西洋イワナンテンの育て方:斑入りの品種であるレインボーを小さな鉢植えで育てる


 
西洋イワナンテン
西洋イワナンテンは、ツツジ科イワナンテン属の常緑低木で、学名はLeucothoe fontanesianaです。

原産地が北アメリカですので、アメリカイワナンテンと呼ばれることがあります。

小さいですが、が4月中旬から5月くらいに咲きます。

美しいを観賞する樹で、丈夫で育てやすく、日陰でも大丈夫ですので、グランドカバーとして利用されることが多いです。



西洋イワナンテンの苗

西洋イワナンテン 苗
西洋イワナンテンの苗をホームセンターで購入しました。

ラベルには、西洋イワナンテンレインボーと記載されています。レインボーは、品種名になります。

続けて書いてありますので、少しわかりにくいです。

レインボー(Leucothoe fontanesiana ‘Rainbow’)は、西洋イワナンテンの斑入りの品種で、
芽出しは濃紅色、にピンクとクリーム色の斑が入ることが特徴です。

現物の苗は、薄い緑のにクリーム色の斑が入り、ラベルの写真と少し雰囲気が異なります。

春に芽吹くと、ラベルの写真ようになるのだろうか?


ラベル 裏
ラベルの裏には、簡単に説明が記載されています。

西洋イワナンテン
ツツジ科

用途:庭植え、鉢植え、寄せ植え
鑑賞期:周年

栽培のポイント
日当たりと排水の良い所を好みます。市販の培養土を使用するとよいでしょう。定植する場合は、土をくずさない様にします。水やりは表土が乾いたらタップリと与えます。
肥料:市販の肥料を適宜与えて下さい。

ポイント
古くなった枝葉は切り戻しをして下さい。






樹高
西洋イワナンテンの苗は、樹高15センチないくらいの小さな苗です。


直径7.5センチ
直径7.5センチ、2.5号のビニールポットに植えられています。


葉 枯れる
西洋イワナンテンの苗は、の一部が枯れています。

ホームセンターで在庫処分で値引き販売されていた苗ですので、状態がよくありません

11月3日に購入しました。芽吹いた春ごろが美しいですので、春ぐらいから店頭に並んでいた可能性があります。

小さな鉢植えで育てる予定ですので、切り戻しをすれば、枯れたがなくなります。


枝 枯れる
枝の先端が枯れていますので、ハサミで切り、剪定しました。


葉 一部
は、一部だけしか枯れていませんので、残すことにしました。


苗 状態
西洋イワナンテンの苗は、状態がよくありませんが、常緑で寒い冬でも、が美しいので、小さな鉢植えにして育てます。



西洋イワナンテンの植え付け・植え替え

西洋イワナンテン 植え付け 植え替え
西洋イワナンテンの苗は、ビニールポットですので、鉢に植え付け植え替えをします。

必要な道具は、ハサミピンセット竹串です。

鉢受け皿の中で作業すると、周りを土で汚すことがなく、後片付けが簡単になります。



苗をビニールポットから取り出す

底 確認
最初に、ビニールポットの底を確認します

がたくさん出ていますと、引っかかってビニールポットから取り出すことができません。

がビニールポットの底の穴から出ている場合は、ハサミで切ります。


横向き
西洋イワナンテンの苗を鉢受け皿の中で横向きに置きます。

手で持った状態で、ビニールポットから取り出すと、根鉢が崩れて落としたり、土がこぼれたりしますので、置いて作業すると失敗なくできます。

鉢受け皿は、100均でも販売されていますので、大きなサイズを植え付け植え替え用に購入するとよいです。


底 角
ビニールポットの底の角を指で押すようにつまむと、苗を簡単に取り出せます。


ビニールポット 取り出す
西洋イワナンテンの苗をビニールポットから取り出すことができました。



根鉢を崩す

根鉢
西洋イワナンテンの苗が根鉢の状態になりました。

根鉢は、苗を鉢やビニールポットから取り出して、根と土が固まって見えている状態のことです。


底 三分の一
根鉢の底から三分の一ぐらいを崩して、一回り大きな鉢に植え付け植え替えをすることが基本です。

ピンセットより下の部分の土を崩します。


表面の土
最初に、表面の土を竹串で崩します。

表面の土は、水遣りで固まると水通りと通気性が悪くなります

植え付け植え替えのときに崩し、水通りと通気性をよくすることが大切です。


根元
表面の土を崩して、西洋イワナンテンの根元が確認できました。

幹が2本ありますが、土の中でつながっているようです。

株分けするときは、すべての土を崩して、つながっている部分を確認して、影響がないようでしたら、ハサミで切り、株分けします。


根鉢 準備
寒くなり始めた11月5日に、西洋イワナンテン植え付け植え替えをしていますので、根鉢を軽く崩すだけにします。

西洋イワナンテン植え付け植え替えに適した時期は、春の3~4月と秋の9月下旬~11月になります。



西洋イワナンテンの鉢

プレステラ
西洋イワナンテンの鉢は、アップルウェアーのプレステラ105型にしました。

ホームセンターや園芸店で10ヶ組で販売され、価格が安いですので、おすすめの鉢です。

西洋イワナンテンは、小さな鉢植えで育てます。寄せ植えやグランドカバーによく利用されますが、単独で育てることで、育て方を確認します


1辺
プレステラ105型は、1辺が9センチぐらいの正方形の鉢です。

普通の円形の3号(直径9センチ)より、少し大きな鉢になります。


鉢の高さ
鉢の高さは8センチ。


スリット
プレステラの大きな特徴は、側面から底にスリットが多く設置されていることです。

スリットによりの先端が光を浴びて、伸びることができなくなります。

鉢の底でが巻くサークリング現象を防ぎ根詰りすることなく、用土を有効に利用でき、植物が元気に成長できる鉢です。


仕切り
1辺に2ヶ所、合計8ヵ所に仕切りがあり、が鉢の底に沿って伸びることを防ぎます。


段差
段差まで用土を入れると、ウォータースペースができ、水遣りが簡単になります

生産者向けの商品で、実績がありますので、西洋イワナンテンを健康で丈夫に育てることができます。

デメリットは、デザイン性がよくないことです。

プラスチック製の鉢ですが、日本製ですので耐久性が高く、よい鉢です。



西洋イワナンテンの用土

鉢底石
プレステラは、スリットが多く設置され、水はけ(排水性)がよいですので、鉢底石の必要がありません。

スリットの幅が広く、用土が流れ出ますので、鉢底石として軽石を少し敷きました。


西洋イワナンテン 用土
西洋イワナンテン用土は、ホームセンターや園芸店で販売されている普通の培養土でよいです

用土を作る場合は、赤玉土の小粒と腐葉土7:3の割合で混ぜます。


3分目
鉢の高さの底から3分目くらいまで用土を入れて、鉢の準備ができました。



苗を鉢に植え付け・植え替えをする

根鉢を崩した西洋イワナンテンの苗を、用土を入れて準備した鉢にセットします。

根元の高さが、プレステラ段差に位置にあることを確認します。高い場合は用土を減らし、低い場合は用土を足します。

プレステラは、基準になる段差がありますので、根元の高さの確認が簡単です。


根鉢 鉢
根鉢と鉢の間の隙間に用土を入れます。

使用している用土は、再利用している用土になります。植え替えなどをすると残土がでます。

残土を完全に乾燥させて、フルイにかけて粒を揃えて再利用します

土を捨てることが難しいですので、できるだけ再利用するようにしています。


段差 少し
用土は、段差より少し下の位置まで入れました。


隙間
西洋イワナンテン根鉢の部分を竹串で突きます。

固まっている土に穴を開けて、水通りと通気性をよくします

根鉢の状態で突くと、根鉢が崩れますので、鉢に植え付け植え替えした後がよいです。


軽石
仕上げに、表面に軽石(ボラ土の小粒)を少し敷きます。

軽石を敷くことで見た目がよくなり、水遣りや雨で土が跳ねて、茎やの裏につくことを防ぎます

茎やに土が付着すると、病気や害虫の原因になりますので、注意が必要です。


小さな鉢植え
西洋イワナンテン小さな鉢植えが完成しました。

斑入りのが美しく、寒くなると緑が少なくなり、寂しくなりますので、よい雰囲気の鉢ができ、よかったです。



西洋イワナンテンの管理

水遣り
西洋イワナンテンの苗を鉢に植え付け植え替えした後は、すぐに水遣りをします。

鉢の底から透明な水が流れるまで、たっぷり水を与えます

西洋イワナンテン水遣りは、鉢の表面の土が乾いたら、たっぷり水を与えることが基本です。

春と秋は1日1回、暑い夏は朝と夕方の1日2回、寒い冬は土が完全に乾かないように3~4日に1回ぐらいが目安になります。

毎日、1日中、在宅していることはなく、水遣りの回数を増やすことは難しいです。

置く場所を変えたり、日よけを設置したりして日当たりを調節することで、水切れを防ぐことができます。

暑い夏は、水を入れた鉢受け皿で腰水をすることで水切れを防ぎます。

腰水したまま状態が長く続きますと、根腐れの原因になりますので、夜間は、鉢受け皿から出すことが基本です。


植え付け植え替えした後の1週間から10日間ぐらいは、直射日光が当たらない明るい日陰で管理します

葉が萎れるなどの異常がなければ、少しずつ日の当たる場所に移動させます。

西洋イワナンテンは、日当たりのよい場所で管理しますが、水切れしないように、水遣りの時刻や回数によって、日当たりを調節します。

半日陰でも育てることができますので、土の乾きを確認して、置く場所を決めるとよいです。


西洋イワナンテンの育て方のポイント

  • 日当たりのよい場所、または、半日陰で育てる。
  • 用土は普通の培養土。
  • 水遣りは、表面の土が乾いたら、たっぷり水を与えます。
  • 植え付け植え替えは春と秋。
  • 肥料は5月から6月に、油かすや緩効性の化成肥料を与えます。

西洋イワナンテン育て方は簡単ですので、初心者の方でも育てることができます。

耐暑性・耐寒性が強く、病気や害虫の被害が少ないですので、初心者の方にも、おススメできる樹です。



西洋イワナンテンの今後

西洋イワナンテン 今後
11月5日に、西洋イワナンテンの苗を鉢に植え付け植え替えをしました。

九州地方の福岡県の平野部で育てていますので、温暖な気候です。

西洋イワナンテン今後の様子は、この記事を更新します

冬越し、暖かくなった春の芽吹き、4月中旬から5月に白い花は咲くのだろうか?西洋イワナンテンの育てる様子を記録します。


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :