

大きく成長したサツキの美しい花が一杯の花壇は、豪華で素晴らしいですが、小さな鉢植えでを咲かせることにチャレンジします

ビニールポットのままでは、栽培環境がよくないですので、プラスチック製の鉢を用意しました。


9センチ
1辺が9センチの正方形の鉢です。

円形の3号(直径9センチ)の鉢より、少し大きいサイズになります。


高さ
鉢の高さは8センチ、底から6.5センチのところにある段差まで用土を入れると、ウォータースペースができます。


スリット
鉢の側面から底に、スリットが設置され、鉢の底で根が巻くサークリング現象を防ぎ、植物の成長がよくなる鉢です。

アップルウェアーのプレステラは、生産者向けの鉢で、苗木の生産に使われます。

サツキの小さな苗がが咲くまでは、栽培を重視して、プレステラで育てます。


サツキの植え付け・植え替え

サツキ 苗
サツキの小さな苗は、ホームセンターで値引き販売されていましたので、状態がよくないです。

枯れた枝がたくさんあります

植え付け植え替えをする前にサツキの苗をキレイな状態にします。


サツキの枝の剪定

サツキ 剪定
枝を切る剪定は、難しい作業ではありません

剪定に適した時期に、枝を切ることは、病害虫の予防になりますので、植物を健康に育てることに役立ちます。

ハサミで枝を切るだけです。


枯れた枝
サツキ剪定の時期は、が終わった後が最適です

サツキは、名前の通り5月(皐月)にが咲きますので、5月下旬から6月上旬が剪定に適した時期になります

6月中旬から7月に、花芽を作りますので、7月以降に剪定をすると、花芽ができた枝を切ることになり、翌シーズンの春にが咲かなくなります。

幹が細い小さな苗ですので、枯れた枝だけを剪定しました。

葉をできるだけ多く残して、元気に復活するように育てます。


サツキの苗の準備

道具
サツキの苗を植え付け植え替えするために、ビニールポットから取り出します。

必要な道具は、ハサミ竹串ピンセットです。

鉢受け皿の中で作業すると、周りを土で汚すことがなく、後片付けが簡単になります


底 根
ビニールポットから取り出す前に、鉢の底を確認します

底からがたくさん出ていますと、ビニールポットから取り出すことができなくなります。

無理に取り出すと、が切れます。

たくさんが出ている場合は、ハサミでを切ります


横向き
鉢受け皿の中で、サツキの苗を横向きに置きます。


ビニールポット
ビニールポットを取り除きました。


根の状態
の状態は悪くないです。

用土の粒が崩れていませんので、根鉢の状態も大丈夫になります。

植え付け植え替えでは、根鉢の底から三分の一ぐらいを切り落として、古い根を取り除きます

底の真ん中にある黒い部分が古いになります。


状態
サツキ植え付け植え替えの適期は、が咲いている時期を除く3月下旬から6月中旬、または9月下旬から10月です

5月下旬ですので、植え付け植え替えに適した時期になりますが、暑くなりますと、の成長が止まります。

暑い夏が終わり、涼しくなった秋の9月下旬のほうが、が成長する期間が長くなります。

今回の植え付け植え替えでは、樹の負担を小さくすることにします

このままの状態で、注意して管理します。樹勢がよくなり、回復した9月下旬に、根鉢を崩して、本格的な植え付け植え替えをすることにします。


鉢に植え付け・植え替えをする

竹串
準備した鉢に、サツキの苗を植え付け植え替えします。

根鉢を少し崩して、鉢に入れることができる大きさにしました。


植え付け 植え替え
サツキの苗を鉢に、植え付け植え替えすることができました。


サツキの管理

水遣り
植え付け植え替え後は、すぐに水遣りをします。

鉢の底から透明な水が流れるまで、たっぷり水を与えます

サツキは、浅く、細い根が張るため、乾燥に弱いという特徴があります。

表面の土が乾いたら水遣りをします。

サツキ水遣りは、春と秋は1日1回、暑い夏は朝と夕方の1日2回、寒い冬は3~4日に1回ぐらいが基本です。

暑い夏の水切れに注意が必要です。


明るい日陰
植え付け植え替え後の1週間から10日間ぐらいは、直射日光が当たらない明るい日陰で管理します

葉が萎れるなどの異常がなければ、少しずつ日の当たる場所に移動させます。

サツキは、日当たりのよい場所が適しています

暑く日差しの強い夏だけは、西日が当たらないように管理する必要があります。夏は、半日陰で管理すると、水切れを防ぐこともできますので、おすすめです。


サツキの鉢植えの今後

今後
ホームセンターで値引き販売されていたサツキの小さな苗。小さな鉢植えでが咲くまで育てます。

5月23日に、植え付け植え替えをしました。

枯れた枝を剪定して樹高が小さくなり、来シーズンの春にが咲くことができるか?少し心配です。

水切れしないように水遣りをして、夏越しが無事にできたら、9月下旬に植え替えをします。

サツキの小さな鉢植えの今後の様子は、この記事を更新します



スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :