ナガバオモダカの育て方 植え替え 株分け in メダカのビオトープ



ナガバオモダカ
メダカのビオトープにレイアウトすることのできる水草は、たくさんの種類があります。

ナガバオモダカは、越冬できる水草で、水中に沈めることで冬でも緑を楽しむことができます。上に伸びる水草です。ビオトープには、葉が水面に浮くタイプ、横に広がるタイプ、縦に伸びるタイプの水草を、1つずつレイアウトするとキレイになります。

ナガバオモダカの特徴は

北アメリカ原産の多年生の抽水植物です。春から夏に白い花を咲かせます。小さな白い花が株の中心から伸びた穂にたくさん咲きます。かわいらしい雰囲気の花です。緑色が濃く細長い楕円形の葉の長さが7センチから最大で30センチまで成長します。

栽培する環境

日当たりの良い場所で栽培します。できれば半日以上、日が当たるようにしましょう。

水深は根元が水に沈んでいれば大丈夫です。浅い水辺に生息する植物です。葉をすべて水中に沈めても、枯れることはありません。冬は水中に沈めると、枯れることなく緑色のまま越冬できます。ナガバオモダカは、株が凍らなければ屋外で越冬することができます。

肥料について

春から秋まで、緩効性化成肥料や発酵済み油粕を与えると、成長がよくなり、花が咲きやすいです。月に1回程度、用土に埋めます。

メダカのビオトープでは、肥料がメダカに影響しないように注意が必要です。様子を見ながら、少しだけ与えると安心できます。

植え付け、植え替え、株分けについて

用土は、水生植物の培養土、荒木田土、赤玉土などを使います。時期は、3月から4月ぐらいがよいです。根詰まりしないように、1~2年に1回は植え替えをします。植え替えをするときに、株分けが簡単にできます。


ナガバオモダカの植え替え

ナガバオモダカ 植え替え
少し暖かくなる3月から4月に、植え替えて、株分けをします。1つの容器に数株あることが分かります。購入したままの状態です。ホームセンターの現品処分で1月に購入して、ビオトープに入れて越冬しました。

取り出す
水から取り出して、確認すると大きな株が2つあります。小さく株は、4つぐらいありそうです。

根
容器の底を見ると、根が伸びて底穴から出ています。根詰まりしている可能性があります。 水草を鉢から出すときに、浅くて広い容器があると便利です。植木鉢の受け皿が、とても使いやすいです。10号(直径30センチ)の受け皿が、百均で販売されています。

根詰まり
根がたくさんあり、容器に沿って巻いています。植物は根の状態が大切です。根が四方八方に広がっていると、葉もキレイにバランスよく茂ります。

購入した状態では、用土は赤玉土の小粒と黒い水質浄化石です。メダカのビオトープ用に販売されているので、水がキレイになるように考えられた用土になっています。

用土
用土を水で流しながら、取り除きます。 株と株がつながっています。やさしく引っ張るだけで株分けすることができます。とても簡単です。

株
大きな株が2つ、小さな株がたくさんありました。水草の植え替えの時には、水を入れる容器の準備しましょう。バケツや洗面器などに水を入れて準備します。

容器
大きな株を、元の容器に植え付けます。汚れた古い根と長い根を切って、容器の中心に植え付けます。用土は赤玉土がよいです。緩効性の化成肥料や発酵済み油粕を入れると大きく成長して、花が咲きやすくなります。

今回の植え替えでは、用土はボラ土を使いました。ボラ土は、ちょっと固い軽石のようなものです。根を固定しているだけになります。肥料なしで、どのくらい成長するか確認するためです。成長が悪かったり、花が咲かなかったら、用土を変えるか、肥料を与えます。

植え替えできました
植え替えて、水草用に準備したプラ舟(トロ舟)で、しばらくの間、様子を見ます。直射日光の当たらない、明るい日陰で1週間ぐらい管理します。暖かくなってから、植え替えをすると、問題がなければ、新しい葉が芽吹いてきます。植え替えがうまくできたか?心配になりますが、新しい葉を見ると安心できます。

ナガバオモダカは、丈夫な水草なので、植え替えで枯れることはないでしょう。キレイに状態になって、メダカのビオトープにレイアウトするとよいです。




たくさんの小さい株はどうする?

たくさんの小さい株
ナガバオモダカは、たくさんの株ができます。キレイで大きな株を植え付けましたが、残った小さい株は、どうしようか?

スペースに余裕のない場合は、処分するしかありません。絶対に池や川などに捨てないでください。駆除が不可能なくらいに繁殖します。ナガバオモダカは北アメリカ原産の植物です。日本の生態系が崩れてしまいます。ゴミとして処分しましょう。
※ナガバオモダカは要注意外来生物の指定を受けています。

ビオトープを増やす予定のある場合は、ストックすることをおすすめします。いろいろな種類の水草があると、ビオトープのレイアウトを楽しむことができます。

プラポット
9センチ角のプラポットを準備しました。10個のセットで販売されています。アップルウェアーのプレステアです。「硬質ポットなので丈夫で長持ち。スリットにより、根がのびのび育ちます。」という商品です。

プラ舟 トロ舟
水草用にプラ舟(トロ舟)を用意しました。大きなものは、移動することができないので、容量が25リットルなら、頑張れば、どうにか移動することもできます。

サイズ
ちょうどよいサイズです。メダカの飼育にも使えます。水草用ですが、メダカの飼育水を貯める役目もあります。水草用のプラ舟(トロ舟)に水道水を入れて、カルキを抜いてからメダカのビオトープの足し水水換えに使います。

メダカのビオトープの水質が、ちょっとよくないかもしれないと感じても、飼育水がなければ、どうすることもできません。いつも飼育水を準備していることは大切です。

ポット
 ポットに用土を入れて準備します。ボラ土の小粒を使いました。

小さい株
小さい株を植え付けます。とても小さい株は2つ植え付けました。

水
水を入れたプラ舟(トロ舟)で成長させます。

9鉢
小さい株は9鉢あります。キレイに成長すれば、ビオトープに飾ります。水草の生産者みたいになっています。メダカのビオトープを楽しむためには、水草はとても大切な存在です。購入した水草をずっと使えるように栽培しています。赤玉土でなく、ボラ土を使うと植え替えが簡単で、ボラ土は再利用できるので便利です。



植え替えした後の成長の様子

4月9日 ナガバオモダカ
4月9日のナガバオモダカの写真です。4月1日に植え替えをして、1週間が過ぎたので、日当たりのよい場所に移動しました。新しい葉を増やして、成長してからビオトープに飾る予定でしたが、よく見ると中心につぼみが伸びています。

まだ、葉が少ない状態でも、花が咲くようです。葉がキレイな緑色になることばかり考えていて、花は、もっと成長してから咲くと思っていました。小さなつぼみが、これからどのように成長して花が咲くかを記録していきます。

植え替えをしたナガバオモダカの様子は、この記事を更新していきます。週に1回ぐらい更新できるように頑張ります。


追記 ナガバオモダカのその後の様子

4月1日に植え替えをしたナガバオモダカの5月の下旬までの様子を追記しました。
つぼみ
つぼみが順調に成長しています。

花
4月12日に、キレイな花が咲きました。肥料は与えていません。ナガバオモダカの花は、簡単に咲きました。葉がたくさんになり、栄養を蓄えてから花が咲くと考えていたので、ちょっとびっくりしました。

大きな株
2つの大きな株を元の黒い容器に、植えました。2つとも花が咲いたので、ナガバオモダカは、このような時期から花が咲く水草なのか?

小さな株
株分けした小さい株も花が咲きました。葉が少なくて、心配になります。花の時期が5月から9月となっていますが、何回ぐらい咲くのだろうか?

花 終わる
花が終わりました。種を作ろうとすると、生命エネルギーをたくさん消費します。新しい葉が1つだけ増えました。
 
葉
葉をたくさん増やしてほしいので、花が終わった茎を取り除きました。

ビオトープ
新しい葉が芽吹かないのは、肥料が足りないことが原因と考え、メダカのビオトープに移動しました。ビオトープでは、バクテリアによって、メダカの排出物が植物の栄養になります。他の水草が元気に育っているので、栄養の状態はよいはずです。

元気
ナガバオモダカは元気になりました。緑色が濃く、細長い葉が芽吹きました。水草専用のプラ舟では、栄養不足が原因で成長できなかったようです。今シーズンに新しく増やした水草のナガバオモダカが無事に植え替えができて、安心しました。

たくさん葉が増えると、暑い夏にビオトープに日陰を作ってくれることを期待します。水草は、株分けや越冬をすることができれば、一度購入したものが継続して使えます。いろいろな水草があるほうが、ビオトープを美しく飾ることができます。メダカの飼育を楽しみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク