ケヤキを種から育てる方法 盆栽や鉢植えにして紅葉を楽しむ


紅葉がきれいなケヤキの木がほしい

ケヤキ 
身近な樹木で、春の新緑から秋の紅葉まで楽しむことのできるケヤキ。街路樹で並木で植えられていたり、公園に大きなものがシンボルツリーになっていることがあります。

自宅にもケヤキの木があれば季節感が出て楽しめそうです。大きな木になると剪定落ち葉の掃除が大変なので盆栽鉢植えにして育てます。

ケヤキを手に入れる方法について考える

ケヤキの木を簡単に手に入れる方法は、ケヤキの盆栽を購入することです。大きさや樹齢、樹形によって値段は違いますが、ケヤキを楽しむことができます。

盆栽を育てたことのない場合は、購入することを迷ってしまうでしょう。安くはない値段の盆栽を枯らしてしまったら、植え替えはどうすればよいか、心配になることがとても多いからです。

ケヤキの苗木も販売されていますが、ほとんどは大きな木にするためのものです。1メートルくらいの苗木で庭に植えて育てるものです。

ケヤキから発芽させて育てれば、好きな大きさのケヤキの木を手に入れることができます。時間はかかりますが、育てる過程も楽しみましょう。

ケヤキの種を拾いに行こう。

ケヤキ 種
ケヤキの木を探してみましょう。植物図鑑やネットで葉の形や特徴を見ておくと簡単に見つかります。自信がない場合は森林公園などで樹木に名前のプレートがある場所で探してみましょう。

秋にケヤキの木の周りを探せば、ケヤキの種を見つけることができます。はとても小さいものですが、枝についた状態で落ちています。

5~6枚の枯れた葉のついた枝の葉の付け根がついています。ビニール袋を持って集めます。枝のままを集めます、かさばるので大きめの袋がよいです。

ケヤキ 種 たくさん
を枝についたまま集めて、大きめの容器の上で、葉の付け根についたを枝から取り外します。人差し指と親指でつまんで軽くひねるようにすると簡単です。たくさんのがありますが、状態によって発芽率が違うので、できるだけ多く集めましょう。

ケヤキを種から育てる方法 準備編

ケヤキの種を蒔く時期について

種蒔きをしようとすると時期が気になりますが、地域によって気候が違うため何月がよいと明確に答えることは難しいです。その年の気候によっても変わります。樹木は種があれば、すぐに蒔いたほうがよいです

は休眠するものも多くあり、一度休眠してしまうと寒さに当てたりして休眠打破しなければ発芽しません。休眠する前に蒔いてしまいましょう

が手に入る秋に蒔くことを「採り蒔き」といいます。採り蒔きの欠点は、発芽までの長い期間、乾燥しないように管理しなければならないことです。ケヤキの種は小さいので浅く蒔いているため乾燥しやすいです。

種蒔きの準備

ケヤキ 種 水
ケヤキの種を水に2日間ほどつけます。水につけるには2つ理由があります。

1つ目は種を選別するためです沈んだ種が発芽率がよいとされますが、浮いた種も蒔くと発芽することもあります。分けて蒔くと発芽率の違いが確かめることができます。

2つ目は発芽するために必要な水分を与えるためです。最初に十分な水分を含ませることで発芽しやすくなります。

種蒔きに必要なものは容器と土だけ

容器は、どのようなものでも発芽させることはできます。

お金をかけたくない場合は
ペットボトル、卵のプラケース、食品のトレー、カップめんの容器など

一般的には
鉢、プランター、種蒔きトレー、育苗箱、ビニールポット(ポリポット)など

おすすめは、プランターです。土を入れても運ぶことができるくらいの小さめのプランターです。百円均一でも販売されています。

容器が小さくて軽いと、強風で飛ばされたり、土が少ないので乾燥しやすいです。小さい容器では発芽した後に、早めに植え替えをする必要があります。

のことを植物の栽培では用土といいます。栽培に適した土という意味です。「種蒔き用土」「種まき用の土」という商品もあります。

手元にまったく土がない場合は、専用品を購入したほうがよいです。

栽培用の土がある場合は、鹿沼土を少し混ぜれば大丈夫です。

  

ケヤキを種から育てる方法 実践編

ケヤキの種 水に沈んだ
水につけたケヤキの種。浮いた種を取り除きます。沈んだ種が発芽率がよいので、これを蒔いていきます。

ケヤキの種 水に浮いた
浮いた種も分けて蒔いてみます。発芽率の違いを確認してみます。

プランター
百円均一のプランターです。長さが40センチぐらいあります。このくらいの大きさなら移動することもでき、置く場所にも困りません。

プランター 底石
底石としてボラ土を入れています。砂利でもよいです。

用土
余っている用土を使います。栽培用の用土は量が多いほうがお買い得になるものがほとんどです。安売りのときに購入しています。

マンションなどで置く場所がない場合は、少量のものを百円均一で購入すればよいです。

プランター 用土
花と野菜の培養土プランターの半分くらいまで入れて、鹿沼土を上から適当に入れました。

プランター 鹿沼土 ほこり
培養土鹿沼土を混ぜます。鹿沼土が乾いていて、ほこりが舞うので少し水をかけます。

培養土 鹿沼土 混ぜる
深さ3センチぐらいまで培養土鹿沼土を混ぜます。混ぜている棒は、料理用の菜箸です。百円均一で見つけました。反対側が小さいフォークになっていて、いろいろなことに使いやすいです。

ケヤキ 種蒔き
ケヤキの種を蒔きました。ケヤキの種は小さく、1つずつ蒔くことは大変です。数箇所に適当に蒔きます。

ケヤキの種 用土 混ぜる
ケヤキの種が均等になるように用土を混ぜていきます。

鹿沼土 かける
種が隠れるように、鹿沼土を上からかけますの乾燥しないように管理していきます。鹿沼土は乾燥すると色の変化が見やすいので、水遣りの判断がしやすいです。

種蒔き 水遣り
最後に、たっぷりと水遣りとして終了です。

ケヤキの栽培 発芽から植え替え、剪定

ケヤキ 発芽
ケヤキ発芽しました。写真は本葉が出始めています。
子葉が芽吹いてからしばらくすると本葉が出ます。子葉は丸みのある葉です。

ケヤキの苗 植え替え
本葉の十字葉が出揃うと、新しい枝が芽吹いてきます。この新しい枝は、1~4本芽吹きますが、きれいな枝分かれにするために2本がよいです

3~4本なら間引きして2本にできますが、1本の苗はどうすればよいか悩みます。
一番左の苗(C)は2本芽吹いて、枝分かれのV字もきれいです。
右の大きな苗(A)は、残念なことに1本です。

ケヤキの苗 芽吹き
左の苗(C)は、枝が延びて葉も大きくなりました。枝分かれも左右均等できれいです。
左の奥の苗(D)も枝が芽吹いてきました。2本ですが、バランスが悪いです。
右の大きな苗(A)は、1本のまま。

今までの写真と向きが反対側からになります。
正面の苗(D)が枝が伸びて左右均等にきれいになりました。
左の大きな苗(A)も新しい枝が芽吹いて2本になり、順調に成長しています。

枝が増えて、葉の色も鮮やかな緑になりました。
枝が伸びすぎているものは、葉を2~3枚残して芽摘みをしています。

ケヤキの苗 紅葉
秋になり、葉の色が少し変化してきました。小さな苗でも紅葉してほしいです。


ケヤキの紅葉 小さい苗でも紅葉しました。

ケヤキ 葉の色
 寒くなって、ケヤキの葉の色に変化がありました。竹串はをまっすぐにするためです。

紅葉
紅葉らしくなってきました。

ケヤキ 紅葉
ケヤキ紅葉、小さい苗で、葉と枝が少ないですが、きれいに紅葉しました。

紅葉 色
ケヤキ紅葉の色は、黄色茶色があります。 赤がなくて残念です。

紅葉 色 遺伝
紅葉の色は、遺伝によって異なるらしく、赤を手に入れたくなりました。

ケヤキ 小さい
 発芽して1年目の小さいケヤキですが、とても楽しむことができました。

ケヤキ 落葉
 落葉したケヤキです。葉がなくなって、樹形が見やすくなりました。


今後のケヤキの苗の様子は

2017年12月までの成長記録でした。

この5つのケヤキの苗は、2016年の秋に種蒔きをしました。当時はブログを書いていなかったので写真を撮ってなく、記事にしても文字だけになります。

今年(2017年)に種拾いと種蒔きをした写真を使って、記事を書きました。

ケヤキを冬の間に植え替えをします。5つのケヤキを1つずつに植えつけて、育てます。
植え替えの様子は、この記事を更新します

2018年の春の植え替えの様子を記事にしました。小さなケヤキをミニ盆栽にするために、植え替えをして育てます。

ケヤキのミニ盆栽の作り方 発芽して1年後の植え替え


スポンサーリンク
スポンサーリンク