メダカをプランターで育てる:園芸用のプランターで飼育に最適な環境を目指す


メダカ プランター
ホームセンターなどで販売されているプランターサイズが豊富で、価格が安いメリットがあります。

大型で深いプランターは、夏野菜を栽培することを目的に作られています。夏の水切れ対策として、底にネットが設置され、を貯めることができます

通常の使い方では、側面の下にあるを開けた状態で排水できるようにしますが、水遣りができないときや真夏の暑い時期は、に栓をして、底にを貯めることができる機能があります。

に栓をすることで、を貯めることができますので、プランターメダカの飼育容器に利用することができます

園芸用のプランターには支柱を立てるためにが設置されていることが多く、支柱を立て、雨よけ日よけを設置することも可能です。

メダカの飼育に最適な環境を目指して、園芸用のプランターを利用します。


メダカの飼育に適した園芸用のプランター

園芸用のプランター
園芸用のプランターはサイズが豊富ですので、メダカの飼育スペースに最適なサイズのプランターを選ぶことができます。

ディスカウントストアで安く販売されていたアイカの菜園プランター510型を購入しました。幅51.6センチ×奥行34センチ×高さ26センチで28リットルの容量があります。

メダカの飼育は、1匹あたり1リットルの飼育水が最低でも必要になりますので、28リットルあれば、20匹のメダカを余裕をもって飼育できます。

飼育水の量が多いほうが温度変化が小さくなりますので、環境の変化が小さく、メダカに負担がありません。

ネット
園芸用のプランターで、底にネットが設置されているものがを貯めることができるプランターです。

底
ネットを取り除くと、底は平面で小さなが1つあります。

日本製
日本製ですので、耐久性に期待が持てます。園芸用のプランターメダカの飼育容器として利用する場合、日当たりのよい場所に設置しますので、日焼けによる劣化が心配です





プランターに栓をしてメダカの飼育容器にする

穴
プランターの側面の一番下に、小さながあります。プラスチックのバリが気になります。

穴 内側
プランターの内側から見ると、キレイなです。

ネット メダカ
メダカの飼育容器をして利用する場合、ネットは必要ありません。

ネット 栓
ネットに小さながあります。

栓 ニッパー
穴のはネットとつながっていますので、ニッパーなどで切り取ります。

栓 バリ
小さなですので、なくさないように注意しましょう。切ったときに少しバリがあります。

バリ ケガ
プランターの穴にをするときに、バリでケガをしないようにカッターでバリを取り除きました。

栓 内側
は内側からするとよいですプランターメダカの飼育容器として利用しますので、水を入れます。

水を貯めると水圧がかかりますので、外側からをすると、が取れる可能性があります。内側からをすれば、水圧でしっかり固定されますので、水漏れすることがありません。

栓 取付
を取り付けます。付属のになりますので、サイズがあっています。

栓 隙間
隙間が少しありますので、プランターを縦向きに置いて、強い力でしっかり押しました。

隙間なし
隙間がなくなりました。水漏れするとメダカの飼育水が減りますので、注意しましょう。

外側 栓
外側から見ると、にキレイにがされていることが確認できます。

シリコーン
水漏れが心配な場合は、シリコーン補修材でを固定するとよいです。100均で販売されているシリコーン補修剤で大丈夫です。

防カビ剤入りですので、プランターの外側に使用します。内側は防カビ剤がメダカに影響する可能性があります。

栓 シリコーン補修材
をシリコーン補修剤で固定します。

キレイ
キレイになりませんでしたが、目立つ場所ではないですので、水漏れしなければよいです

シリコーン補修剤の説明書をよく確認して、完全に硬化するまで待ちます。

園芸用のプランターの底のでふさぐことができました。水を貯めることができますので、メダカの飼育容器をして使用できます。

難しいことはありませんので、ホームセンターなどで、サイズやデザインを選び、最適な園芸用のプランターを購入しましょう。


メダカの飼育のために雨よけや日よけを設置する

雨よけ 日よけ
園芸用のプランターは、支柱を立てるためのがあることが多いです。このを利用して支柱を取り付けて、雨よけ日よけを設置します。

屋外でメダカを飼育すると、大雨や豪雨、台風のときはメダカが流れ出ないか?心配になります。

オーバーフローを設置する方法がありますが、雨水が大量に入り、飼育水の水質が変化することも心配です

真夏の暑い時期は、直射日光が当たることで飼育水の水温が上昇します。日よけを設置することで日陰を作り、水温の上昇を防ぎメダカに最適な環境を目指します。


支柱用の穴

支柱用の穴
購入した園芸用のプランターには、支柱用のが6個あります。

ラベル
ラベルに支柱を取り付けた絵があり、「ハウス栽培も簡単にできます」と記載されています。

ラベルの右上には、「便利な支柱立用穴付。(8mmと5.5mmの支柱に対応)」と、親切に記載されています。

穴 8ミリ
(8mmと5mmの支柱に対応)できる?

をよく確認すると、底に小さながあります。上のが8mmの支柱、底の小さなが5.5mmに対応している仕様です。


雨よけ、日よけの材料を準備する

U型 園芸支柱
プランターの支柱用のに取り付けるU型園芸支柱

セリア
100均のセリアで購入しました。ダイソーでも購入したことがありますが、売り切れていました。

全長80センチ。直径が0.9センチですので、9ミリ。8ミリ用の穴ですので、心配でしたが購入しました。

高さ31.5センチ、横幅36.5センチです。プランターの奥行が34センチですので、2.5センチぐらいの違いなら大丈夫でしょう。

園芸支柱
横方向に設置する園芸支柱は、ディスカウントストアで5本で100円でしたので購入しました。100均より安く、太さも8ミリでした。

長さが750mm、75センチですので、プランターの幅51.6センチより長いですので、切る必要があります。

仮組
仮組みしてみました。U型園芸支柱のサイズはよいですが、横方向の園芸支柱は長いです

クロスジョイント
U型園芸支柱と横方向の園芸支柱を固定するためのクロスジョイント。8ミリ用30個入りが、100均で販売されています。

直角
クロスジョイントは、園芸支柱を直角に固定することができるパーツです。

ビニール
雨よけは、透明のビニールにしました。透明ですので冬は日当たりがよくなります。ビニールの上から、すだれをかければ日よけになります。

透明のビニールは、100均のテーブルクロスです。少し厚さがありますので、使いやすいです。

トンネルパッカー
透明のビニールを園芸支柱に固定するためのトンネルパッカー。8ミリ用10個で100均で販売されています。

必要な材料をまとめると
  • U型の園芸支柱
  • 園芸支柱
  • クロスジョイント
  • 透明のビニール(テーブルクロス)
  • トンネルパッカー

U型の園芸支柱の設置

プランター U型の園芸支柱
プランターは支柱用の穴が6個ありますので、U型園芸支柱を3個設置できますが、幅が大きくないですので、2個でよさそうです。

U型園芸支柱プランターに固定すれば、後はクロスジョイントとトンネルパッカーで組み立てるだけで簡単に雨よけ日よけができます。

U型の園芸支柱 直径
心配していたU型園芸支柱の直径9ミリ。ノギスで測ると8.5ミリくらいです。

8ミリ
プランターの支柱用の。8ミリに対応していますが、8.5ミリでも隙間があります。

プランター 支柱用の穴
8ミリに対応しているプランターの支柱用のを測ると10ミリより少し大きく、10.5ミリあります

雨よけ日よけが、台風などの強風でも飛ばないように、しっかり固定したいです。

プランターは8ミリ用のU型園芸支柱が9ミリでしたので、無理やり入れて高い強度で固定できると期待していましたが残念です。

パイプ
接着剤で固定する方法を考えましたが、取り外しができなくなること、耐久性と強度に不安がありますので、パイプでスペーサーを作ることにしました。

スペーサーは、隙間を埋める役目をします。

パイプ 直径
パイプの直径は10ミリ。プランターの8ミリ用の穴の直径は10.5ミリですので、少し小さいです。

パイプ 内径
パイプの内径は7ミリ。U型園芸支柱の直径8.5ミリより小さいです。

サイズ
スペーサーとして、ピッタリのサイズのパイプは、ホームセンターにはありませんでした。インターネット通販で探せば、ありますが、送料などを入れると費用が高くなります。

縦 切れ目
知恵で、ピッタリのサイズのスペーサーを作ります。パイプに縦に切れ目を入れます。

スペーサー
パイプに切れ目を入れることで、サイズを調整します。

U型の園芸支柱 スペーサー
直径8.5ミリのU型園芸支柱。パイプに入りませんでしたが、切れ目を入れることで入るようになりました

10.5ミリ
10.5ミリのプランターの支柱用の。パイプが切れ目によって広がり、ピッタリのサイズになります。

切れ目の幅をカッターで削り、調節することができます。

スペーサー
U型園芸支柱プランターの支柱用のに固定するためのスペーサを4個、作りました。

支柱用の穴
10.5ミリの支柱用の穴。

スペーサー 10.5ミリ
スペーサーを入れます。

U型の園芸支柱 無理
U型園芸支柱を設置することができました。

ピッタリのサイズで、強い力で押し込みましたので、強風に耐える強度があります

簡単
園芸用のプランターの支柱用の穴を利用して、簡単にU型園芸支柱を設置できる予定でしたが、スペーサーが必要になり、時間が掛かりました。

高い強度で設置できましたので、台風のときも心配する必要がありません。


横方向の園芸支柱を切る

プランター 幅
プランターの幅は50センチぐらいです。

園芸支柱
横方向の園芸支柱は、75センチと長いですので、切る必要があります。

ノコギリ
ノコギリで60センチの長さに切ります。

園芸支柱は、外側は緑色の樹脂でコーティングされていますが、素材は鉄(スチール)です。金属を切ることができるノコギリの刃で切ります。

切る 簡単
園芸支柱は、直径8ミリのパイプですので、鉄(スチール)ですが、簡単に切れます。

ヤスリ
園芸支柱を切って使用する場合、切り口でケガをしないように注意しましょう

ヤスリで削り、切り口をキレイにしました。

3本
60センチの長さに切り、切り口をヤスリでキレイにした3本の園芸支柱

サビ
切ったことで穴が開いたので、水が入ると錆びやすくなりますプランターで使ったシリコーン補修剤が余っていましたので、穴をふさぎました。

耐久性
サビにくくなり耐久性が向上しました。

ケガ
園芸支柱の切り口は、ヤスリでキレイにしてシリコーン補修剤で穴をふさぎましたが、ケガをする可能性がゼロではないですので、キャップを付けます。

絶縁キャップ
ホームセンターの電材コーナーで見つけた絶縁キャップ。8ミリのサイズで価格が安かったので、購入しました。

筒状
絶縁キャップの材質は、軟質塩化ビニルです。名前はキャップですが、筒状になります。

安全
園芸支柱の切り口に、絶縁キャップを取り付けました。切り口をカバーすることができ、安全になりました


雨よけ、日よけの園芸支柱を組む

園芸支柱 組む
プランターに取り付けたU型園芸支柱に、横方向の園芸支柱を組みます。

クロスジョイント
園芸支柱用のクロスジョイントは、とても便利なパーツです。簡単に園芸支柱を組むことができます。

3ヶ所
3本の園芸支柱を組むために、2本のU型園芸支柱に3ヶ所ずつクロスジョイントを取り付けます。

並べる
クロスジョイントを1か所に集めて、横方向の園芸支柱を取り付けることで、取り付け位置を合わせることができます

同じ位置
3本の園芸支柱を同じ位置で取り付けることができました。

取り付け
U型園芸支柱の中央の1ヶ所で取り付けることで、キレイに取り付け位置を揃えることができます

スライド
クロスジョイントをスライドさせて、横方向の園芸支柱の位置を移動させます。

雨よけのビニールを固定する園芸支柱を組み終わりました。


雨よけのビニールを設置する

100均 テーブルクロス
雨よけ
の材料は、100均のテーブルクロスです。

透明のビニールですので、寒い冬は日当たりを確保できます日よけにするときは、上からよしずを設置します。

100均のテーブルクロスのサイズは、120センチ×150センチ。横方向の園芸支柱は60センチの長さに切ったので、テーブルクロスを60センチ×75センチの4等分にして使います。

4セットありますので、直射日光で劣化しても予備があり、安心できます。

ハサミ 切る
テーブルクロスは折りたたんでありましたので、折り目に沿ってハサミで切りました。

60センチ×75センチで、ちょうどよいサイズです。

トンネルパッカー
透明のビニールをトンネルパッカーを使って、園芸支柱に固定します。

中央
U型園芸支柱の中央、一番高い位置を最初に固定します。クロスジョイントを左右に取り付けます。

1個のトンネルパッカーで、2ヶ所を固定できますので、強風でビニールが飛ばされることがありません

ビニール キレイに
ビニールがたるむことなく、キレイになるように固定します。

側面
側面もクロスジョイントの左右に、トンネルパッカーを取り付けます。

しわ
テーブルクロスは厚さがありますので、トンネルパッカーを取り付けるときは、強い力が必要です。

雨よけ
プランター雨よけを設置することができました。メダカの飼育容器に雨水が入ることを防ぎます

ビニールが透明ですので、雨よけを設置した状態でも、メダカの様子を確認することができます。

スライド
U型園芸支柱は、普通の園芸支柱のようにイボがなく、クロスジョイントをスライドさせることができます。

スライドさせると、雨よけを開けることができ、雨が降っていないときは便利です。

半分
晴れの日は、U型の園芸支柱の中央までスライドさせて、半分を開けることができます。

日よけにする場合、ビニールの上にすだれを設置しますので、調整できることはメリットが大きいです。


プランターでメダカのビオトープを作る

プランター NVボックス
製作したプランターメダカの飼育容器によく使うNVボックス13と並べてみました。広さはNVボックス13より一回り大きいくらいですが、高さ26センチあり、高くなります。

NVボックス13は、とても良いメダカの飼育容器ですが、浅いですので、地面に置くと低く、飼育水の量が13リットルですので、メダカを10匹ぐらいしか飼育できません

プランターは、スペース的には、NVボックス13と変わらず、飼育水を28リットル入れることができますので、メダカを20匹以上飼育することができます

水
製作したプランターで、メダカビオトープを作るためにを入れます。

満水
28リットルありますので、満水にする必要がありません

底床
メダカビオトープは、飼育水の水質を安定させるために底床を敷きます。

底床は、赤玉土などの多孔質であれば、バクテリアが棲みつきますので、水質が悪化することがありません。

メダカビオトープに赤玉土を使う理由について詳しく書いた記事があります。参考にして下さい。
関連記事

プランターの底床には、ボラ土(日向土)を使いました。軽石のようなもので多孔質です。宮崎県が産地ですので、福岡県のホームセンターでは安く販売されています。

赤玉土のように崩れることがありませんので、洗って繰り返し使用することができます

洗う
ボラ土は、使用する前に洗います。表面に付着した汚れを落とすことで、飼育水がすぐに透明になります

汚れ
洗うとわかりますが、ボラ土は汚れています。

ネット
プランターのメリットは、高さがあり飼育水の量が増えることです。高さがありますので、底床を交換するときは、浅い容器と比べると大変です

底床のボラ土をネットに入れることで、メダカビオトープの手入れを簡単にすることができます。

ボラ土 ネット
洗ったボラ土をネットに入れます。

水切りネット
台所用の水切りネットです。黒色ですので、あまり目立ちません。

ビニールタイ
ビニールタイで閉じます。

ビニールタイ 黒色
ビニールタイも黒色にしました。

底床 ネット
ネットに入れた底床をプランターに入れました。

メダカビオトープは、底に汚れが溜まります。スポイトなどで定期的に汚れを取り除くことで水換えをしないでも、飼育水の水質を安定させることができます

底床をネットに入れることで、底の汚れを取り除きやすくなります。


プランターのメダカのビオトープ

メダカのビオトープ
プランターに底床を入れて、1週間ぐらいするとバクテリアが増えてきます。水草をレイアウトすれば、メダカビオトープの完成です。

プランターメダカビオトープの今後の様子は、この記事を更新します。メダカの繁殖をするための稚魚用のビオトープにする予定です。

雨よけを設置することで、豪雨や台風を心配することなく、屋外でメダカの飼育を楽しめます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :