黄金カズラ(黄金錦カズラ)の育て方:豪華に輝く新芽、美しい紅葉が楽しめるミニ盆栽を作る


黄金カズラ 黄金錦カズラ
黄金カズラ(黄金錦カズラ)の苗をホームセンターで購入して、素焼きの鉢に植え付けて、放置していました。

水遣りはしていますが、剪定などの手入れは何もしていない状態で1年間が経過しましたが、幹が太くなることもなくが少なくなり元気がありません。

黄金カズラ(黄金錦カズラ)のミニ盆栽を作るために、植え替えをして育てます。


黄金カズラ(黄金錦カズラ)の特徴

カズラ
黄金カズラ(黄金錦カズラ)は、テイカカズラの斑入り品種になります。新芽が黄色で、白色の斑入りのが美しいカズラです。

学名は、Trachelospermum asiaticum。キョウチクトウ科テイカカズラ属、日本や朝鮮半島が原産。

春から秋は、黄色、オレンジ色、斑入りの緑色と、いろいろな色に変化するを楽しむことができ、寒くなり始めると紅葉します。

庭植えや鉢植えで、寄せ植えやハンギング、地面を覆うグランドカバーなどとして楽しまれています。

春に花径1~1.5センチのが咲くことがあります。草丈は10~30センチぐらいで剪定すれば、好みの大きさにできます。

常緑ツル性低木で、耐寒性が強く、-5度ぐらいまで枯れることがありません。耐暑性も強いですが、真夏の直射日光でが焼けますので、注意が必要です。

耐陰性がありますが、半日程度の陽射しが必要。キレイに紅葉するためには、春や秋は日当たりのよい場所で管理します




ラベルの裏
ラベルの裏

黄金錦カズラ
キョウチクトウ科
〇半日陰な所で管理して下さい。
〇土の表面が乾いたらタップリ水を与えて下さい。
※一年中、色を楽しめます。

黄金カズラ(黄金錦カズラ)の育て方は、難しいことがなく簡単です。初心者の方でも育てることできます。

黄金カズラ(黄金錦カズラ)の育て方のポイント

  • 日当たりのよい場所で育てる。真夏は、直射日光で葉焼けしますので半日陰。
  • 表面の土が乾いたら、水遣りをする。春と秋は1日1回、夏は朝と夕方の1日2回、冬は2~3日に1回ぐらい。
上記の2つだけで、枯れすことなく育てることができます。


黄金カズラの植え替え

鉢
黄金カズラは1つの鉢に植えていますが、3株あります。

黄金カズラ(黄金錦カズラ)のミニ盆栽を作るために、一株ずつに植え替えて、幹を太くして樹形を作ります。

植え替えるために新しいが必要になります。盆栽は美しい盆栽鉢に植えてありますが、栽培している間は、駄温鉢などの栽培に適したを使います。


黄金カズラの鉢

プレステラ
黄金カズラを植え替えるための新しい鉢は、アップルウェアーのプレステラ90型を使います。

日本製で、10ヶ組で販売され、価格が安いことが大きなメリットです。

3個
植え替える黄金カズラは、3株ありますので、3個のプレステラ90型を用意します。

90型
プレステラ90型は、1辺が78ミリの正方形のです。

側面から底にスリットが多く設置され、鉢の底で根が巻くサークリング現象を防ぎます

栽培に適した鉢で、苗の生産者さんが使用するための鉢になります。

高さ
の高さは73ミリぐらい。段差のところまで用土を入れることで、ウォータースペースが作りやすいです。


黄金カズラの用土

黄金カズラ 用土
黄金カズラ(黄金錦カズラ)の用土は、ホームセンターや園芸店で販売されてる普通の培養土で大丈夫です。

ミニ盆栽を作りますので、小粒の赤玉土鹿沼土軽石1:1:1の割合で混ぜた用土を作りました。

排水性(水はけ)がよい用土ですので、水切れに注意が必要ですが、の成長がよくなります。

均一
均一になるように混ぜて、黄金カズラ用土が完成です。


鉢の準備

鉢底石
プレステラは、底にスリットが多く設置されていますので、排水性(水はけ)がよく、鉢底石が必要ありません

スリット 用土
スリットが見えなくなるくらいまで用土を入れて、植え替えの準備をします。

鉢の準備
植え替えは、が乾燥しますので、樹の負担になりますの準備を最初にすることで、スムーズに植え替えができます。


黄金カズラ(黄金錦カズラ)の株の準備

道具
黄金カズラを鉢から取り出して、3つの株を植え替える準備をします

必要な道具は、ハサミ竹串です。ゴミの取り除くためのピンセット、鉢から取り出すためにナイフがあると便利です。

鉢の底
から株を取り出す前に、の底を確認します

の底の穴からがたくさん出ていると、株を取り出すことができません。が出ている場合は、ハサミで切ります。

ナイフ
土が硬くなっていると、から取り出すことが難しいですので、ナイフでと土に隙間を作ります。

100均の食器のナイフですが、サビにくいステンレス製で、強度がありますので便利です。

1周
ナイフの内側の1周させると、鉢から簡単に取り出すことができます。

取り出す
黄金カズラから取り出すことができました。

根
の底までがたくさんあります。は伸びる性質がありますので、底はだけになっています。

根詰りまではいきませんが、この状態では、樹は大きく成長することができません。

土 竹串
竹串を使って土を崩します。

根 土
根鉢を崩して、すべての土を取り除きました。

3つの株
黄金カズラを3つの株に分けることができました。

3つの株を一つずつのに植え替えます。左の大きな株をA、右の2番目に大きな株をB、真ん中の株をCの株として植え替えて、ミニ盆栽を作ります。


Aの株の植え替え

根 剪定
一番大きい株のAの量が多いですが、幹が太くありません。枝が多いですので、ミニ盆栽にできそうです。

長く伸びたを剪定します。
 
鉢 根
を鉢に収まるくらいの量にしました。

針金
黄金カズラ(黄金錦カズラ)は、つる性の植物ですので、幹を曲げて樹形を作るために時間が多く必要です

針金を使って根元の幹を曲げます。

針金 簡単
盆栽の針金掛けは難しい作業ですが、見栄えを気にしないなら簡単です。

枝を避けながら幹に針金を巻きます。巻く間隔が狭いほうが曲げやすくなります

曲げる
幹を折らないように注意して、適当に曲げます。

に植える前に針金掛けをして、曲げると簡単にできます。

A 植え替え
Aの株を準備したに植え替えます。が少し長いですので、ハサミでもう少し切りました。

用土
作った用土を入れます。

段差
プレステラの段差の高さまで用土を入れました。

竹串
用土を竹串で突き、隙間がなくなるようにします。


Bの株の植え替え

Bの株
Bの株は、幹が左右に分かれています。どちらも同じくらいの太さです。

針金 巻く
左右の枝に針金を巻きます。

曲げ
2つの枝が向きが同じにならないように曲げます。

根 長い
が少し長いので剪定しました。

鉢 B
準備した鉢にBの株を入れます。

用土 植え替え
用土を入れて、Bの株の植え替えが完了です。


Cの株の植え替え

Cの株
一番小さなCの株。ミニ盆栽になるまで多くの時間が必要です。

長く伸びた根
長く伸びたをハサミで剪定します。

根 四方八方
が四方八方に伸びて、量が増えると幹が太くなりやすいです。

2つの枝
2つの枝に針金を巻きます。

曲げる
枝が細いですので、曲げやすいです。

C 植え替え
Cの株を植え替えます。

軽石
表面の土を軽石だけにすると見栄えがよくなります。

黄金カズラ(黄金錦カズラ)の3つの株、ABCを一つずつの鉢に植え替えました。


黄金カズラ(黄金錦カズラ)の管理

水遣り
植え替え後は、すぐに水遣りをします。鉢の底から透明な水が流れるまで、たっぷり水を与えます。

黄金カズラの育て方で、一番大切なことは、水遣りです。水切れすると枯れます。水遣りができない場合は、鉢受け皿に水を入れて水切れを防ぎます

いつも鉢受け皿に水を入れると、根腐れしますので、注意してください。

明るい日陰
植え替え後は、1週間ぐらい、直射日光が当たらない明るい日陰で管理します

葉が萎れるなどの異常がなければ、少しずつ日の当たる場所に移動させます。

黄金カズラ(黄金錦カズラ)は、真夏の直射日光に注意が必要です。葉焼けの原因になります。

用土も乾きやすく、水切れしますので、真夏だけは半日陰で管理します


黄金カズラ(黄金錦カズラ)の今後

 3つの鉢に植え替えた黄金カズラミニ盆栽になるまでの様子は、この記事を更新します

幹が太くなり、短い枝ができ、葉が増えると飾ることができるようになります。育てる環境にもよりますが、最低でも3年くらいは必要です

肥料を与えたり、剪定したりしながら育て続けることで、美しいミニ盆栽ができます。

新緑と紅葉が美しい黄金カズラ(黄金錦カズラ)のミニ盆栽を作ることを楽しみましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :