フレンチラベンダーの育て方:ウサギの耳のような花びら(葉)がある美しい花を楽しむ


 
フレンチラベンダー
フレンチラベンダーは、シソ科ラバンデュラ属の常緑性低木です。地中海沿岸が原産地になります。

学名は、Lavandula stoechasで、ストエカスラベンダーやイタリアンラベンダーと呼ばれることがあります。

フレンチラベンダーの特徴は、ウサギの耳のように見える花穂の先端についているです

緑色でなく、白色や紫色ですので、であることが分かりにくく、長細い花びらに見えます。

が咲く時期は5月~7月で、の色は、紫色、青色、ピンク色、白色と豊富です。

耐暑性・耐寒性があるラベンダーですので、蒸れ対策をすれば、夏越しでき、毎年、美しいを楽しむことができます。

4月中旬に園芸店で、フレンチラベンダーの苗木が安く販売されていましたので、購入しました。

美しいを楽しみ、夏越し冬越しにチャレンジします。



フレンチラベンダーの苗木

フレンチラベンダーの苗木
フレンチラベンダーの苗木のラベルで、の色や形を確認して購入しましょう。

ラベルの写真でを確認すると。の色は濃い紫色で、花序は小さなが穂状に集まり、穂状花序にを咲かせます

ラベルは保管していますが、よく紛失しますので、写真に撮るようにしています。

植物のラベル用のアルバム(フォルダ)を作り、保存すると便利です。


ラベルの裏
ラベルの裏に簡単に説明が記載されています。


沢山のお花を咲かせる新しいラベンダーです。

爽やかな香りとかわいいお花が6月頃まで楽しめます。

冬場は霜よけをするとより越冬しやすくなります。






フレンチラベンダー 樹高
フレンチラベンダーの苗木の樹高は、15センチぐらいです

地植えすると大きく成長して、樹高が1メートルぐらいになります。


ビニールポット
直径9センチ、3号のビニールポットに植えられています。


苗 選び方
苗を選ぶときは、の状態を大切にします。

枯れたり、黄色に変色したりしたが少ない苗を選びます。

が咲いている苗より、つぼみがたくさんある苗は、開花から長く楽しむことができます。


フレンチラベンダー 花
フレンチラベンダーは、小さなが集まって穂状になっています。

先端の白い葉が、フレンチラベンダーの特徴です。

1つ1つの小さなは、唇状の合弁花で、花びらは5裂しています。唇形で上唇は2裂して下唇は3裂です。

が咲き始めている苗木です。


レースラベンダー
左の鉢は、が咲き始めたレースラベンダーです。レースのように見えるが大きな特徴で、フレンチラベンダーと見分けることができます。

関連記事



イングリッシュラベンダー
左の鉢は、イングリッシュラベンダーです。小さい品種の長崎ラベンダー「リトルマミー」ですので、コンパクトな樹形です。

長崎ラベンダー「リトルマミー」の育て方について、詳しく書いた記事があります。参考にして下さい。
関連記事




フレンチラベンダーの小さな鉢植え

小さな鉢植え
フレンチラベンダーは耐寒性があります。耐寒温度は、ー5度ですが、霜に当たると傷みますので、保護が必要になります

耐暑性は強いですが、多湿を嫌いますので、梅雨時期など長雨に当たらないように管理する必要があります

小さな鉢植えは、簡単に移動でき、置くスペースが小さいですので、寒い冬や梅雨時期の管理しやすいです。


プレステラ
フレンチラベンダーの鉢は、アップルウェアーのプレステラ105型を使います。

アップルウェアーのプレステラ105型は、ホームセンターや園芸店で10ヶ組で販売され、価格が安いですので、おすすめの鉢です

プレステラの大きな特徴は、側面から底にスリットが多く設置されていることです。

スリットによりの先端が光を浴びて、伸びることができなくなります。

鉢の底でが巻くサークリング現象を防ぎ根詰りすることなく、用土を有効に利用でき、植物が元気に成長できる鉢です。

小さな鉢植えで、フレンチラベンダーを元気に育てることができ、根詰りを防止しますので、植え替えの頻度も少なくなります。


特許番号
プレステラは、底に特許番号が記載されています。


長いスリット
正方形の角に長いスリット


短いスリット
4つの辺の中央に短いスリット、合計8ヵ所に設置されています。


仕切り
1辺に2ヶ所、合計8ヵ所に仕切りがあり、が鉢の底に沿って伸びることを防ぎます。

スリットだけでなく、仕切りを設置することで、完全に鉢の底でが巻くことを防ぎます。


ウォータースペース
段差まで用土を入れると、ウォータースペースができ、水遣りが簡単になります

プレステラは、生産者向けの商品で、実績がありますので、フレンチラベンダーを健康で丈夫に育てることが期待できます。

デメリットは、デザイン性がよくないことです。プラスチック製の鉢ですが、日本製ですので耐久性が高く、よい鉢です。


1辺9センチ
プレステラ105型は、1辺9センチぐらいの正方形の鉢です。

鉢の大きさは、普通の円形の鉢の3号(直径9センチ)より、少し大きなサイズになります。


鉢の高さ
鉢の高さは8センチぐらい。



フレンチラベンダーの用土

フレンチラベンダー 用土
フレンチラベンダーは多湿を嫌いますので、水はけ・通気性がよいアルカリ性の用土が適しています。

ホームセンターや園芸店で販売されている普通の培養土で大丈夫です。ハーブ用やラベンダー専用の土も販売されています。

用土を作る場合は、赤玉土の小粒と腐葉土パーライト5:3:2の割合で配合します。

パーライトの代わりに軽石を使いました。


均一
赤玉土の小粒と腐葉土軽石が均一になるように混ぜます。


鉢底石
は、スリットが多く設置され、水はけ(排水性)がよいですので、鉢底石の必要がありませんが、スリットから用土が流れ出ることを防ぐために、鉢底石を敷きました。

フレンチラベンダーは多湿を嫌いますので、蒸れを防ぐために鉢底石を敷くことをおすすめします。


土入れ
鉢底石の上に用土を入れます。一度、土入れに入れると、用土がよく混ざりますのでおすすめです。

園芸用品のスコップ(ショベル)は、実用的ではありません。土入れのほうが使いやすいです。土入れは100均で大と小の2個セットで販売されています。


3分目
鉢の高さの底から3分目ぐらいまで用土を入れました。植え付け植え替えのときに、株元の高さを確認して調整します。


アルカリ性
フレンチラベンダーは、地中海沿岸が自生地ですので、酸性の土壌を嫌い、アルカリ性を好みます

日本の土壌は酸性ですので、有機石灰や苦土石灰を使って、中和するとよいです。

有機石灰は、効果がゆっくりですが、植え付け植え替えをするときに、混ぜることができますので、簡単に使えます。

苦土石灰は、植え付け植え替えをする10日前ぐらいに混ぜてから使用します。


有機石灰
100均のマドラースプーンに半分ぐらいの有機石灰を用土に混ぜます。小さじより小さいですので、1杯で3グラムになります。

説明書では、「1㎡あたり150g」と記載されています。

鉢は1辺9センチですので、面積は
0.09×0.09=0.0081となり、およそ0.01㎡で、100分の一である1.5グラムぐらいが適量になります。


用土 中和
有機石灰で、用土を中和します。



フレンチラベンダーの肥料

フレンチラベンダー 肥料
フレンチラベンダーは、植え付け植え替えをするときに、緩効性化成肥料を元肥として施します。

元肥は、苗木を植え付け植え替えをするときに、用土に施す肥料のことです。


リン酸
N(チッソ)、P(リン酸)、K(カリ)が5:8:5と、P(リン酸)が多めのが咲く植物用の肥料です。

5:8:5で合計18、合計の数字が30未満ですので、低度化成肥料になります。30以上は高度化成肥料です。

強くありませんので、気軽に使うことができる肥料になります。

数字が大きいほうが得した気分になりますが、肥料に弱い植物がありますので、注意が必要です。


説明書
肥料は説明書をよく読み、適量を与えましょう。


元肥
100均のマドラースプーンに半分ぐらいの1.5グラム、少量の肥料元肥として用土に混ぜます

肥料の説明書の1株当たりの元肥の8グラムより少ないです。

肥料は少なく与えて、が黄色になったり、成長が悪かったりして、足りない場合は追肥します。

フレンチラベンダーが咲く期間が長いですので、春と秋に肥料を与えます。緩効性化成肥料を月に1回、置き肥、または、月に3回ぐらい、液体肥料を与えます。


肥料 用土
肥料用土を軽く混ぜて、元肥を施しました。

植え付け・植え替えは、が乾かないように、手際よく作業したいですので、最初に鉢の準備をします。



フレンチラベンダーの植え付け・植え替え

植え付け・植え替え
フレンチラベンダーの苗木を、鉢に植え付け植え替えをします。

必要な道具は、ハサミピンセット竹串です。

鉢受け皿の中で作業すると、周りを土で汚すことがなく、後片付けが簡単になります。

鉢受け皿は、100均でも販売されていますので、大きなサイズを植え付け植え替え用に購入するとよいです。

フレンチラベンダー植え付け植え替えに適した時期は、春の3月~5月になります

が咲く前で、最低気温が5度より高くなる頃がよいです。



ビニールポットから取り出す

底 確認
最初に、ビニールポットの底を確認します

底の穴からがたくさん出ていますと、ビニールポットから取り出すことができません。

無理に取り出しますと、が切れますので、穴から伸びたはハサミで切ります。


横向き
フレンチラベンダーの苗木を鉢受け皿の中に横向きに置きます。


底の角
ビニールポットの底の角を指でつまむように押すと、簡単に取り出すことができます。

手で引っ張り上向きに、ビニールポットから取り出すと、根鉢が崩れて落としたり、土がこぼれたりしますので、置いて作業すると失敗なくできます。


取り出す
フレンチラベンダーの苗木をビニールポットから取り出すことができました。



フレンチラベンダーの根鉢

フレンチラベンダー 根鉢
フレンチラベンダーの苗木をビニールポットから取り出すことができ、根鉢の状態になりました。

根鉢は、苗木を鉢やビニールポットから取り出して、と土が固まって見えている状態のことです。


根の量
フレンチラベンダー根鉢を観察すると、の量は普通で、底でが巻くサークリング現象があります

白いは新しく、茶色のは古く、黒いは腐敗しています。


三分の一
根鉢の底を三分の一ぐらいを崩して、一回り大きな鉢に植え付け植え替えすることが基本です。

が咲いている苗木は、根鉢を崩さないで、植え付け・植え替えをします。


根元 葉
根元の近くにあるピンセットを使って、取り除きます。


根元 多湿
根鉢の状態のときは、根元がよく見えますので、不要な枝やを取り除き、根元が多湿にならないようにします。



根鉢を崩して、植え付け・植え替えの準備

表面の土
根鉢の表面の土は、水遣りで土の粒が崩れ、汚れますので、水通りと通気性が悪くなります

植え付け植え替えのときに、表面の土を崩すと状態がよくなり、見た目も改善します。


根元
竹串を使って、根鉢の表面の土を崩して、根元が見えるまで、根鉢の表面の土を取り除きました。

公園などにある大きな樹は、の一部が地表に見える状態です。根元の位置が地表になると、樹の成長がよくなります


深植え
苗木は、倒れることを防ぐために深植えされていることが多く、フレンチラベンダーの苗木は、根元が2センチぐらい土の中に埋まっていました。

も呼吸をしていますので、水はけ(排水性)と通気性が大切です。

鉢に植え付け植え替えをするときに、根元の位置を地表にしてあげましょう


根鉢の高さ
根元が見えるまで、根鉢の表面の土を崩すと、根鉢の高さが小さくなりました。

根鉢の底は、軽く崩すだけにします。


根鉢の底
根鉢の底は、水はけが悪く、根腐れしやすい場所になります。


根腐れ
竹串で、土を取り除き、新しい用土になることで、水はけがよくなり、根腐れの心配がなくなります。

黒色のは、腐れていますので、取り除きます。


固まった根
根鉢の底を崩して、固まったを取り除きました。


根鉢 準備
フレンチラベンダー根鉢を崩して、鉢に植え付け植え替えをする準備ができました。



鉢に植え付け・植え替えをする

鉢 入れる
根鉢を崩したフレンチラベンダー用土を入れて準備した鉢に入れます。


段差
プレステラ段差まで用土を入れますので、根元の位置が段差にあるように調整します

高い場合は、用土を減らし、低い場合は用土を足します。少し低いですので、用土を足しました。


水通り
根鉢の中心部分を竹串で挿すと、水通りや通気性がよくなります。鉢の中に入れていますので、根鉢が崩れる心配がありません。


赤玉土
根鉢の周りに用土を入れます。根鉢用土が保水性が高いですので、赤玉土の小粒だけにしました。


隙間 竹串
用土に隙間ができないように、竹串で突きます。赤玉土は粒状ですので、隙間ができやすくなりますので、注意が必要です。


段差 用土
プレステラ段差より少し下まで用土を入れます。


軽石
仕上げに、表面の土は軽石にします。軽石は固く、水遣りをしても崩れませんので、キレイな状態が長持ちします。


葉 病気
水流が強い散水ノズルで水遣りしても、赤玉土の粒が崩れることがありません。

雨や水遣りで土が跳ねて、に付着しますと、病気の原因になりますので、表面の土を軽石にするとよいです。


小さな鉢植え 完成
フレンチラベンダー植え付け植え替えが終わり、小さな鉢植えが完成しました。



フレンチラベンダーの管理

水遣り
フレンチラベンダーの苗木を鉢に植え付け植え替えした後は、すぐに水遣りをします。

鉢の底から透明な水が流れるまで、たっぷり水を与えます

フレンチラベンダー水遣りは、鉢の表面の土が乾いたら、たっぷり水を与えることが基本です。

に水がかからないように、水差しで土に直接、水を与えます。

春と秋は1日1回、暑い夏は朝と夕方の1日2回、寒い冬は2~3日に1回ぐらいが目安になります。

が咲く期間は、水切れに注意が必要です。水切れするとが傷みます

寒い冬でも、乾いた風で1日で乾いたり、小春日和で暖かい日があったりしますので、1日1回は、乾き具合を確認するようにしましょう。

フレンチラベンダーは、乾燥に強く、多湿に弱い性質です。水の与えすぎに注意して、梅雨時期など雨の日が続くときは、雨が当たらない場所で管理します。


明るい日陰
植え付け植え替えした後の1週間ぐらいは、直射日光が当たらない明るい日陰で管理します

が萎れるなどの異常がなければ、少しずつ日の当たる場所に移動させます。

フレンチラベンダーは、日当たりのよい場所で管理します。半日陰でも育ちますが、の数が少なくなります。

暑い夏は、日差しが強いですので、風通しの良い半日陰で管理します


雨よけ・霜よけで保護する

フレンチラベンダーは、耐寒性はー5度までですが、積雪や霜から保護する必要があります

多湿を嫌いますので、梅雨時期などの長雨に当てないように管理します。

育苗トレーに100均のU字型支柱で作った簡易ビニールハウス。ビニールは100均のテーブルクロスです。

雨や霜からを保護できますので、花持ちがよくなります。

製作した様子を詳しく書いた記事があります。
関連記事



密閉
ビニールハウスのように密閉していないので、通気性があります。


風通し
開閉できますので、普段は風通しの良い環境になります。

フレンチラベンダーは、多湿を嫌いますので、雨よけがあると便利です。



支柱で支える

支柱
植え付け植え替えをした後は、が張っていませんので、風が強く吹くと倒れることがあります

つぼみがたくさんありますので、倒れやすいです。


竹串 支柱
小さな鉢植えですので、竹串支柱として使うことができます。


2本の竹串
2本の竹串で、幹を挟むようにすると、しっかり固定できます。


幹 長く
深植えされていた幹を地表に出したので、倒れやすい状態です。

支柱で支えることで、安心して育てることができます。



フレンチラベンダーの育て方のポイント

  • 日当たり、風通しがよい場所で育てる。
  • 耐寒性はー5度、積雪や霜から保護します。
  • 用土は普通の培養土、または、赤玉土と腐葉土、パーライトを5:3:2で配合。
  • 水遣りは、表面の土が乾いたら、たっぷり水を与えます。
  • 肥料は元肥、春と秋に緩効性化成肥料を少量、与えます。
  • 植え付け植え替えは、3月~5月が適しています。

フレンチラベンダーは特別な育て方はなく、基本を大切にすれば、初心者の方でも育てることができます。

鉢植え根詰りしないように、2~3年に1回、が咲き始める前の3月~5月に、植え替えをします。

春のが咲き終わった5月下旬~6月の梅雨の前に剪定をします。

切り戻し間引きをすることで、風通しがよくなり、多湿を防ぎますので、夏越しが簡単になります。

水の与えすぎに注意して、乾燥気味で育てます。



フレンチラベンダーの今後

フレンチラベンダー 今後
4月18日に、フレンチラベンダーの苗木を鉢に植え付け植え替えしました。

九州地方の福岡県の平野部で育てています。温暖な気候ですので、冬越しは簡単ですが、夏越しが心配です。

フレンチラベンダー今後の様子はこの記事を更新します

最初の目標は、美しいを咲かせることです。つぼみがたくさんありますので、が楽しみです。

1年間の育てる様子を記録します。



スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :